いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまたおしらせ

あまりよく知り合ってない人と話すとき、
さしさわりのない世間話として、
ご出身はどこですか?と、聞くのです。
そして、出身地を聞くと、「ほー、なるほど」、または、「どーりで」
と、なんとなく納得したような気になるのです。

あとは、「○○県といえば、××まんじゅうが、有名じゃないですか。
アレ、おいしいですよねー」
などと、出身地をほめあったりします。

私は、人には出身地を聞くのに、自分が聞かれるのが嫌いです。
出身地がわからないからです。
「生まれたのは東京です」「本籍は宮城です」
「実家は岩手です」等々、そのときによって適当にごまかします。
「あら、岩手ですか、
そういえば、うちの弟のお嫁さんが、岩手出身で。
そういえば、あなたに、顔が似ているわ」
などと、話が続きます。
(いやー、似ていると言われても。
わたし岩手の人じゃないんだけど。)
名産の○○まんじゅうをほめられても、
わたしにとっては、よその土地。
うれしくもなんともありません。

友人の一部は、私を、青森の人と思っていて、
あおちゃんというあだ名で呼びます。
(青森から来たから・・・あおちゃん・・・)

「東北の人!どうりで色が白い」、と、言われたことがありますが、
私のどう見ても黄土色の肌が、出身地を聞くと、
白く見えるようになるのでしょうか・・・


生まれてから今まで、平均しても、1つの土地に、
2年ちょっとしか住んでいません。
結婚後は、2年以下です。
幼稚園から、高校まで、転校生でした。
すべてが、旅先に寄った土地のようなもので、
地元だとか、ふるさとだという感覚がありません。

いろんな所に行けて楽しいでしょ、とか
友達いっぱいできていいね、とか言われます。
「そうだね(にこ)」としていたのですが、
このごろは、そういうことを言われると、
私は、露骨に嫌な顔をします。
そういうことを言われると頭にきます。
だって、本当に嫌なんです。うんざりです。

イヌやネコでも、自分が望まないのに、
気候、風土の違う土地に、いきなり連れてこられて、
まったく知らない群れの中に入れられたら、
すごいストレスだと思いますよ。

それも、その群れに、慣れそうになった頃に、
また、別の場所に連れていかれるんですよ。

友達なんて、1つの場所に定住していても、
交流範囲が広い人は、たくさん出来るんじゃないですか。
引っ越したからといって、
別に社交パーティを開いているわけでもなく、
ごく普通で静かな生活をしていれば、
いまの世の中、あまりご近所づきあいもないですから、
その土地の人に知り合う機会、そのものが、ありません。

「いろんな所に行けて楽しいでしょ」、とか
「友達いっぱいできていいね」という人は、
やっていただきたい。2年ごとの引越し。
なんならかわってもらいたいよ!

水戸に来てからも、毎日毎日、ずーっと落ち着きません。
ずーっと、中腰のような状態のまま、
2年がたちました。

イヌなら、よその群れに入るとき、
シッポを振って近づいていったり、ニオイをかぎあったり、
腹を見せたりしながら、徐々に段階を踏んで、一員になっていく。

人間も同じで、いきなり「ハーイ、私って
ワガママな性格だけど、仲間に入れてよろしく」
というわけにはいかず、
やはり、少しずつ、なじんでいくものでしょう。
私は、なじむのに、人一倍時間がかかりますので、
よけいきついです。

周囲に気心の知れた人たちがいて、
「あの人は、ワガママだけど、まあ、ああいう人だから」
と、理解されている関係は、どんなにか楽なことでしょう!
ああ、どんなにか!
こういう生活が続いていますので、
いつも、どこにいても、自分がよそ者、カヤの外、
と考えるクセができてしまっています。
今も、人に会うときは、極度に緊張しますので、
バッチフラワーレメディを飲んでいます。
私は、バッチフラワーレメディは、ちょっとした好奇心で
始めたのではなくて、わらをもつかむ気持ちからです。

カルロスゴーンの奥さんに、親近感を持ちました。
あの方は、多分だんなさんのお仕事の関係だと思いますが、
私より高い頻度で、お引越しをされているそうです。

だけど、違うのは、あの方には、多分、故郷というものがある。
あと、きっと、本宅やら別荘という安住の地がある。
それに、引越しの荷造りは、お手伝いさんがやるでしょう。
それじゃなければ、引越しラクラクパックでしょ?

それでなくても大赤字なのに、
引越しラクラクパックなんてやったら、目玉が飛び出ます。
なんとか4トンロングのトラックにはいるように、
工夫しながら、荷造り、そして掃除。
あと、引っ越すたびにガスコンロと、ガス湯沸しが、
互換性がないので(プロパンだとか、都市ガスだとか)、
いちいち買い換えなきゃいけないという、もったいない事実。

エアコンを取ったり、つけたりしおすのにも、
数万円もかかるって知ってます?!
大体において、エアコンなんて、
取ったり、つけたりするように
できてないっちゅうに!
だから、水戸に来る前にとうとう壊れました。

引越すのは、引越し繁忙期。
荷物運びは、1日に数ヶ所かけもちの、
アルバイト要因のお兄さん。
どんどんぶっこんでくれる。
食器は割れる、家具は傷だらけです。

苦労してダンボールに詰め込み、
詰め込んだと思ったら、
また、引越し先で、出す。
ちょっと前、せっかく苦労して詰め込んだものを・・・
すぐに、また、出す、
この、達成感のない不毛な作業・・・
そして、2年たったら、また、入れて、出すんだわ。

引越し族にとって、宝のように大事なのは、
丈夫そうなダンボールで、テレビが入ってたのとか、
押入れの天袋とか、タンスの裏側に入れて取っておきます。
スゲージャマ。
だけど、ないと困る。
スーパーにおいてある、果物の箱を見ると、
非常に価値あるものに見えるのは、
引越し人の定めでしょう。

こういう不平不満、奥様のグチを、
ずうーーーっと書きたかったので、
長々書いたら、本題に入れませんでした・・・
つづく


あと、チョーひさびさに、
ゆかいなまんがを更新しました!
http://www.geocities.jp/dokdam/yukainamanga.htm
  1. 2006/01/24(火) 23:13:56|
  2. 心と体
  3. | コメント:2
<<軽い寝違え、首の凝り | ホーム | おしらせ>>

コメント

きゅっきゅっ

メロディが知りたい99円ショップのテーマ。
でも脳内音楽になるのが怖くもあります。

ふだんから愚痴ばっかり言う人の愚痴は、
少し聞くのもイヤですが、
ふだんめったに言わない人の愚痴を聞くのは、
大好きな私です。
それはたぶん、味があるからなんでしょう。
どんどん言ってください~~~っ!!!

  1. 2006/01/24(火) 14:39:50 |
  2. URL |
  3. 三節 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

きゅっ、きゅ☆きゅっ、きゅ☆きゅーきゅきゅきゅー♪
あ、またメロディーが、まわりはじめてしまったではありませんか。
サドには、99円ショップはないのでしょうか。

あと、ウチのファンヒーターが、つけて3時間たつと、
たりらり~ら~りら~、たらりらり~~♪と、鳴るのです。
うるせっ!と、
そのたびに、どなりつけるのですが・・・
アレこの曲なんだったろう・・・・
スコットランド民謡か・・・・?
アレ?なんだろう・・・
  1. 2006/01/24(火) 17:43:01 |
  2. URL |
  3. 十薬 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。