いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヘザーのメリーとは

メリーがヘザーの状態だとわかると、
メリーに対する理解が変わってきます。

メリーは、散歩中に出会う犬にも、ことごとく、
相手が攻撃的であろうが、逃げ腰であろうが、
ウーン、とか、ワンワンといって、そっちへ向かっていくのです。

遊びたいのか?ケンカを売りたいのか?

今ならわかります。
「メリータン、ここにあり!」
とにかく、あらゆる人や犬とかかわり、自分の存在をみせつけたいだけなんです。

メリーは、ジョイスとのバトルが大好きです。
預かっていた子犬のスパークも、ジョイスに、よくちょっかいをしかけ、
プロレスごっこをしたものです。
スパークとジョイスのバトルは、犬社会の節度とか、遠慮があり、
見ていて、遊びのなごやかさ、ほほえましさがありました。

でも、メリーのそれは、なにか違うのです。

ジョイスもイラっときてるし、私も・・・

メリーたんは、ジョイスに、どんなにとっちめられてもへこまない。
かえって、逆切れして、飛びかかっていく。
「メリーたんはー、お前をやっつけてやるぞー!」
なんというか、まだモノを知らない子供みたいな、
自己本位、傍若無人さがあるのです。
さすがのプロレス好きのジョイスも、ヘキエキした顔をみせることがあります。

こう書くと、ほんとうに困ったわんこのようですが・・・

ヘザー=愛情に飢えた子供 と理解すると・・・

メリーたんは、人間に反逆するつもりはサラサラありませんから、
(甘噛みや飛びつきはありますが)
とにかく、かまって、かまって、かまいまくってあげると、大満足。
今も私の膝の上で、ネコのようにおとなしく眠っていますが、
ダッコされたり、イイコイイコされたりしてれば、シアワセ。
どんなにしつこく、なでくりまわされても、いじくられても、全然メイワクがらない。
むしろうれしい。

愛玩犬としては、最高!!なんです。

どなたか里親になりませんか?




(いま、預かりのう~さん、そして、ラックくん、ジヴくんの青ざめた顔が目に浮かびました・・・
う~さん、うそです。)

セッターのマーシィーは、ジョイスのことは完全に無視し、
存在さえ、ないかのように、ふるまっていました。
メリーはその逆で、常にジョイスの動向を気にして、見ています。
他者と、常にかかわっていたいメリーは、
人や、犬の友達とつきあって、これからいろいろ学んで、
いろんな人や犬と楽しくやっていける犬になれると思うんです。

さて、レメディを飲ませて3日め。
本当に信じられない思いなのですが、
この3日、今まで欠かさずあった、朝のバトルがないのです。
2頭とも、食後はくつろいでねそべっています。
鍼灸治療中の吠えもなし。
1日のうちには、じゃれっこもあるのですが、
あまり白熱して興奮しすぎないうちに終わります。
オシッコタイムもジョイスと同じ4回に減らしましたが、そそうはなし。

犬の水にレメディが入っていて、ジョイスも飲んでいますから、
インパチェンス(セカセカイライラ落ち着きがない)がジョイスにも効いていると思います。
私も飲んでいます。


さて、人間社会でも、人を引き止めては、
自分のことばかりしゃべってしまう人=ヘザーっていますね。
この中には、おしゃべりな人だけでなく、無口な人もいます。
口数が少なくても
自分に関心が向いていて、他人には興味がないんだな、ということが、
ほかの人にはわかります。
孤独感があり、愛情が欲しくてしょうがないのに、
かえって、周囲を遠ざけるようなことを、自らやってしまうのです。

また、自分の問題で、頭がいっぱいになっているとき、
誰でも、この状態になることはあります。

そんなときのためのアファメーション(肯定的宣言)があります。

「私はほかの人々に与え、そして与えられ、
力を合わせたとき、最も創造的なことができる」

「体験を分かちあえば、たくさんの人々の中で、リラックスでき、
安心してそこにいられる」

「私には神聖な可能性が秘められている。
それと同じように、ほかの人にも可能性がある」

これが本来のヘザーの姿であり、
他者への共感性を身につけたヘザーは、
他者とのよりよい協力、かかわりあいが誰よりも、できるようになるのです。



  1. 2009/01/09(金) 00:00:00|
  2. バッチフラワーレメディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。