いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花粉症1 鍼灸治療

外出すると、マスクをしている人を多くみかけるようになりました。
花粉症ですね。
マスクをしてもあまり意味ないと思います。
(とめどなく流れる鼻水を隠すには役に立つとは思いますけど。)
マスクをしたり、家に入るときホコリを払ったからといって、
カフンが避けられるとは思いません。

ところで、鍼灸は花粉症に効くのか?
体質そのものを、鍼灸だけで変えるのは無理と思います。
日を空けずに、長期間続ければ、変えられるのかもしれない。
しかし、そこまで根気強く治療を受け続けられるものかどうか。
だいたい、私自身が25年位も、
目のかゆみ、水っぱな、体のダルサに悩まされているんですから、
鍼灸で花粉症が治る!なんて、言えるわけないですね。

ただ、当面の症状を緩和することはできるんです。
3,4日続けてやれば、だいぶ楽になるでしょう。
できれば、ひどくなる前、なり始めにやるといいですね。

当面緩和するなら、薬でもいいでしょうが、
鍼灸だと、口や鼻が乾いたり、眠くなったりという、不快感がなく、
花粉症の症状以外にも、
体全体の、調子が整えられるのがいいですね。

私が今やっているのは、まず、おなかの治療(5秒ほどしかかかりません)
これだけで、目がカユカユ鼻ズルズルが、スッと引くことがあります。
それでだめなら、指先の治療、
そして、だるさを取る治療、
鼻のうっ血を取る治療。
うまくいくと、その場で、症状が沈静してくるのを実感できます。
これらは、ほかの治療のついでで、短時間でできますから、
とりあえず、今日だけでも楽になりたいとお思いの方はどうぞ。

でも、やっぱり、花粉症の体質を変えるには、日ごろの自分の生活に
気をつけるほうが、鍼灸を受ける以上にだいじでしょうね。

花粉症の方はお気づきと思いますが、
1日の中でも、症状が強いときと、そうでないときがあると思いませんか。(つづく)

  1. 2008/03/04(火) 00:00:00|
  2. 鍼灸/花粉症
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。