いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

得体の知れぬ恐怖

うちの犬は、保護される前、
さぞかし、こわい思いをしてきたのではないかと思います。
今も、ちょっとしたことで、ビクっとすることがあります。
飼い主もいなく、つながれたままで、逃げることもできない状況での精神状態は、
どんなだったか、想像もつきません。

いつもの散歩コースに、
見慣れないトラクターがとめてあったり、
大きなビニール袋がゆらゆらしていたりすると、
それに向かって、おびえ、吠えることもあります。

普段はあまり吠えない犬なんですが。

正直言って、飼いはじめてから半年位は、
家の中にいても、私と一緒にいても、
完全には安心していないように見えました。
本当に落ち着いてきたと感じられたのは、預かり犬が来た最近のことです。

そしてゆうべなのですが、
深夜、ぐっすり眠りについた頃、激しく吠え始めたのです。
いつまでも鳴きやみません。
なでてやっても、体がこわばり、興奮状態。
仕方ないので、今日だけヨ、と、寝床に連れてきました。
それでも、立ち尽くしたままで、いっこうに寝ようとしない。

そこで、バッチフラワーレメディの、「アスペン」を、手の平に取り、なめさせました。

その10秒後・・・
どかっと寝そべり、身づくろいを始めました。

犬は、効果がわかりやすいですね~。

「アスペン」は、得体の知れない恐怖感があるときに使います。

私は、犬を飼ってから初めて、
愛犬家の中では、フラワーレメディをご存知の方が多いことを知りました。
「人間にも使うんですか」と言われたくらいです。
動物病院でもよく使われているし、
ペットグッズでは、サプリメントの範疇で、売られていることもありますね。
ホメオパシーも、さまざまな病気に効果をあげているようですね。

むしろ、人間で使う方が、
フシギ系(?)が好きな、一部の人々の中で、
スピリチュアルなものだけ強調されて語られたり、
「癒しってヤツぅ?」というレベルで、
「星占い」位の認識しか持たれていないのでは、と思うことがあります。

私が、バッチフラワーレメディを扱っているのは、
なにはともあれ、効果が感じられるからです。
私がこれを使い始めたきっかけは、ワラをもつかむ思いからでした。
それで、助かりました。

残念ながら、勝浦で始めてからは、まだ、バッチフラワーレメディを希望される方はいません。
メール相談にした方が、相談しやすいのかな。

これは、心の深いところまで見つめる必要がないのです。
今ある感情で、気になる不快な感情に関して、レメディを選びます。
もちろん、話したくないことは話さなくていいので、
気軽に利用していただきたいものです。
  1. 2008/07/06(日) 00:00:00|
  2. バッチフラワーレメディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。