いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恐怖に関するレメディ

うちのジョイスは、臆病な犬です。

窓に映る自分の姿がコワイ。
ゆれる洗濯物がコワイ。
見慣れぬビニール袋が道に落ちているとコワイ。
風でガサガサっと草が鳴るとコワイ。

自分で小枝を踏み、その端っこが、跳ね上がっただけで、
ジョイスの方が、おびえ、びよ~ん!と飛び上がってしまう。
暗い夜道で、無灯火の自転車と出くわしたときも、
グわっ!と変な声を上げ、
1メートルくらい飛び上がってしまいました。

また、他の犬をこわがります。
相手が友好的にしていても、です。
これは、他の犬に襲われた経験があるからではなく、
ただ、わからなくて、こわいのでしょう。

これらは、えたいのしれないコワさです。
理由はないけど、なにか、わけのわからないものが怖いのです。
そんなときのレメディが「アスペン」です。

また、ジョイスは足を怖がります。
こちらは、蹴られた経験があるのかもしれません。
ジョイスを足でナデナデしようとすると、飛びのいたり、
ウ~ッといったりします。

このように、理由がわかるような、特定のものが怖いときには、ミムラスです。
(ミムラスは、内気なときにも使います。)

これらは、経験を積むことによって、克服できると思い、レメディは使っていませんでしたが、
いまだにビクビクすることが多いので、
飲み水に、「アスペン」を加えてみました。

すると! 

散歩でガウガウ犬、はなちゃんはなちゃん2
に、会ったところ、


ジョイスが、ガウガウっと、はなちゃんに飛びかかっていったではありませんか!


「前から、アンタのこと、シャクにさわっていたのよ!」
(と、言ったかどうか)


はなちゃんもびっくりしたことでしょう、ごめんね。

今までは、離れた場所からガウガウいうか、無視するか、
飼い主さんにじゃれたいために、
周囲を跳ね回っているだけでした。

メリーに強いところを誇示したかったこともあったでしょうが、
これは、初めての反応だったのです。

はなちゃんもはなちゃんで、もう会って1年以上になるというのに、
いまだに、会うとすごいガウガウなんです。
もう、これは、「絶対に咬みつくわよ!」という形相です。

(でも、おばちゃん、もう知ってるのよ・・・
はなちゃん、本当はビビリお嬢様なのよね~
だから、おばちゃん、今は、平気でナデナデしちゃうし、オテ!と言っちゃうの。
はなちゃんは、歯をムキダシにした、恐ろしい形相のまま、
オテをしてくれたりするし、尻尾を振ってくれて・・・
乙女心は複雑なのヨネー。)

レメディの話に戻りますが、
恐怖を感じて問題行動を起こす場合がありますね。

過度の緊張状態で、理性を失ってしまい、
とほうもない行動に出そうな感じなら、チェリープラムです。
チェリープラムが適するタイプは、普段は不安感を表に出さないので、
怖がりには見えないかもしれません。
爆弾をかかえているような感じですかね。

同じパニック状態になるのでも、
こわばる、立ちすくんでしまう、固まってしまうようなおびえには、
ロックローズを用います。
これは、周囲にも、それとよくわかる恐怖状態です。









ところで、よく、犬の里親募集のサイトを見るのですが、
いつになく、猛烈にかわいい犬が・・・・
こういう犬が好き。
この犬。

苦労犬のようです。
  1. 2009/01/25(日) 00:00:00|
  2. バッチフラワーレメディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。