いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もぐさのつくりかた

治療には、いろいろな種類のもぐさを使っていますが、
その中の一部は、自分でつくったものです。

岩手山のふもとで採ったヨモギでつくりました。

つくりかたは、カンタン、
干したヨモギの葉を、ミルサーにじゃーんとかけます。
すると、ふわふわの繊維と、粉ができます。
粉をふるい分けたら、その繊維がもぐさです。
繊維を細かくすればするほど、高級なもぐさです。
そのほうが、マイルドな熱になります。

ただ、採ってすぐだと、市販の高級もぐさよりは
熱感は強いのです。
本当は、干して数年おくといいのです。

今うちにあるのは、3年モノのもぐさです。

霊山岩手山の、きれいな空気の中で育ったヨモギで、
心をこめてつくったもぐさは、
きっと霊験あらたかだろう!と思い、
ここぞというときに使っています。

あまりたくさんはつくれません。
ミルサーが加熱して壊れてしまうおそれがあります。
  1. 2005/11/10(木) 00:00:00|
  2. 鍼灸治療
  3. | コメント:0
<<感情は悪くない | ホーム | おしらせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。