いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「メリー様」改め「メリーたん」にレメディ

メリーは、保健所からの書類には推定1、.2歳とあるのです。
リッパな成犬です。
しかし、まるで子犬のような印象があります。
行動も、体も・・・
今は6、7回は外に出していますが、
しょっちゅう家の中でオモラシ・・・
以前預かっていたスパークが推定7ヶ月でしたが、
精神的にも、それ以上に幼い感じ・・・・

やたらと吠える犬です。
しかし、警戒吠えはしません。
鳴くのは、ジョイスとのケンカに負けたときと、
呼ぶときです。

私が、立ち去ろうとするとき、
メリーの視界から消えたとき、
けたたましく鳴きはじめます。
生まれつき、よく鳴く性癖を持っていると思うので、
それはどうにもなりませんが、もう少し静かにしていただきたい。
治療中にぎゃんぎゃんいわれて困ります。
(あまり鳴かないジョイスまでが、つられて、
がおぉぉ~~ん、がおぉぉぉぉ~~んという
すごい遠吠えをはじめちゃってビックリした・・・)

バッチフラワーレメディを飲ませようと思いましたが、
なんと吠えているのか?それによって、使うものは違ってきます。

ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん←なんて言っているのか?

①「このオレ様(一応メスなんですが)の視界から消えたら承知しないぞ。こっちへ来い」

だったら、バイン(自信家で、自分のやり方で人を支配したがる)なのです。
私は最初これだと思ったのです。メリー様と呼んだくらいで。
心のバランスが取れていれば、よきリーダーになれるのですが、
マイナスに働くと暴君。
しかし、メリーとつきあううちに、これではないとわかってきました。


②「どこいっちゃうの~?こわいよう、不安だよう。」

③「ママー、ママー、行かないでぇ。行かないでぇ。さみしい~の。」

④「ちょっと、ねえねえ、ママ!ママったら!ママ!こっちへ来て!」


②ならミムラス(原因がわかっていることに対する恐怖や不安)
③ならチコリー(愛する人に干渉したり愛を求める)、
④ならヘザー(話好きだが自分のことばかりしゃべってしまう)

私は③か④ではないかと思いました。

③と④ 、共通しているのは、「愛に飢えていて、注意を引きたがるさびしがりや」ということです。
違いは、
チコリーは「愛情に飢えた母親」、
ヘザーは「愛情に飢えた子供」、
と、たとえられます。

チコリーは、
たとえば、子供に一生懸命世話を焼き、「あなたのためにこんなにやっているのに・・・」
といい、子供からの感謝が得られないと、嘆くおかあさんです。

子供なら、泣いてみたり、へつらってみたり、具合が悪くなったりして、
同情や感謝を求めようとする子です。

それには、愛する人を自分の思い通りにしたい、
愛情に相当する見返りが欲しい、という思い、そして自己憐憫が含まれています。
周囲は、その態度に対して、けなげとか、不憫という印象を持たされたり、
罪悪感を感じさせられたりすることもあるでしょう。
これが、バランスが取れると、無条件の愛で、献身的に尽くせる人になれるタイプなのですが・・・

いっぽう、ヘザーは、
誰彼なく、人をつかまえては、自分に関することばかりしゃべりまくってしまいます。
チコリーと同じ、愛情が欲しいさびしがりやなのですが、
チコリーが特定の人に愛情を求めるのに対し、
ヘザーは誰でもいいから周りの注意を引きたいという感じです。
孤独に耐えられない、愛情に飢えていて、
他人とかかわりを持つことによって自分の存在価値を感じたいわけです。
チコリーとちがい、自己憐憫にひたることはなく、
自分が孤独で助けを求めていることを気づかれないようにしているので
(いや、もしかしたら自分でも気づいていないかもしれない)
周囲の人には、その人が「愛情に飢えた子供」の状態であることがわかりません。
他人の会話に割って入って、自分のことばかりしゃべってる自己中心的な人、
と見えることもあるでしょう。
でも、他人の注意を引こうとしなくても、
自分にはじゅうぶんに存在価値があるということを理解すれば、
本来は聞き上手で、話の流れをよみ、他人と協力していけるタイプなのですよ。

メリーには、チコリーのような
自己憐憫や、他者を操作しようとするような感じは受けません。
「アノネ、アノネ、メリータンはネ・・・・、ネエネエ、メリータンね・・・、ちょっと聞いてメリータンは・・・
オネーチャンじゃなくメリータンナノー!」
メリーたんは、そういうお子ちゃまなのです。

結局、ヘザーとインパチェンス(せかせか落ち着きがない)を飲み水と朝食に混ぜました。

その直後から変化は起きました。
朝食後は、必ず、ジョイスとの激しい一戦があるんですが、
それをやらずに、ストーブの横に寝そべっているのです!
呼ぶと、そばに寄ってきて、いつものように飛びついたり甘噛みしたりせず、オスワリしました。

今日1日ちょくちょく飲ませては様子を見ています。
オモラシも減るだろうか・・・・
まあ、それでも7,8回は、
ウルサイっ!とか
ダメっ!とか
雷のような声でどなってしまいましたが・・・・
イライラしてしまっているので、(ああ、頂き物の六花亭のお菓子を1箱全部食べてしまった・・・)
私こそインパチェンスが必要なのかも・・・・

  1. 2009/01/08(木) 00:00:00|
  2. バッチフラワーレメディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。