いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

使い捨てハリについて

ほとんどの鍼灸院は、使い捨てのハリを使っているのではないかと思います。
私のところでも、すべて使い捨てです。
治療を受ける方の中には、ハリは使い捨てですよね!
と治療前に確認される方もいらっしゃいます。

しかし、使い捨てだから衛生的、
使い捨てでないならそうではない、
ということは、絶対にありません。

高価で、使い捨てにできないハリもあり、
また、それは非常に高い効果をあげることから、
適材適所に、こだわりをもって使っていらっしゃる先生方もいます。
もちろん、そのハリは高圧滅菌器で、完全にウイルスなどの
微生物を殺滅させてあるものであることは、
言うまでもありませんので!

さて、昨日も、鍼灸治療を受けてきました。
肩から、肘に向けて、20センチほどの金のハリを4本打っていただきました。
長いハリとなると、細いのでは刺さりませんので、ぶっとい。
見た目は、ハリというより、針金ですね!
このハリは1本ウン万円、いや、ウン十万円するのかな!

受けた感想は、
すこぶる効く。
ハリガネが刺さってるのは、気持ちはよくないけど、
やはり、こういうハリでないと、治せない疾患はあると思う。
今の自分の体の状態はそうだと思う。

私には、こういうハリを扱う技術と予算と、
この大きさのハリの入る大型滅菌器がないので、
今のところ導入はしていませんが、
使い捨てでない特殊針は、さまざまあり、
その存在意義はとても大きいものです。
使い捨てでないからといって敬遠されませんように。
むしろ、人一倍勉強なさっている先生であると思います。

わたしの体の不調に関しては、おいおい書いていきたいと思います。


  1. 2008/01/30(水) 00:00:00|
  2. 鍼灸治療
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。