いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シータヒーリングに出合ったきっかけ⑦

⑥のつづき
鍼灸の研修の間、ヒーリングのみ受けていた患者さんがいらっしゃいました。
精神の病の女性でした。
たまたまその患者さんを担当することが多く、雑談しながら40分ほど
ハンドヒーリングをさせていただいていました。
私は内心、ハンドヒーリングでよくなるのかなあ、ならないだろうなあ・・・と思っていました。

だんだんうちとけてきた頃、その患者さんがちょっとしたことを口にしました。
ほとんど聞き流すような、どうということもない内容だったんですが、
私にはそのことが大きなことのように思えました。
その内容には「不安」が含まれていたのですが、
その不安を、安心感に変えるような返事をしました。
私自身、不安神経症的性格なので、その人の気持ちがよくわかったのです。

そのときから、その方は、病気独特の硬い表情から、
みるみる、イキイキとした瞳に変化してきたんです。

「ヒーリング」というと、なにか特殊なものと考えがちですが、
本当は、簡単なものだと思います。
ヒーリングの中で、もっとも力のある方法は、誰にでも、使えるものだからです。

それは、「言葉」の力だと、私は思っています。

考えてもみてください。
もしも、自分が、病気で、苦しくて怖くて不安だったら、
黙って神秘のハンドパワーを送られるより、
「絶対大丈夫だよ」
「そばにいるから、安心してね」
という言葉の方が、どれほど力になるでしょうか。

プラシーボ効果という言葉があります。
私も、幼少期、お腹が痛くなったとき、母がくれた薬でよくなったものです。
それは、実は、オブラートにつつんだ砂糖でした。

ただし、プラシーボ効果は、
すべての人に対し、一定以上の効果を証明することが困難なため、
あやふやで信憑性のないものとして、現代では、軽視されがちな気がします。

しかし、なにも使わず、言葉だけで治癒した病気が、あることは事実です。
これほど強力なヒーリングがあるでしょうか。

シータヒーリングというものをネット上で見つけたとき、
直感で、これだ、と思いました。

自分の心のためにカウンセリングセッションの練習をしてきたけど、
それも生かせる・・・
自分のためにあるヒーリングだ、とさえ思いました。

シータヒーリングを知り、その数日後には、セミナーを受けていました。
そして、セミナーを受けた、次の日から、セッションを始めました。
受けた方には、驚くようなスピーディーな変化がありました。
(まだ許可を受けていないので書けませんが)

そんなわけで、まだまだセッションには慣れてない私ですが、
この強力で、スピーディーな効果のあるシータヒーリングを
やっていこうと思ったんです。
(長くなりました。このへんで「シータヒーリングに出会ったきっかけ」はおわりにしまーす。)



  1. 2009/07/04(土) 00:00:00|
  2. シータヒーリング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。