いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なつく草

そういえば、
以前、ベランダのプランターで
ハーブを育てていたとき、
何かわからない芽が生えてきたことがあります。

なんだろな?と思い、育ててみることにしました。
抜かずに放っておいただけというのが正しいところですが。
放っておいてもどんどん大きくなりました。

それは、イノコヅチという草に成長したのでありました。

秋になると、
種がつき、
洗濯物を干したり、とりこむたびに、

イノコヅチは、わたしに、
ねえねえ、アナタアナタアナタアンタ、と、
べたべたべたと、
しつこく、
私の着ているフリースにまとわりつき、
種をくっつけるのでした。
その種は、むしっても、洗濯しても、
しっかりとフリースの毛にしがみついているのでした。

そのフリースを着て、いろいろな場所へ行きました。

そのイノコヅチの子だか、孫だか、ひ孫だかは、
全国各地いろんなところで、
秋になると、
アナタアナタアナタアンタァと、
いろんな人にまとわりついていることでしょう。



(その他)
キセキレイの巣は、
ある日、屋根の上にぶちまけられており、
つがいの姿は見えなくなりました。
意地悪なヒヨドリにいやがらせでもされたか?
(なんとなく、ヒヨドリは悪役にしやすいかんじに思えるのです)
とても残念。

スズメバチとり器には、スズメバチをはじめとして、
ハチやらいろいろどっさりと入っており、
今日見たら、1匹のスズメバチが出口付近にしがみつき、
脱出しようとがんばっていました。

それを見るとやはり、あーザンコクと思い、
胸がずきっとし、目をそむけました。

そしたらそいつは、目を離しているうちに、
ついに脱出してしまったのです。

やられた!、
という思いと、
わずかにほっとしたような。

しかし、
他の死骸を足がかりにして、飛び上がってしまうんだ、
これじゃだめだと、
スズメバチとり器の中身を捨てて入れ替える、
クールな自分もいるのでした。
  1. 2007/07/03(火) 00:00:00|
  2. 木草花
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。