いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麻薬入り

我が家の食卓には、だいぶひんぱんに、おからの煮たのが登場します。
安いし、好き。

以前は、おから中毒になったことがあります。

府中に住んでいたときです。

新町商店街というところに、
トーフ屋さんがあって、
そこで、調理して売っている、おからの中毒となったのです。

これが、毎日食べていても、飽きないのです。

もう、その味が、私の舌にしみついているので、
その他のどんなおからを
食べてもおいしくない。

うちでつくるのは、激しくまずくはないけど、
素材も味付けも、毎回デタラメなので、あの味には全く及ばない。

タダのおから。
油揚げと、あとシイタケと人参が入っていたかなあ?
この、ごく平凡な、おそうざいに、
麻薬のような調味料がふりかかっているみたいなおからなんだわ、
ありゃあ。
お取り寄せできたらお取り寄せしたいくらい。

ついでに、もうひとつ、何度食べても飽きないものといえば、
岬陽軒のシウマイ弁当ですね。

あれにも、麻薬の粉がかかっている。
タケノコの歯ごたえ、あんずの酸味、
マグロの煮たののしょっぱさ、ゴハンのモチモチ感、カリカリうめぼし、
おいしいシウマイ。

なんてことないおかずなのに、
なんで飽きないんだろう!
本当に神秘です。

それで、毎日食べていると、(←横浜で会社勤めのとき、毎日のように食べていた)
煮物の味は、毎日微妙に違うの。

ちょっとだけ塩辛さが強かったり、甘かったり。
そこが、またいい。

お昼時で、お弁当が必要で、
そこに、岬陽軒のシウマイ弁当があったら、絶対に買いますね。

あとは、食べたいものといえば、
水戸の伊勢屋という団子屋のみたらしだんご。
そばを自転車で通りかかった時に、ショーユの香りに誘われて、
ふらふらと入ってしまったのがきっかけ。
これが、とてもレトロなお店で、箪笥にこけしが飾ってあるような店。
これまた、みたらし団子。ふつうの。
でも違う、何かが。
甘さが少ないのかな?
そして、そそらせる、あのショーユの香りがちがう。
ナンカチガウ。

あと、思い出した、相模原の、お稲荷さんとか、のりまきも売っている、
庶民的な和菓子屋さんで、売っていた、
肉まん。

あれ、あの肉まんが、ちょっと変わっていた。

普通の皮じゃなくて、
おまんじゅうの、やわらかい皮で包まれているのです。
フカフカした肉まんとは、またちがうのです。
しっとりしていておいしい。
それで具がギッシリと入っていて、確か100円くらいだった。

あれ、食べたい。また食べたいなあ。
  1. 2011/02/14(月) 00:00:00|
  2. どーでもいい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。