いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

治療を受ける方へ

治療のあとどうなったか、メールをいただくことがあります。
それは、本当にありがたいことです。
そのときやった方法が、その方に合っていたかどうか、
確認できるので、その後の治療に役立てることができます。
また、体が楽になりました、等の声をいただくと、
とても励みになります。

しかし、いくらやってもよくなりません、というのも、
遠慮なく、言っていただきたいのです。

とにかく、治療後どうだったか、
メールかなにかでお寄せいただけると大変うれしいのです。

治療中も、「最初の痛みが10とすると、今の痛みはどのくらいですか」というふうに、
確認しつつすすめていきます。

このとき、サービス精神旺盛な方は、
たいして良くもなっていないのに、
「良くなりました」と、お世辞みたいに、
つい、言ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、できるだけ正直に言っていただいたほうがいいのです。
Aという方法がいいと思ってやっていたけれど、
効果がないならば、Bという選択の方がふさわしい場合もある、
それはやってみなければわからないことも多いからです。

私自身もここ2ヶ月ほど、鍼灸治療に通い続けています。
通い続けるって大変なことなんだな、と通ってみてわかり、
治療を受ける立場の気持ちだとか、
これだけ治らないと先生も少しプレッシャーになっているかなと
先生の気持ちだとか、考えたり、
もちろん治療法に関しても、
講習会で勉強する以上に、ものすごく勉強になっています。

このときも、先生はAという方法がいいと思ってやっていた、
でも、たまたまBという治療をやったあとに、
症状が改善したのです。
私は、先日の治療では、
「先生、Bという方法をやっていただいたあと、よくなった気がしたんですけど」と
言い、またBをやっていただきました。
そして、その後の状態からしても、Bは効果的な治療法らしいことがわかりました。

尊敬する、超ベテランで経験豊富な先生でさえ、
ひとりひとりの治療は、それぞれ初めての経験であり、
模索しながら続けていかれるのだな、と思いました。

治療は、バチっと体質と症状に合う治療ができ、
早く終了できれば、それに越したことはないですが、
1回で、改善しなかったからといって、ハリは効かない、と
あきらめないでいただきたいのです。

私自身は、10数回治療を受けて、まだ治っていませんが、
Bという治療法は自分でもできそうなので、
いったん治療を受けにいくのはお休みし、
自分でやってみることにしました。

  1. 2008/02/25(月) 00:00:00|
  2. 鍼灸治療
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。