いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バッチフラワーレメディって高いなと思う

バッチフラワーレメディを利用される方が、少しずつですが、増えてきました。

はっきり言って、市販のレメディ1本、数千円ですから、高いですね・・・・
その人の性格により、よく使うものはあると思いますが、
感情は刻々変化するもの。
いちいちビンを買い足していたら大変でしょう。

そして、このレメディをつくった細菌学者でお医者さんでもあるバッチ博士は
「お腹がすいたから、庭からレタスをとってきて食べよう。
恐怖心から病気になったので、ミムルスを飲もう。
こんないいかたができるくらいに、簡単にしたい。」と、
本来そういう使い方を希望されていたのです。
そして、かつて研究した論文等を全て燃やし、注射器やワクチンも全て廃棄し、
レメディにささげた人です。 
これは今から80年ほど前のことですが、様々な療法がある中、
絶えることなく、今まで世界で受け継がれ、利用されているのは
全く体に無害で、効果があったからです。

ということで、こちらではコンサルテーションにより、
そのときの状態にあったトリートメントボトルをお出しして、
気軽に利用できるようにしているのです。

バッチ博士の考えはおおまかにいうと、こういうことです。

体の病は主として肉体的原因によるものでなく、本人の正常な幸福感に干渉する
乱れた心の状態、ムードによるものであること。
それが放置されたままになっていると、体の器官や組織の働きをも乱し、
その結果病気になる。
それは心(マインド)は、どの民現にあっても、精神的肉体的状態を絶対的に司るものだからである・・・と。

心が、正常な平和と幸せな気持ちを回復すれば、体の制御も完全さを回復していく。

私はその考え方に共鳴し、また実際に使ってみて効果があるので、
多くの方にも、こんなふうにシンプルな方法があることを知って欲しいと思い、
レメディを扱っています。

心労、憂鬱な気持ち、怒り、恐怖・・・・
それらを、「見ないこと」にして放置せず、意識化し、
また、 気軽に、レメディの力も借りてみてはいかがでしょうか。

さて、この効き方ですが、
「精神安定剤」のようなものでもなければ、
ここは、一発、景気づけよう!と飲む「ユンケル?」のようなものでもなければ、
なにかすばらしい自分に「変身」できるものでもなく、
不思議なインスピレーションの啓示がある?ようなものでもありません。

そういえば・・・というかんじで、気になっていたムードがポジティブなものに
変わっています。
たとえば、ヘザー(人をつかまえては、自分のことばかりしゃべってしまう)状態の場合、
それが、プラスに生かせる状態
━誰とでも仲良くでき、他人の心にも共感できる状態、
に、なっていけるでしょう。

また、気になっていたことに変化がない場合もありますね。
先日、「効果を感じないけれど、もう少し続けてみた方がいいか?」という質問を
お受けしたのですが、その場合は、レメディが合っていない場合が多いと思うので、
別のものを試してみるといいと思います。
(この場合も、新たなレメディを購入していたんでは、大変ですね)

とにかく、「とっておきのときに使う特殊な癒し療法」、と考えず、
気軽に利用していただきたいものです。
ペットにも、どうぞ。
ペットの方が、心が素直なのか、わかりやすく効きますね。
  1. 2009/03/20(金) 00:00:00|
  2. バッチフラワーレメディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。