いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お嬢様への道

ことしのクリスマスリースは、ひいらぎに万両の実、あおきの実。
kotosinori-su

天使のクルクル
tensino

ガツガツ娘
gatugatu

犬のお料理の盛りつけには、気を配っていますの。

保護された犬はほどんと、
食べっぷりはすさまじいものがあると思いますが、
ibukuro
目の色変えて食らうスパーク(現ゆずひこ)

メリーちゃんは格別です。
お皿に頭突きする勢い。お皿を移動させても絶対に頭は離しません。
どんな大きな塊も丸呑みするので危険です。
毒や石を入れても、このときは夢中ですから喰ってしまうことでしょう。
なぜそんなに大慌てで食べるのか。
保健所では、そうしなければ他の犬に食べられてしまったのでしょう。
メリーちゃんの喉には見合わない量を一気に呑みこみますから、
必ず途中で、ウッウッウッと、喉を詰まらせてしまいます。

だから、盛りつけを考えたのです。

いかに食べにくくするか。

まず真ん中にリンゴの塊を置きます。
そして、器のフチに、張りつけるようにゴハンを入れます。
ゴハンの中には、丸呑みできないように、煮干しを差し込む。
あとは今日のメニューは肉野菜炒め。

今まではおじやっぽく煮込んだものが多かったのですが、
これに変えてからは、ガツガツ娘たちのお食事時間は、数十秒から、数分に!

ジョイスも瀕死になるほどの飢えを体験してきた犬ですが、
今や我が家で蝶よ花よの生活をしているうちに、
ご飯は噛んで食べるようになりました。
メリーにかすめ取られても、ボーッっとしてるこのゆとり。
これお嬢様の証。

いつか、メリーも、喉越しだけでなく、歯ごたえ、味も楽しみながら優雅に食べるようにきっと、なりますわ。
って思うんですの。

でも、ふたりとも、シカのフンを見つけては食べるのはどうかと思うんですの。
  1. 2009/12/11(金) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。