いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドッグランへ

これまで、10回ほど、犬をドッグランに連れて行きました。
臆病犬にとっては、楽しむというよりは、いまだ、ストレスの場所のようです。
この日も、
「アンタ、ナニヨナニヨ!」
「ソウヨ、アンタナンナノヨ!」
「ナンナノヨナンナノヨ!」
「ヤイノヤイノ!」
と、おべべを着たパピヨンの群れ(?)に取り囲まれて、
恐怖で大パニックになりました。
おびえきってます。毛を逆立て、シッポはマタの下に入り込みそう。kyouhu


よく考えれば、人間だって、すでにできている仲良しグループの中に、
急に入っていくのは勇気がいります。
以前お世話になっていた柴丸お兄ちゃんと一緒のときは、
ドッグランでも喜々としていましたから、
1頭でも顔見知りがいればいいのかもしれません。
慣れてくると、相手をみつけ、鬼ごっこを始めますが、
なにしろ冷静さを失っていますから、すさまじい勢いでかけめぐり(逃げ回り?)ます。
毎度、来ている人たちが「うあ・・ハヤイハヤイ・・・」とあっけにとられるスピードで、
その加速力には磨きがかかり、今やどの犬も追いつけません。
それでバテテ、ごろりと横になります。
心臓があまり強くはないと思うので、気が気ではありません。

でも、犬はこわいけれど、
人間に対しては、
すべての人が「カワイイカワイイ」と言ってくれて、
オヤツをくれると思い込んでいるようです。
特に、手に物をかかえている人には寄っていき、
得意のハイジャンプを披露したり飛びついたりして、
ご迷惑をかけてしまう。
特に、作業着を着たり、
ジャージを着たりしているおじさんが好きなようで、
ずっとくっついまわっていています。

いちど痛い目にでもあって、
世の中には、犬が苦手な人や、
コワイおじさんもいることを、
この犬は知る必要があるのだろうか。
それとも、人間はすべて優しいと思いこんでる、
おめでたい犬のままでいいのだろうか。
どーだろうか。

  1. 2008/03/16(日) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。