いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

易学、気学

私が卒業した鍼灸学校には、易学、気学の授業がありました。
私は、わーおもしろいおもしろいと思ってましたが、
授業中、「占いなんて」とほとんどの人は寝ていたように思います。

放課後にも講座があって、易の講座に出ていたのは、
私含め、3名。

その時間は、すごくねむたくなる時間帯だったんですが、
生徒3名だから、寝るわけにはいかない。
手の甲をつねりながら受けてました。

しかし、眠らないことに集中していて、
教わったことはスッカリ忘れてしまってます・・・・・・

易学、気学、は「宇宙の法則」です。
きっと、経済、科学、医学などの分野で、
これを応用すれば、すごいものだと思う。(アタマがよければ)
先がよめる。
ものの仕組みの捉え方が変わる。

気学、易学は、自然の摂理、時間の流れ、それらの法則を表しています。
しかし、私がそれらから離れてしまったのは、
「法則」を超えるものがある、と気づいてからですね。

また、今年の運勢はどうなのか?というときに、
そこに現れている象意は、いいも悪いもないんですね。

たとえば、「今年は停滞する時期」と言われて、それをどうとらえるか。
「良くない年なんだ」
と思う人もあれば、
「じっくりと腰を据えて自分を見つめなおす年なんだ」、
と思う人もあるでしょう。

時々、象意でこういうことがあらわれている、というと、
過度に気にしてしまう人がいるのです。
だから、今は人のは、みないようにしています。

しかし、先日、私が、自己紹介に気学を学んだことを知った、
患者さんの息子さんが、社長になられたということで、
その方のを見させてもらったら、時機がとてもいい。

時機を見てうまく波に乗るのには、
気学を知ってるとちょっぴりは役に立つかもしれません。

逆に、うまく言ってる人というのは、無意識のうちに、上手に
適切な時期をとらえてるのかもしれない。
たしか、小泉首相、首相になる時期とやめる時機がとてもうまかった。
あれは偶然か、それとも専属の占い師でもいたのか、と思った。

気学、易学は「法則」です。
でも、法則を越えた、はかり知れないものがあることも事実・・・
そのはかり知れなさを、もっと信じたい。

  1. 2011/03/05(土) 00:00:00|
  2. わたしの日常
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。