いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シータヒーリング流ダイエット

自分の益とならない思い込みは、自分で気づければいいですが、
気づかないことがあります。

かく言う私も、ここ、1,2週間ほどの間だけでも、
いくつかの思い込みをみつけていただき、
手放すことができました。

今、思い出せる、その益とならない思い込みとは・・・・・

「私は、美しくなると弱くなる」


ええ!?自分では、そんなこと、思っていないつもりでした。
こんな思いを持っていたら、美しくなれるわけがないではありませんか!
白斑の原因のひとつかもしれません。

「私は失敗がおそろしい」
「私は成功しなくてはならない」

ええ!?
どうでもいいことにまで、緊張してしまう、
そんな自分の堅さの理由は、コレでしょうか・・・・・
↑の思い込みを、
「楽々と、たやすく、安心して成功できる」
と、変えたら、本当に気が楽になりました。

さて、シータヒーリング流ダイエットとは・・・・・
[シータヒーリング流ダイエット]の続きを読む
  1. 2009/07/14(火) 00:00:00|
  2. 心と体

シータヒーリングで起きる変化②

不思議なことに、
シータヒーリングは、
「受けてみよっかな?」と
思った時点から、その人の人生に、グワグワグワっと変化が起き始めるようです。

セッションを受ける頃には、 かかえていたはずの問題が、
あとはシータヒーリングで仕上げをして手放すだけ、という状態になっていたりするのです。
昨日、今日と、そんなセッションで、
なんだ、ヒーリングする前から、もうヒーリングは起きているじゃない、というかんじでした。
たぶん、セッション後も、心にグワグワグワッと変化が起きていることでしょう。
(実際は、変化というよりは、本当にあるべき自分の姿に戻っていくだけのことだと思いますが)

セラピストは、ただ、そこで起こる変化を見届けるだけの存在で、
セラピストがヒーリングをするわけではありません。
自分としては、セッションのすすめかたに関しては、こんなのでいいのかなあ、と思う一方、
クライアントさんの中に、確かにヒーリングが「起こされている」、ということに
目を見張るばかりです。
本当に、私が余計なことをしようとしなければしないほど、うまくいきます。

今日、2度目のセッションを受けた方は、1度目のセッション後、
「おなかいっぱい」みたいな、満たされたような気持ちになったそうです。
今までは、ストレスを、食べて発散させるようなときがあったそうですが、
セッション後は、適量食べれば満足できるようになったとか・・・
セッションの内容は、ダイエットとはまったくかけ離れた話題だったのに、
思わぬ効果ですね・・・・

鍼灸と併用すると、鍼灸だけするより、明らかに効果はあがっています。
これはあたりまえといえばあたりまえで、
鍼灸ならただ、「疲れて腰が痛い」ですとか、体に関する訴えをうかがうだけですが、
その裏側にはどれほどのことがあったのかと知ると、
これじゃー、ハリだけで治るわけがないワ、と思います・・・・

ヒーリングの時間は、90分以内としていましたが、やってみると、
どうやら、60分以内で十分のように思われるので、
トップの記事に書いているセッション時間を60分以内に変更させていただきました。

モニターを受けたほとんどの方が、2回目、3回目のセッションを希望されています。
いろいろ考えたのですが、これからは、2回目以降は、
有料とさせていただき、モニター料金3000円と設定しました。
  1. 2009/07/10(金) 00:00:00|
  2. 心と体

エゴイストとは

5月6日に書いたエゴイストに関する内容の続きです。
turesyonn
姉妹ツレション

8~9年前、初めてカウンセリングのセミナーを受けた後、
そこで知り合った方に誘われて、お芝居を見に行ったことをふと、思い出したのです。

井上ひさしさんの「父と暮らせば」という、後に映画にもなったものです。
だいぶ内容は忘れてしまったんですが、
戦争中だったか終戦後の話で、
女の人が主人公なんですが、お父さんの亡霊と暮らしている。(だったか?)

その女の人は、「自分は生きる資格はない」と思っているんです。
なぜなら、親友が死んじゃった。
その親友は、主人公より、なんでも優れていて、やさしくてすばらしい人だった、
そのすばらしい人が死んだのに、ダメな自分が生きてるなんて、納得できないというのです。
(だったか?だいたいそんなかんじ)。
筋書きからいくと、友達思いの心優しい主人公なのです。

しかし、私はなんとなく、主人公にマイナスの感情を引き出されたのです。
特に、セミナーで、Being(生きているそのもの、ありのまま)の価値について教わった直後ですから、
この人はDoing(優れているかいないか、できるかできないかといったこと)に
価値を置いているのだとに気づいたのだと思います。
(しかし、マイナス感情を引き出されたということは、自分自身の中に、そのような要素があるということです)

リズブルボーさんの本を読んで、
相手が自分のことを幸せにすべきという考えが、エゴイズムだとすると、
まさに、この主人公は「エゴイスト」ということになるのです。

よく考えてみればおかしいのです。

自分より優れた人が死んだ=自分が生きてる価値がない
あの人が幸せになってたら、自分も幸せになることができた・・・

自分の幸せを、他人が幸せか否かということに、決めさせているのですから。

でも、
「自分は他人を幸せにできない」
「他人も自分を幸せにできない」
という厳然とした事実があります。
だって、どんな状況でも、
「本人自身」が、「自分は幸せ」、と自覚しない限り、
幸せではないんですから。

でも、「自分は他人を変えられない」
「他人は自分を変えられない」
ということはわかっても、
意外と、このことは(私も)わかってないことが多いんです。

人の幸せを願って、一生懸命何かをやったとして、
その人が喜んでくれないことや、幸せにならないことに不満を感じるなら、
「自分には人を幸せにする力があり、そうなったら自分が幸せになれる」と思っているエゴイスト。

「あの人が○○してくれたら、私は幸せになれるのに・・・」
「あの人が幸せになってくれるまでは、私も幸せになれない」と感じているとしたら、
他人に自分の幸せを依存するエゴイストなんですね。

私にとっては、これは新鮮な事実でした。

ひとりひとりが幸せになりたくて生きているんだから、
自分が自分の幸せに責任を持たなければならないし、
他人がどーこーしてくれるわけでもない。
そして自分も、他人の幸せをどーこーすることはできないのですね。

誰かが、不幸のとき、自分だけ幸せになったらまずいんじゃないかと
思ったりしませんか。
そんで、そのとき、ひとりだけ幸せそうにしていたら、あの人はエゴイストと言われるかも。

しかし本当のところ、不幸な人と一緒に不幸になっちゃう人がエゴイストであり、
(自分の幸せを他人に依ってるわけだから)
むしろどんな状況下でも、幸せになれる人の方が、
自分の幸せは自分でつくりだすことができ、
他人の幸せは他人の幸せに任せる、わきまえのある人である、
という捉え方はできないでしょうか。
koutoubu
後頭部が白富士姉妹。
ふとい白富士(姉)、暗雲にかこまれた白富士&クドイ柄の天使の羽4枚(妹)

  1. 2009/06/06(土) 00:00:00|
  2. 心と体

ありのままの意味

「ありのままの自分を認めましょう」
という言葉をよく聞きますね。
それじゃまずいんじゃないの?と、
感じる方もいらっしゃると思うので少し。
多分、それでは甘いとか、怠慢だとか、向上心に欠けると感じられるのかもしれません。

ここで、BeingとDoingを分けて考える必要があります。
これは、カウンセリングの先生で牧師の田中先生に教わりました。

「ありのままの自分」とは、Being、
つまり、自分の存在そのもの、命そのもので、それを認めるということです。
(自分の「存在そのもの」を否定してしまったら死ぬしかないわけですね。)

Doingというのは、
たとえば、なにかができるかとか、なにを持っているとか、
流動的な、世の中の価値観ですね。
たとえば、才能やお金の有無、健康、性格だとか、何かができるとか・・・・

多くの人はBeingとDoingを混同してしまっています。
「○○ができる自分」「できない自分」などのDoingも、自分は自分ですが、
自分と言う「存在そのもの」ではありません。

しかし、
○○ができる、○○を持っている=自分は存在価値がある
それを、持っていない=存在する価値がない
と判断してしまい、苦しんでいる方もたくさんいるのです。

そうすると、自分にとって価値がある、と思われるものが手に入るまで、
自分が生きていていいと認められない、
もしくは、それを失ったら生きていられない、となってしまいます。
実際にそのように感じてしまい、生きることのむなしさを感じたり、
実際に命を失ってしまう方もいらっしゃるほどです。

私はこの概念を知らなかったとき、
何の長所も、才能も、特技も、お金も、健康もなかったら、どうして生きていられるんだろう、と
思っていたし、
そういったものが少なくても、
自信に満ちあふれて生きていられる人はどうしてなのか、わからなかったのです。

そこが、ありのままの自分を認めているかの有無だったのです。

ありのままを認めるということは、
決してダメな自分に甘んじる怠惰なことではなくて、
まずは、自分は、この世に存在していていい、と、自分にOKを出すことです。
そうすると、むしろ、Doingをいいものにしていこうとするモチベーションがわくんですね。

Doingは普遍的なものではないですから、失う可能性もあります。
でも失っても、
自分という存在そのもの=Being
が、だめってことではならないんです。

あなたはかわいいね、とか
努力家だからすばらしい、Doingをほめられると、うれしいかもしれませんが、
少し不安も感じるかもしれません。
だったら、かわいくなくて、努力家でなかったらどうなの?・・と。

それよりも、誰もが言われてうれしい言葉は、
「あなたがいてくれるだけでうれしい」、
存在を認めてもらったときですね。

できれば、自分の存在そのものを認めてくれる人が周りにいるとうれしいですけれど、
もしも、いなかったとしても、
OKを出すのは自分自身です。

自分のDoingに関しては、納得がいかない、認められないときにも、
ありのままの自分、その存在そのものの価値は変わらない、と、
言ってやると、生きる気力がわいてくるんですね。







  1. 2009/05/12(火) 00:00:00|
  2. 心と体

治癒を妨げているもの

病気や、体の不調は、もちろん嫌なもので、
誰でも、早くなくなってもらいたいと思うことでしょう。

しかし、本人の気づいていない潜在意識の中では、
「治りたくない」ことがあるんです。

その場合、どんなにすばらしい治療、体のケアを行っても、治らないことがあります。

潜在意識は、その人を守ろうとしています。

そして、それは、本人のために、
心の苦しみを感じさせるくらいなら、
体の苦しみを与え、
心の苦しみから目をそらさせようとするようです。

どうしても治らない症状を抱えている方は、

「この病気、症状で、なにか自分の得になっていることがあるだろうか?」と
自問してみると、
思わぬ答えに気づくことがあります。

「この病気のままでいれば、愛する人をつなぎとめておける」

「みんなから心配してもらえる」

「人の注目を集められる」

病気が「誇り」になることさえ、あるといいますよ!

「わたしはどんな医者にも治せないくらいの症状なんだ。
どーだ、すごいだろ!わたしはすごいんだ!」と・・・・・

潜在意識が心の苦しみから守ろうと、やっていることであっても、
もしも、その症状が、死にいたるほどのものであったとしたら、
それはあんまりですよね。

その根底にあるものは
存在不安です。

多くの方は、自分がありのままでいい、そのままでいいと思えません。

「勉強ができなければ」
「人から評価されなければ」
「地位を得なければ」
「いい人と思われなければ」
「ほめられなければ」
時によっては、
「リストカットして血が出ることを確認しなければ」

それは人によってさまざまですが、
なにかができなければ、
自分が存在すること自体に、OKを出せないのです。

病気になることによって、
自分の存在を確認したい人もいるわけです。

しかし、そこまでしても、誰も認めてくれないこともありますし、
勉強ができても、評価されても、地位を得ても、すごい病気になったとしても、
満たされないものがあるでしょう。

それは、自分自身が、自分自身を認められないからです。 

 何もできなくても
「自分は、存在しているだけで、それだけで素晴らしい」と
ほめてあげる必要があるのですね。

特に自己評価の低い人は、かなり嫌悪感があるかもしれませんが、
それを続けていくと、何かが変わってきます。

(自己評価の低い人というのはわたしのことなんですけれど・・・・)

うちのワンコたちを見ると、
オテやオスワリができるから、素晴らしいのじゃなく、
いてくれるだけで素晴らしいですからね・・・
自分自身にも、そうだと思ってやらないと・・・・
  1. 2009/05/10(日) 00:00:00|
  2. 心と体

愛の定義、エゴイストの定義

不思議な経緯で、リズ・ブルボーさんの本と出合いました。
本の中で、どうしてもご本人に聞いてみたいことがありました。
しかし、この方、カナダ人であり、
世界各国での、ベストセラーを出すような雲の上の人・・・・

調べると、そのリズさんが、その数週間後に、来日セミナーをやるというので!
私は、その内容もまったくわからないまま、
2日間のセミナーに参加したのでした。
そして、直接、質問することが、かなったのです!

その答えを聞いて、私はとても納得しました。
また、偶然に隣り合わせた受講生から、
不思議なことを言われたことで、人生に変化が起こりました・・・

たったのひとこと、ふたことだけの話でしたが、それらだけで、
私が長年かかえていた課題が
パッカーンと解消してしまったのです。
こんなことがあるんだ・・・・と、驚きがあまりにすごく、
ブログをあまり更新していませんでした。

それはともかく、突然ですが、愛とはなんでしょうか。
リズさんによると、

恐れから来る愛
・他人のスペースを侵犯すること。
 他人から自分のスペースを侵犯されることを許すこと。
・自分や他人を批判すること。
・自分や他人をコントロールすること。
・自分の本当の必要性を確かめずものごとを決め、
他人の欲望や必要性を確かめずに物事を決定すること。
・見返りをもらうことを期待して与えること。
・他人の幸福に責任があり、
他人は私を幸せにする責任があると思うこと。

真実の愛
・自分のスペースと他人のそれを尊重すること。
・自分は自分らしく他人は他人らしくあること。
・互いに異なった需要、思い込み、限界、欲望、才能、恐れ、弱みなどを
持つのを認めること。
・なんの期待も持たずに他の人たちを導くこと。
・与えることのもたらす喜びのために与えること。(見返りを期待せず)
・受け入れること。たとえ同意できなくても。理解できなくても。


この愛の定義は、多くの方が理解しているものとは、異なるのではないでしょうか。
でも私はこれに同意できました。

特に「他人は私を幸せにする責任がある」と思っている人は、
私を含め、実はとても多いと思います。

リズさんによると、
「エゴイズムというのは、あなたが、他の人に対して、その人自身の
ニーズよりも自分のニーズを先に満たしてほしいと願うことである、ということです。
つまり、エゴイズムとは、相手を犠牲にして自分を幸せにすることなのです。
あるいは、相手が自分を幸福にすべきであると考えることなのです。
すなわち、そうした考え方が<真実の愛>に反する考え方だと言っていいでしょう。」

「相手が自分の期待に応えないとき、相手をエゴイストとして非難する人が
非常に多いのは、どうしてだかお分かりですか?
それは、<愛する>と言う言葉と、<喜ばせる>という言葉を混同しているからなのです。
相手を<喜ばせる>ということは相手を<愛する>ということは同じではありません。」

「私達は相手に対して、期待したり要求したりする権利があります。
しかし相手は、それを必ず満たさなければならないわけではありません」

「相手が自分を愛してくれているなら、自分が望むときに自分を喜ばせてくれるはずだ、
と考えるのは間違いです。そんなふうに考えている人は、多くの失望、
フラストレーション、怒りを経験するでしょう」

「相手は常に自分の望みに応えるべきだ、と考える人はエゴイストです。
相手がノーと言ったとしても、それは愛の欠如を示すのではなく、
相手のニーズまたは限界の表明に過ぎないのです。」

つまり、
「あの人は自分勝手で、エゴイストだ」
と言っている人がいるとしたら、
その本人こそが、エゴイストなのです!

  1. 2009/05/06(水) 00:00:00|
  2. 心と体

ゆるせない

鍼灸以外にも,いろんな勉強の場にでかけることがあります。

何年か前,ある,ヒーリングの集いに行ってみたことがあります。
病気の人はヒーラーのところに行ってヒーリングしてもらうのですが,
ある重度の自己免疫疾患の方が歩み出ました。

その方は,何かに対し,
とても「許せない」という感情を抱き続けているようで,
そのことが病気にも関係していると,思っていらっしゃるようでした。

詳しい事情はわかりませんでしたが,その方はその許せないという内容を
ヒーラーに語ると,
ヒーラーは,
「そのことは,もう手放しましょう。許しましょう。」と言いました。

数十秒・・・・いえ,数分の沈黙の後,

その方は,「・・・・・・嫌です。」
「・・・・・・絶対に許せません。」
と,言いました。

もう一度ヒーラーが「許しましょ」言いましたが,
その方はがんとして,「許せません」といい続けました。

後で,一緒に行った友人と,
「・・・あの人・・・許せませんって・・・」
「・・・うーん,許せませんって・・・すごかったねえ・・・・」
と,ただただ,許せない,という思いの強さに,圧倒される思いでした。

今はちょっとだけ,そのときのことに関する考え方が,(自分としては)進化してきています。
もしかして,許せない,という思いで病気になったとしても,
それが天罰ではないし,ネガティブな思いが引き寄せたものでもないのです。

これは今は断言できますが,
誰かのことが許せない=自分のことが許せない
ということなのです。
あの方は,どうにもこうにも許せない,という思いを持つ,自分自身を
許す必要があったのだと思います。

そのことは簡単ではありませんが,できなくても,ウソでも,
自分自身に,許してあげるよ,と言ってみるのです。
つい先ごろ,その効果を実感したことがあったのです。

インナーチャイルドという言葉があります。
私のことですが,
つい3年ほど前,カウンセリングの実践訓練で,
自分の中にイメージされた子供(自分自身)はボロボロでした。
非常に不快感を催す,乞食のような姿に見えました。
自分自身であきれ果てました。
とうてい,抱きしめたり,やさしい声をかけたくなる姿ではありませんでした。
むしろ,顔をそむけ,お前なんかあっちへ行ってしまえと言いたくなりました。
しかし,それをガマンして,抱きしめてあげる作業を,事あるごとに続けました。

そして,この4月,犬達をホテルに預け,あるセミナーに参加したのです。
そこで,たまたま,インナーチャイルドを
イメージの中で抱きしめ,あやす,というワークがあったのです。
そのワークでは,泣いている方がたくさんいましたね・・・中には号泣している人も・・・

んで,仰天しました。
私の中にイメージされて出てきた子供は,
血色の良い,ニコニコ笑顔のかわいい子だったのです!
いやー,驚いたし,うれしかったですねぇ・・・・・
ちょっとは自分で自分を育てられたんだなあと思ったから・・・

そのセミナーに参加したことはとても不思議な経緯で,
セミナーでも不思議なことがあったのですが,
それはまたいつか,気が向いたら・・・・




  1. 2009/04/24(金) 00:00:00|
  2. 心と体

大工のゲンさん・・・

このところ更新が渋りがち。

書きたいことがたくさんありすぎて,書けなくなっていました。
ところで,茨城新聞社ということろで,「いばいぬいばねこ写真集」というのが出版されています。
これがまた,ほんとーうに素朴そのもの,
飼い主さんが撮った,まったく気取りのないスナップ写真集なんです。
以前水戸で治療をさせていただいていた関係で,
うちのジョイスも「県外編」に加えていただきました。(ありがとうございました)

うちのじょい子は,正確にいえば,「外房犬」。
めり子は,君津保健所で捕獲されたそうなので,「内房犬」ですね。

しかし,写真は,なぜか猫の写真の方が,圧倒的に面白みがありますね。
まったくカメラ目線になっていない,身構えてない感じがいいんでしょうかね。

写真集で私が気に入ったのは「大工のゲンさん(8歳)」です。
写真はピンボケ・・・
ピンクの毛布を抱いてものうげに寝てる,
味のある,茶色の雑種犬・・・
手作りらしい犬小屋・・・
そして犬小屋には赤や青のアサガオがからまっている・・・

これは,撮った人の方がまるっきり身構えてないんですよ。
犬の方も,見向きもしてないし。
きっとそれがいいんだな・・・daikunogenn


  1. 2009/04/23(木) 00:00:00|
  2. 心と体

美白犬めざして

ウチ(犬も含めて)のビタミンC摂取量は、
かなりのものだと思います。
今は毎食、庭でとれたルッコラ&京菜サラダをこれでもか!という量、
そして、夏みかん4個分くらいの絞りたてジュースを飲んでいます。
なにしろ庭のみかんを、消費しようと必死。
犬たちのゴハンも、生馬肉、玄米入りゴハン&多量の菜っ葉です。

ランチタイム
ranntitaimu
庭でとれたカブとダイコンみそ汁、自家製梅ジャム、
全粒粉・国産小麦・自家製オレンジピール・くるみ入りパン、
パンは10日に1度くらい焼いて冷凍しておきます。
これ1個で、かなりヘビー。市販の食パン2.3枚分の腹ごたえがあります。
そして、これ食べてると、すばらしく快便!全粒粉は、効きますねぇ。
玄米もいいけど全粒粉もいいね。

前は、生野菜は体を冷やす、と思って、
みんな温野菜にして食べていたことがありました。

確かに、冬に夏野菜を食べると体がゾーっとしてくることがあるけど、
今は、その土地で取れた、季節の野菜は、生でも、
そんなに体を冷やさないのでは?と思うようになりました。
そして、こちらもお通じにサイコーです!
あと、口の中や胃がサッパリし、体が軽くなります。
この感覚は、ハリを受けたときと似ているのですが、
なんというか、気の通りがよくなるってかんじです。
生きた気を取り込んでいるのかな。
特にパセリを大量に食べたときは、体が軽くなります。
そう感じるのは私だけ?(それ以前にパセリを大量に食べる人はいませんね・・・)
パセリ健康法を推進したい。

みかんの実、その性質は「寒」(皮は温)。
でも、このジュースを飲んでも、さほど体が冷えないように思うんです。

コーヒーも好きで飲みますが、
こちらはホットコーヒーでも、体が冷えますね~。


meritawoturete
めり太をつれてオサンポよぉっ。

konotakeyabu
この竹やぶの向こうがナナちゃんちです。

  1. 2009/03/12(木) 00:00:00|
  2. 心と体

じょい子のざぶとん

うちには犬用のロングざぶとんが、いくつかあります。
ジョイスはそのすべてを、自分のモノと思っているフシがあります。

他の犬には、そこで横になるのを許しません。
自分の寝ているざぶとんがあるにもかかわらず、
「アレモコレモ、アタシのモノ~」と、威嚇します。

でも、数日程度で、少しずつ許可していく・・・
nagazabutonn
スパーク(現ゆずひこ)と

obatyannto2
マーシィー(現エルと)
↑これは、ジョイスがただ一度、他の犬と、ひとつのざぶとんに眠っている、
とても珍しい写真です。
(実はマーシィーと一緒に寝たかったわけではなく、必死でざぶとんを死守している。)

よく犬を多頭飼いしているブログを拝見すると、
犬同士、身を寄せ合って眠っている写真を見ますが、
他の犬に対して、非常に警戒心の強いジョイスに、そういうことは考えらません。
バトルするとき以外、体の一部がちょっとでも触れようものなら、
すごい勢いで怒るのですから。

そういうわけで、ジョイスは、大嫌いなメリーには、
1ヶ月以上たった今でも、ざぶとんに眠ることを許しません。
meri-ennryo
↑私の誘導で、遠慮がちに、ざぶとんの隅に横になったメリー。
もちろん、すぐ、追い出されました。

ジョイスはメリーがだいきらい。
メリーもジョイスがだいきらい。
なのに、ドッグランでは、ジョイスはメリーを見守り、
助けようとするし、
気が向くと、お互い遊びを誘い合う、
よくわかりません、
ふたりの関係は・・・

ただ、メリーの身に着けていた、バリバリのヨロイみたいなものは、
ちょっとずつ、ペリペリと、はがれつつ、あります・・・
(といっても、メリーはいつも怒ってますが。
なんで、このコ、いつもカンシャク起こしてるのか、
これもわからん・・・)
ジョイスとメリーで上下関係は、はっきりついてきて、
メリーはそれを理解している様子。

犬同士が、体をくっつけて、くつろいでいる様子を見てみたいものですけど、
ジョイスとメリーでは、無理かな・・・?
  1. 2009/02/01(日) 00:00:00|
  2. 心と体

マーシィーオバチャン

「オバチャン、なに見てんノー?」
「オバチャン、吠えてるノー?じゃ、アタシも」
「オバチャン、ドコ行くノー?」
「オバチャン、待ってー」
と、妹キャラのジョイスは、マーシィーオバチャンの動向に興味があります。
賢いので(親ばか)、マーシィーの行動から学んでいることもあるような気がします。

先日は、室内で、ジョイスが、急に立ち止まり、
マーシィーがするような、ポイント動作(?)
(獲物をみつけたときに、そのまま凍結したように動かなくなる)
をしているのです。
マネしたのかな?
その視線の先には・・・・・・

床にとまった小バエが・・・・・

プッ、
ジョイス、ムリムリ。
マーシィーなら、確実にパクっと食ってしまいますが。
時にはハイジャンプして、羽虫を食べてしまうのです。
狩りに関しては、マーシィーとジョイスは、
百戦錬磨の玄人と、赤子のようなものです。

できるだけおしっこを我慢させないため、昼と寝る前、オシッコに庭に出すのですが、
マーシィーはオシッコタイムをいまだ理解していません。
(1ヶ月以上たつのに・・・・)
「えっ!狩り?狩り行くの?キャッホゥ!」状態となり、
ジョイスもそれにつられて、獲物探しタイムとなってしまうのです。
オシッコをしてくれません・・・・
このごろオシッコは、朝夕の散歩だけになってしまいました・・・

マーシィーは、こんなにジョイスがオバチャン、オバチャンと、言っているのに、
ジョイスを敬遠しています。
ジョイスのことは、どうってことない小娘と思っている一方で、
ちょっぴりコワイようです。
犬同士のつきあいに慣れていないのかもしれません。

私がジョイスに、ヤッチャイナ~とけしかけると、
「オバチャン、噛んじゃうヨー、ガブガブ~」と、
ふざけて首筋に噛みついたりするのですが、
マーシィーはやめてちょうだい、とオスワリしてしまって、
ノリが悪いです・・・・
obatyanntte
J:「オバチャンって、小顔だけど、脳味噌もチッチャイノー?」
M:「あんたの顔がデカイのよ」


  1. 2008/09/07(日) 00:00:00|
  2. 心と体

治るのか治らないのか

何年か前ですが、電話がありました。
「○○病は治りますか、治りませんか」

その方は、だいぶ差し迫った気持ちになられていたようで、
シロか!?クロか!?、という返答を求められていたようです。
私は、その病気の治療をしたことがなかったので、
やってみなければわかりません、といった、グレーの返事しか
できませんでした。
「それなら治らなかったときのショックがいやなので、やめときます」
とおっしゃって、電話は切れました。

問題が起こったのなら、それを、なおす、
病気が起こったなら、それを、なおす。
と、いうのが、通常の、発想です。
鍼灸師の立場としては、患者さんの訴える愁訴をできる限り緩和するのが、
普通は、その範疇なのですが・・・

時折、必要を感じて、患者さんに貸し出すカセットテープがあります。
私が勉強させていただいているカウンセリングスクールの、
W先生の講演テープです。

その先生は、14年間、重度の神経症に苦しんだあげく、
高名な精神科のお医者さんに
「あなたは人格に問題があるから治らない」、と宣告されます。

その後、現在のカウンセリングスクールを主催されるT先生に、
カウンセリングを受けることとなります。
W先生は、聞くのです。
「私の病気は、カウンセリングで治るでしょうか」

T先生は答えます。
「100パーセント治るよ」

「しかし、あなたの治ると、僕の治るは、違うかもしれないね」

「あなたは、足がなくなった人が、
足がはえて、元通りになるようなことを、治るととらえているかもしれない。」

「僕の治るというのは、足はないとしても、
あった時以上の人生を、あなたが送れるようになることだよ」

W先生はそれまで、
人生に挫折があってはならない、
問題があるのは良くないことだ、
という価値観を持たれていました。

ここで、まったく未知の価値観と出会うわけです。
そうして、本当に治って、現在は
同じように病んでいらっしゃる方々をカウンセリングされています。

また、別の話ですが、
あるお医者さんのところに、娘さんをつれた親御さんが来ます。
両肩にあるアザを治してほしいというのです。

お医者さんは言います。

「お嬢さんは天使だったんですね。
これは天使だったときの名残ですよ」
お医者さんは、そのあと、治療方法について説明しようとしていたのですが、
親御さんは、もうその言葉だけで十分というように、
娘さんを連れて帰られたそうです。

「われわれが人生の意味を問うのではなく、
問われるのだ」、
といった意味の名言があります。(フランクル)

病気なり不調なり、
ある課題を与えられたとき、
その問題を、
問題がなかったとき以上の、宝に変えられるかどうかは、
「病気を治す、治さない」以上の、重要なことだと思います。

まあ、これは鍼灸の範疇ではありませんけど・・・・
  1. 2008/09/03(水) 00:00:00|
  2. 心と体

自傷に、表彰状

ぺてるの家については、以前に何度も書きました。
これとかあとほかにも、いろいろ書いたと思いますが・・・忘れました。

北海道の片田舎にある、べてるのお店に寄ったことがあります。
お店には、女の方がいらっしゃり、
「あなた、当事者の方?(精神障害の)○○病?」と聞かれました。
「いえいえいえ違います!」
と、強く否定したことが、自分の精神障害をはっきりと、物語っているようで、
恥ずかしくなったことを思い出します。
その方は、精神病を長年(数十年)にわたって患っている人でした。
この場所に来てから、薬が格段に減ったとお話されていました。

このとき、私が恥ずかしくなったのは、
きっと、私はフツーの、なんにも問題のない人だ、
と自分をごまかし、偽っていたからではないかと思います。

人間なんて、誰しも、ヘンなところはあるのではないでしょうか。
ある程度、自制心のある人は、一応は、社会に適応して世渡りしているのだと思います。

ここでは、年に1度、幻覚妄想大会が催されています。
精神病の当事者の方々がかかえてきた、一般にはマイナス点とされるようなものが、
評価されるのです。
私も行ったことがあります。
楽しく、感動がありました。
今年の部では、自殺未遂、過食拒食をやった方が、
「最優秀新人賞」を獲得されたようですね。
これは、過食拒食を、克服したから表彰されたのではないのです。
自殺未遂、過食拒食をやった、そのままの自分が認められたんです。
本当につらい体験だったことでしょう。
そういう体験に関して、おもわず笑顔まで出てしまう、そんな場所って、ほかにあるでしょうか。

このページの冒頭に、
「たよりなさを絆に」
「なさけなさの絆」
という言葉が出てきます。
「美しい絆」や、「力強い絆」でないところが、ココらしいところです。

ここでは、「弱さの情報公開」という言葉もありますが、
今、あるほんとうの自分の状況を、自分で認め、公開し、
仲間も認めてくれる、そういうところからがスタートです。

多くの人は、「今の自分ではダメだ」、「こんな自分は本当の自分ではない」、
と、知らず知らず、
自分を傷つけていたり、罰したりしていることがあります。
これは、本人さえ気づいていないことが、すごく多いです。
かくいう私も、2年間カウンセリングを受けてきて、初めて、
自分が、自分自身に、どうしようもなく低い自己評価を出していたことに気づきました。

時代や他人からの評価は、日々変化し、不動のものではありません。
ある時には、ほめるに値することも、そうではなくなってしまうこともあります。

結局、自分を、変わらずに認めてやれるのは、自分しかありません。

評価といっても、「なにができるから」、「どこが他人より優れているから」、という面では、
自分に評価は出せないこともあるでしょう。
どうしようもなく、最悪な状態でもいいのです。
それでも生きてきた、生きている、ということだけで、
最大の評価価値があります。

通常の社会では、
本当のだめな自分を、本当に出すと、
そんなことない、君はデキルガンバレ!と励まされてしまったり、
お気の毒な人ね、とか、けしからんヤツだ、と、
他人のモノサシで、はかられたりしてしまいます。

それは、本当の自分の位置から、ずれた話になってしまうので、
周囲の人たちは、その人を励ましたい、良くしてあげたいという気持ちでいても、
本人は違和感を感じます。

そうして、生きづらさをかかえたまま、生きていかれる方も多いようです。

そんな場合は、自分で、自分にOKを出す練習をするしかありません。

なにか、自分にしっくりくる言葉が見つかると思います。

もしも、何もできなくても、
何のとりえがみつからなかったとしても、
自分をほめてみてください。







  1. 2008/08/14(木) 00:00:00|
  2. 心と体

犬の里親募集中!

うちで預かっている、カワイイカワイイ、わんこについては、
これから、別のブログで、ご紹介していきます。
ここだよ、ここにいるよ。
どうぞよろしく!
  1. 2008/05/28(水) 00:00:00|
  2. 心と体

オニオンスープ

たまねぎの一部を収穫してみたのですが、ちっちゃい・・・tamanegi1

でも、新鮮であればなんでもおいしいことでしょう。

鍋に、たまねぎを丸ごと、それにコンソメとローリエ、ベーコンを入れ、
薪ストーブにかけ、数時間放置しておきました。
tamanegisu-pu

あっまーい!とろっとろ!体に、しみわたるおいしさ!

たまねぎをスープに使うときは、いつも弱火で炒めて使ってましたから、
ただ火にかけるだけで、こんなにうまみが出ることを知りませんでした。

そしてぽっかぽか。

たまねぎの性質は、辛、温。
血栓の予防になる。殺菌効果もある。
高血圧の人は茶色の皮(5~10g)を煎じたものを1日数回に分けて飲むといいそうです。

それに、パラパラっとパセリ。
パセリもどういう働きかしりませんけど、たくさん食べると
次の日体が軽くなるのですよねえ。
性質は辛、温。
こちらは、はしかの薬になるとか。
発疹を促して、はしかを早く治すのだそうです。

発疹を促す・・・
こういう発想は現代医学とは違いますね。
現代の発想だと、吐き気がするなら吐き気止め、
熱が出たなら下げる、発疹ができたら抑える薬を使うでしょうね。

(ここから話がどんどんずれていきます。)
カゼをひいたとき、この、現代医学の発想で、
薬を飲む人は多いと思うけど、
薬はカゼを治すわけではありません。
症状を抑えるだけ。

そして、セキ、鼻水、熱などの症状は、
本来、ウィルスをやっつけるために必要があって、起きている、
生体の防衛反応です。
その反応を抑える薬を飲むと言うことは、
カゼの経過を良くすることではないのです。
あまりに症状が強く、苦痛が大きいときに、やせがまんすることはないと
思うけど、
薬で症状を抑えず、うまくカゼを経過させると、
カゼのウィルスだけでなく、他の異物も同時に
一掃できちゃうので、体の大掃除になるともいえます。
がん細胞のタマゴも一掃できるという説も。
(このことは、以前もホームページでさんざん書いてきたのですが)

大体のカゼ症状が治まった後も、セキだけ長引くときもあります。
粘膜の回復はゆっくりですから、そういうこともあります。
よほど体の弱っている人や、他の病気を持っている人でないかぎり、
それも、自然に経過させるのがいいと思います。

と、話は余計な方向にいきましたが、
一番言いたかったことは、たまねぎスープがおいしかったということです。
rokkukuraiminngu
ロッククライミング犬


  1. 2008/05/11(日) 00:00:00|
  2. 心と体

あるひ

最後のタケノコ堀りをして出荷。
(4月下旬のタケノコのほうがやわらかくて質がいいような気がします。)
あとはこのように伸びすぎたタケノコをバカスカ切っていき、
nobisugita

次は薪割り。
makiwaritoono
これまで、薪割りはちょっとやるだけで息も絶え絶え、
なかなか割れないので男性に任せていたのですが、
なんだかちょっと上達したような!
それは、左のハンマー(3キロ)で、ずっと竹割り作業をやっていたからなんですね。
taketunnda
(これ全部一人で割って積んだ。ほめてもらいたい。)
ハンマーに体が慣れていたので、オノが軽い軽い!
高地トレーニングやっていたのが、平地に来たような感じでしょうか。
(違うかな・・・)
そして、踏みそうなところに生えていたエビネを植えかえ、
セロリ、トウガラシ、ピーマンの苗を植え、
ミョウガ畑と、お茶の木のまわりの草を抜き、
犬の散歩(タロウチャンコース)へ行き、タロウチャン(やきもちやきの娘。1歳未満)に会い、
taroutyann
タロウチャン伏せた!

taroutyann2
ジョイスがワン!というと、タロウチャン構えた!

・・・とこのような1日を過ごすと、夜の7時には完全に電池が切れたようになり、
体がしびれたように疲れ、身動きできなくなります。
のろのろとお風呂に入り、
そしてまだ寝てはいけない。

ハリをするのです。
これをするのとしないのとでは、次の日の疲労の残り方が違います。
腕のシビレ(私は今、腕のしびれに悩まされている)の治療中なのですが、
これはパルスを使ったり面倒なので、
この日は疲労回復のために、足三里だけ。
足三里にハリを刺したまま、お酒をちょこっと。(※患者さんにはハリを打った日は
お酒はおすすめしません。お酒がまわりすぎてしまうので。
深酒した夫や義弟にハリを打ち、ゲロ吐かせたことがあります・・・)
そしてバタンキュー。
足三里にハリを打つと、
眠りにおちるとき、体がフワーっと浮くような、とても気持ちのいい感覚におそわれます。
そして、次の朝、ムクっと起き上がったときの体が軽い。
それから、私は花粉症なので朝はいつも鼻がつまった感じなのが、
鼻の通りがいい。

このツボはいろんなことに効く有名なツボですが、
刺すとビリっとくることの多いツボでもあるので、
プロの鍼灸師さんでも、ここにハリを打たれるのは嫌い、という人が多いです。

私も、ビリッときませんように・・・と思いながら打ちます。

ただとにかく、疲れが取れるので、(他のツボも使って見て比べてみたけど、
やっぱり足三里はいい。)
このごろは、患者さんの治療の仕上げにも使うことが多いです。

  1. 2008/05/07(水) 00:00:00|
  2. 心と体

おしらせ

治療予約のとき、
タケノコの欲しい方は
おっしゃってくださいね!
その日の朝、掘っておきますので。
(といっても、地元の人はほとんど、
タケノコなんか、もう結構!だとは
思いますけれど・・・)

連休は暦通りのお休みです。
  1. 2008/04/22(火) 00:00:00|
  2. 心と体

アレルギーに

パンづくりブームはまだまだしつこく続き、
白神こだま酵母というのを取り寄せてつくってから、
お店で買うよりもっちりどっしり、おいしいので(自画自賛)
もうパンを買うこともないでしょう。
5キロも小麦粉買ってしまい、さらに5キロ追加注文しようと思っているところ。
いったいぜんたい、パン屋にでもなるつもりでしょうか。
こだま酵母


そのほか、発酵食品ブームも起きているようで、
まずはへしこ(魚の糠づけ 関西方面のものでしょうか。)
ちゃんとした食べ方を知らないので、
アンチョビとか、ナンプラーを使う感覚で、
パスタ、チャーハン、炒め物など、調味に使っています。

がっくら漬け(野菜を塩と麹で漬ける。これは東北のもの。本当は身欠きにしんも入れる)
がっくらづけ

これもスタンダードな味はよく知らないが、
うちでは塩と麹(適当)を
ざく切りダイコンなど野菜に入れ、
重しをしておくと、5日くらいですっぱくなってできあがり。
サワヤカ~な私好みの酸味があり、いくらでも食べられます。

生酒(近所の酒造元で買ってくる。冷蔵保存)生酒


それに、フルーツ酵母。
これはパンづくりのために仕込みましたが、飲んでみると
フルーツのサイダー(シードルみたい)のようで、大変おいしいのに
驚きました。
煮沸消毒したびんに、フルーツ(私はキウイを使った。イチゴやりんごも
よさそう)を入れ、
水をひたひたに入れ、蜂蜜ひとさじふたさじ、
ときどき振って、
うちの常温では4,5日ででしゅわしゅわの泡が出て完成。
漉して、冷蔵庫で保存。(1ヶ月ほどで使いきる。
そのまま飲む、パン種のほか、ドレッシングも)

フルーツ酵母のレシピの説明に

酵母の効用/胃腸障害の改善 便秘の改善 花粉症の軽減
アトピーの改善 活力が出る 貧血改善 自立神経失調症改善
皮膚の美白
とあります。

確かに、お通じには最高!!!の効力で驚きました。
ビール酵母は愛用していましたが、それ以上のパワーがあります。
(飲みすぎるとおなかの弱い人はゆるくなりすぎるかも)
そしてなぜか、朝起きたときに体が軽いのです。

腸にいいものは、アレルギーにもいい。
アトピー、花粉症の方などは、
発酵モノが、いいですよ!

そういえば、ムッキーさん(水戸で治療を受けてくださっていた方です)
が、「ヤク」がいいことを、ブログで書いてらっしゃいましたが、
http://muckys.blog89.fc2.com/
アレもよさそうですね。

愛玩犬(おヒザの上がすき。それとも我慢しているの?)
愛玩犬




  1. 2008/02/13(水) 00:00:00|
  2. 心と体

ダイエット 正月はくったくった

ヤバイ、マズイ、太っちゃうう~
と思いながら、お正月の料理を食べましたか?

なぜ、おいしいものを食べる幸せに、
罪悪感を持ってしまうのでしょうね。

特に女性ならば、気にする体重。
相変わらず、ダイエットに関する情報は氾濫しています。

努力と根性さえあれば、誰でもやせられると思います。
しかし、目標の体型になるのはいいけど、
肝心なのは、それを維持することではないですかね。
がんばって、厳しい食事制限や、運動でやせたとしても、
それを、ズーッと、続けられるんでしょうかね。
リバウンドするよりかは、
はじめからダイエットなんかしないで、自分に合った、
ほどほどの体重をキープするほうが、いいのでは・・・

そんな私は、もちろん年末年始、食べまくり、ゴロゴロしていました。
しかし、固い意志を持って、
「引き受け気功式ダイエット」は実践していたのです。
(わたしのホームページでご紹介しています。
http://www.geocities.jp/dokdam/kanjyasannniosusumesono5daietto.htm)

わたしの固い意志とは、
・絶対に罪悪感を持たず、心からおいしいと思って、
食べたいだけ、おかわりする。
・このケーキは!このモチは!この天プラは!このヨーカンは!
やせる薬だ、食べれば食べるほど、やせちゃうわあ!どうしよー!
と、思いながら幸福にいただく。

以上2点です。

正月が明け、
やっぱり、オソルオソル・・・
体重計に乗ってみました・・・・

変わりなし!

想念の力とはすごいです。
マキストーブピザ
薪ストーブピザ
マキストーブパン
薪ストーブパンと、薪ストーブであぶったスモークチーズと、薪ストーブで煮た牛スジ煮込み
(このところ、やたら薪ストーブ調理にはまっている)
とりの丸焼き
夫のつくったとりの丸焼き(手前はでかいダイコンの2つ切り)
  1. 2008/01/09(水) 00:00:00|
  2. 心と体

おしらせ

ブログ2
http://tikatiryou.blog123.fc2.com/も、
書きたいものがたまったまま、放置してますが、
よろしかったらご覧くださいね。
  1. 2008/01/08(火) 21:13:03|
  2. 心と体
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。