いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ローフード

縁側でおとっつぁんと
縁側でおとっつぁんと
スイカをむさぼり喰らう犬
赤くて甘いところより、皮に近いところがすき
スイカを

精神的にも落ち着いてきたようで、
縁側の下がすっかりお気に入り。
眠りこけると、呼んでも出てきやしません。
縁側の下

ローフード(生食)がちょっとした流行と思ってましたら、
犬の世界でもそうなんですね。
人間の食養生でも、絶対火を通して食べなきゃダメとか、
全部生だとか、あれがいい、これがだめと、
いろいろありますが、
病気を治すために一時的に厳格な食生活をするならともかく、
あまり極端で、おいしくないのはむなしいですね。
まあ、白砂糖を控えた方がいいのは、
確かなことではないかと
思っています。

今、犬に、生肉と、ヨーグルト、おから、
生野菜少々等、を食べさせてみています。
この犬は、特に飢えたオオカミのように喰う犬なので、
庭でとれた青ジソなども、ぺろりと平らげます。
(小松菜はちょっと残す。)
試してみて気づいたのは、うんこがあまりくさくないのと、
道端の草を食べなくなったことですかね。
げんのしょうこなんかも食いちぎっていましたが、
あれは、ふざけてたのか、それともお腹の薬と知ってのことか?
  1. 2007/08/12(日) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。