いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バイバイ、えるちゃん

マーシィーを拾って、警察に届け、3ヶ月が過ぎ、
マーシィーは「拾得物」ではなくなり、
さて、不妊手術の予約を入れようとしたその日。

飼い主さんが見つかりました!

良かった。捨てられた犬ではありませんでした。

今日、届けてきました。

お宅にうかがって、マーシィーが手塩にかけられ、
愛情を注がれてきたことが、わかりました。

獲物をバリバリ回収する、大変に有能な猟犬だそうです。

やさしくおとなしそうな風貌とは裏腹に、
マーシィーから猟欲を取ったら、なにも残らない、
マーシィーはそれくらいのスゴイ猟犬だとは、私も思っていました。

しかし、マーシィーが、飼い主さん宅で、
他の飼い犬たちに、ガンを飛ばしまくるのを見て、
私、マーシィーを見くびっていたと思いました。

本当に、風貌とは裏腹に、うかがい知ることのできないほど、
つよーい犬なのではないかと・・・・
なんというか、「女の意地」、というか、
「猟犬魂」みたいなものを持った犬・・・

散歩のとき、よく震えていましたが、
あれはこわがっていたのではない、
興奮しすぎて武者震いしてたんだ、とも・・・・・
そうして、外でいったんリードをつけると、
何を話しかけても無視していたのも、こわがっていたのではなく、
「私の猟への思いを邪魔するな」という抵抗だったのではないかと・・・
優雅なお座敷犬におさまる犬ではないんです。

肛門腺の炎症は、刺さっていた種を取り除いてからは順調に回復し、
今は全然臭くもなく、お尻を気にするそぶりもなくなり、
なぜか耳や口まで臭くなくなり、毛並みまでもよくなりました。

朝から晩まで、私に、「お願い、私を狩りに連れてって」と
目で訴え続けてきたマーシィー。
これからは、マーシィーは、本来の才能を生かし、
野山を駆けめぐり、思う存分、お仕事ができます。
それがマーシィー(本名えるちゃん)の一番の幸せだと確信します。

近所なので、いつでも会えます。
えるちゃん元気でね!
  1. 2008/11/07(金) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。