いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・じょい子の青春

jyoikose-ra-

その後、じょい子は、女子高へ進学する。
ソフトボール部に入部し、白球を追う日々。jyoikohakkyuu

いつしか、じょい子には、鬼の千本ノックにも耐えうる、粘りと体力がついていった。

ある日、じょい子は部活の帰り、
コンビニで、中学時代の同級生のジョンに出くわす。
jyon2

「あれっ、ジョン、ひさしぶり」
「え?誰・・・、ま、まさかじょい子?」

ジョンがとまどうのも無理はない。
中学時代はヤセの大食いであったじょい子だが、
高校生となってからは、食べた分が、確実に身につく体となっていた。
加えて、部活で下半身は鍛え上げられ、ムッキリムチムチとした安定感ある体つきである。
jyoikoanntei

セーラー服の下にジャージ姿のじょい子。

中学時代ひそかに、スリムでカワイイじょい子に惹かれていたジョンにとっては、
少なからずショックなその姿であった。jyoikoneteru


「じょい子・・・おまえ、変わったな」
「えっ、ソウカナ?」
店員から渡された、ホカホカの肉まんをほおばったじょい子は、
ジョンを穴が開くほどみつめた。

「な、なんだよ、じょい子・・」
どぎまぎするジョン。


みつめあうふたりに、しばしの時間が流れた。



じょい子は、口いっぱいの肉まんを飲み込んでから、こう言った。



「アンタの買ったお菓子、ソレナニ?!、アタシにもチョーダイ!!」
・・・いまだなお、
色気より、食い気がはるかに勝る、じょい子なのであった。

じょい子の青春はまだまだ続くのである。
  1. 2008/10/08(水) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。