いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イングリッシュセッターのエル

しずかです・・・
100匹いた犬が、1匹になった位、しずかです・・・
それくらいエネルギーにあふれている犬が、マーシィー(本名エル)でした。

飼い主さんが見つかると、今まで謎だったエルちゃんの、
本当のところがわかってきます。
エルちゃんは、人間にも、犬にも、あまりフレンドリーではありませんでした。
いじめられたのかな?と私は思ってました。
ちがう・・・
エルちゃんは、もともと独立心のある、わが道をゆく、気の強い子だったようです。
見破れなかった・・・
最後まで、ジョイスにはうなりつけていました。
(でもドッグランで、ジョイスがキャインキャインといったとき、
大丈夫?と駆け寄ってきてくれたんですよ。
こういうとき、犬っていいなあと思います。)

エルちゃんの両目の下には、傷がありました。
これも、ケモノにやられたのか・・・人にやられたのか・・・・
と、私は思っていました。
実は、両目の傷は、強い猟犬の証。
ためらいもなく深いヤブに分け入ってゆく、勇気ある猟犬のしるしなんです。
顔がキレイなセッターは、猟犬としてダメだそうです。

おなかに子供がいると大変なので、何度もエコーの検査に行きましたが
エルちゃんは、不妊症で子供は産んだことがないそうです。
本当は、拾って、熱が出ていなければ、すぐに不妊手術をする予定でした。
やらなくてよかった。

エルちゃんは8歳だそうです。
特に保護したときは、やつれていたのでおばあさんに見えました。
8歳といえば、もうシニアの領域、
狩りなど、もう引退なのでは?、と思えばさにあらず。

3,4歳では、落ち着きがなくて使い物にならず、その後も何年も訓練し、
エルちゃんくらいになって落ち着いて(エ!これで、落ち着いてんの!?)初めて、
役に立つ猟犬となるそうです。

先日、ドッグランで、1歳弱のイングリッシュセッターを連れている方に会いました。
「お散歩、大変でしょう?」と聞くと、
「はい、毎日3、4時間です」とのことでした。

やはり・・・・。
そうでしょうそうでしょう。
3、4時間でも足りないかもね。

その方が、○○ちゃん、オイデ~と呼びました。
すると、一直線に・・・・飼い主のもとに・・・走っていきますよね、普通の犬なら。
しかし、セッターの○○ちゃん、なぜか、30度ほどずれて、あらぬ方角に走ってく・・・・

やはり・・・。

イングリッシュセッターって、マーシィーでなくても、
オツムのネジがちょっと・・・・
はずれてるようです・・・・

イングリッシュセッターについてネットで見ていたら、
ここ のページが適切に説明しているように思いました。
いったん猟となったら100キロから200キロ走る・・・・(10キロや20キロじゃないですよ)
晩熟の傾向、いつまでも子供っぽい・・・
(ドッグランで会った方の、以前飼ってい+たセッターは、15歳で死ぬまで、
パワフルなままだったとおっしゃってました)

私は、エルちゃんのこと、
おおざっぱで、鈍感で、おマヌケで、騒々しい犬という、
家庭でのごく一面で見た部分しか、とらえることはできませんでした。
しかし、その走る姿は美しかった。
飲みこみの悪い犬と思っていたけれど、猟に関する訓練では違うのかもしれない。
きっと猟で獲物を追っているときには精悍で、
すばらしい切れ味を見せる、才能あふれる犬なのでしょう。

飼う覚悟はあったけど、飼うのは大変な犬です。
見た目の好みに惑わされず、
犬種の特性をよく知ってから飼うということは、重要なことですね。

嵐が過ぎてった・・・・
なんか、すごかった、
あの小さなセッターは・・・・・
  1. 2008/11/09(日) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。