いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じぶんの研究

納豆の香り高いコーヒーを飲んで、聴きに行ったのは
べてるの「レッツ当事者研究」です。
ここでの当事者とは、精神病の当事者ですが、
医学的な病名を問わず、誰でも苦労は起きるもの。
→当事者研究

誰もが自分の苦労の主人公で、
誰もが自分のスペシャリスト。
これを、意外とわすれがちです。

自分の苦労を、専門家や周囲の人に、丸投げせず、
かといって、かかえこまず、
自分自身で、そしてともに、研究しましょうという試みです。

べてるの講演会は、これまで何度も行っているけれど、
実際に、当事者研究がどのように行われているのか、ぜひ知りたかったのです。
本人にしてみれば、深刻な悩みなわけですが、
私は何度も爆笑してしまいました。
いつもながら、とてもなごやかな雰囲気に包まれていました。
また、本や講演会で知られている、べてるの有名人の方々がいらっしゃるわけですが、
その方々にも新たな変化があって、
まるでリアルなドラマを見ているような…

今回、新しい発見は、
心を深くみつめなくていいんだ、ということと、
詳しい話を聞いたり、話したりする必要もないということ。

カウンセリングでも、どうしても、見たくない、知りたくない、
自分自身というのがあって、
そこを避けたくなるものです。
その心を見つめるというよりは、眺めるのですね。

すごく得るものがありました。
ミニセミナーに参加くださった方には、
べてるのことをちょこっとお話しましたが、
この「当事者研究」を何かの形で生かしていければと考えております。
  1. 2010/03/17(水) 00:00:00|
  2. カウンセリング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。