いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肩凝りはこっからくる。

お茶の水からの帰り、電車の横並びのスミに座り、
ほっと一息つき、ウトウトし始めると、
わたしの右上で、うめき声がする。
ウェ~、ウォェ~~
すると、混んでいた電車内で、潮がひくように、
周囲の人波が、離れてゆき、空間ができた。

うめき声を発しているのは、わたしの右上に立っているおじさん。

吐いたら、わたしの肩にかかるよ。
やめてよ。
がんばれ。
おじさん。
飲み込め。
もう少しだ。
がんばれ。
おねがいよ。
そこで吐くのは。
それだけは。
かんべんしてね。
飲み込むんだよ。

と、思いながら、身を固くしていた。
(いざというとき差し出せるように、
バッグの中のビニール袋を探していた。)

おじさんが降りてゆき、
安堵すると、
こんどは、何を思ったか、
左隣のおじさんが、爪を切り始めた。

なんでつめきるんだろね。
こんなとこで。
つめがとぶよ。
あたしのところに。
もうほんとやめて。
やめてぇ!

こんなときに、私の肩は、ばりばりに凝ってしまうのですけど、
これが、ふしぎなことに、
同じ混んだ列車でも、行楽の車中だと、凝らないんですね。


  1. 2006/06/13(火) 00:00:00|
  2. 憤怒
  3. | コメント:0
<<肩凝りにおすすめ | ホーム | ウンそうだよねえ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。