いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

えんがちょ

いすみ市で、放浪していたのを保護されたわんちゃんです。
satooya
うしろのわんちゃん。(手前はレトリバーのゴンタくん)
すご~く性格がいいそうです。
頭がよくて、さっぱりしてて、空気を読めるコだそうです。
推定2~3歳、フィラリアは陽性。
犬親さん、募集中です!

ウチの近所にも、放浪しているボーダーコリーがいます。
ボロボロの縄を首に巻いている。ろくな飼い方されてなかった犬だと思います。
臆病すぎて近づけないんだけど…
へんな人につかまらなきゃいいけど。

しかし、放浪して生きていくのもやっぱりラクじゃないのですね。
genpatu
原発のすぐ近くで、保護されたわんちゃん。
ガリガリでした。
新しい犬親さんに大切にされていました。
御宿の牛舎8号にて(←リンク)

放射能が細胞に与える影響についてのお話を聞いてきました。
ガイガーカウンターをお持ちの方がいらっしゃり、その場で測ったところ、
数値は0.1いくつかマイクロシーベルト
だとかで、大丈夫なんだとかで。
逃げたとしたって、不安や恐怖で免疫力を落とすくらいなら、
楽しい気分で浴びた方が?
免疫力のためにはいいのだから、というような意味合いのお話がありました。

でも、この数値って、平常の数値よりは、数倍は高いらしいことは知識のない私も知っています。



たとえて言うなら、


(しばらくたとえを考えて・・・
・・・ヘンなたとえしか思いつきませんでしたが・・・)




他人が1回履いて、脱いだパンツは、履く気がしません。(変態でないかぎり)

それが、清潔なお尻の人が履いたパンツで、
うつる病気も持っていない人が履いたパンツで、

「このパンツの汚れは、
基準値以下の汚れだから大丈夫」

と、言われても、
履く気がしない。



それと似た感じがしていて、



日本は、人間の手で、
もう、エンガチョになってしまった。

この数値では問題はありませんとわかっていても、

ああ、エンガチョになってしまった、
という、はかり知れない、かなしさというのか、


生理的なきもちわるさというのか、

そういう感覚が、抜けないのです・・・・・・

スポンサーサイト
  1. 2011/04/17(日) 00:00:00|

無題

明るい未来を、ありありと思い浮かべることは大事。

ただ、それは、深刻な現実に目をつぶることとは異なる。

でも、人間様は、バカなので、目先のことしか見えません。
ちゃんとした人でも、せいぜい老後ぐらい。

100年後なんて、考えられませんね。

・・・100年後、私たちの、孫、ひ孫あたりが、原発の後始末やってるのかしら。

それとも、人が踏み入ることのできなくなった日本で、野生の王国ができあがっているかしら。

人間様は、地下のシェルター生活をやっているのかしら。

そんなつまらない想像をします。



テレビって人を巧妙にコントロールしてますね。
テレビには惑わされない方がいいですね。

人間様は、自分の心の注意信号より、
横を見てしまう。
横の人が笑っていたら、本当は大丈夫じゃないのに、
大丈夫なように錯覚してしまうところがあるんですよね。

美容院で、女性週刊誌を読んでたら、
かなりショッキングで、ナマナマしいことが書いてありました。
こういうときは、週刊誌の方が、真実を言っているのかもと思いましたね。

人命救助など、尊いお仕事だと思いますが、
今、原発で作業をし、
人間様の過ちの尻拭いをしている方々、
命をかけて、
日本、いや、地球を救う、本当に大変なお仕事してるんだと思います。

水を放水した人、泣いてたじゃない。

死んじゃうかもしれない、しかも結果の見えない、つらい仕事だよ。

どんなに人間がセッセと復興!と努力しても、
とうてい追いつかない脅威にさらされているんだよ。

この人たちがなんとか頑張ってくれないと、
日本国民の明日はないかもしれないんだよ。

本当に。

だけど話題にもなりませんね。

地球の命運のかかってる仕事なんだから、
この人たちの待遇なんとかならないものだべか!

せめて、元気の出るおいしい食事がでるとか。

ゆっくり寝られるとか。
少しフカフカのふとんだとか。

電気会社や政府が総力をあげて、この人たちに厚待遇してもいんでないべか。
それじゃなければカンパしてもいい。こういう方たちに。



・・・こうして、オバサン、ひとり、気をもむだけでした・・・
  1. 2011/04/13(水) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

ジョイス、オコジョを襲う

人間に罪はある。

動物には罪はない。

ほんとうにそうなんですよね。

原発近くで避難した人たちが置いてきたペットを思うと、胸が張り裂けそうです。

他人事ではない。たまらない。

もしも自分だったらどうするだろう。

私なら、とても悲しいけど、犬達は、野に放つ。

ウチの犬達なら、ひもじいながらも、虫かモグラでも食ってなんとか生きていけるでしょう。
シカのフンも食べるし、拾い食いも得意。

犬を放って心配なのは、
車と、
保健所と、
犬をいじめる人間ですけど、

人間が避難していなくなっていたら、
それは、大丈夫。

あとは、ここらあたりでは、野生動物にしかけられている、ワナが心配ですね。



こう考えてみると、

怖いのは、

人間様と、

人間様がつくったものだけなのですね!

ああ、コワイ。人間って。

犬達だって、好きこのんでペットをやっているわけではない。

人間様のなぐさみもの、として、生きているのですから。

ウチの犬達だって、
ほんとうは、野山でたくましく、狩りをやっていたかもしれない
誇り高いオオカミの末裔(?)。




末裔たち……
matuei
ほんとだったらね、オオカミ王ロボの妻ブランカよ。


群れでいたら、小鹿くらい、仕留める実力があるかもしれない。




うーん、しかし、群れの中で、ジョイスは、どんな地位となるのでしょうか。




宴会部長くらいか?


けっこう頭は良く姑息なので、危ないことがあったら、
いち早く察知して、とっとと逃げる。

わりと長生きできるタイプかも。



メリーはどうだろう。




お茶くみってところか?
なにかあると、後ろの方にかくれつつ、ワンワン声だけは大きく騒ぐ。





くれぐれも、ウザイことはしないで、ボス犬に嫌われないようにしてもらいたい。

まあ、どちらも下っ端には間違いないですわ。

ところで義捐金ですが、私は、最初、大きな団体に、寄付してみたのですが、
すぐに活用されるわけではなく、分配されるのは、秋頃だとか?、
ラジオで聞きました。

それでは、今、本当に緊急に必要なことが、全然満たされないではありませんか。

そこで、私は、自分が使って欲しい小さな団体をさがして改めて寄付しました。
(私は動物の団体に)
ほんとに微々たるものですが・・・



okojyo
オコジョ(テレビ画面)を襲うジョイス






  1. 2011/04/10(日) 00:00:00|

おとうちゃん

ヤギって、すごいおりこうなんですね!


新たな治療室前には、ヤギの放牧場があるんです。

ヤギのおとうちゃんと、おかあちゃんと、子ヤギ3匹。

この、おとうちゃんが、すごく人なつっこい。

1回、葉っぱをやっただけで、私のことを覚えてくれた。

今日、行くと、道路の向かい側なのに、
私が車を降りると、
「オオ、きのうのオバサンじゃね。」と、
柵のきわまで
うれしそうに寄ってくるんですよ。
首をかしげて。

このおとうちゃん、なぜか、首をいつも左にかしげているんです。

kubiwo


ジョイスとメリーが、鼻先がくっつくくらい、至近距離で、ギャンギャン騒いでも、
まるで動じません。



kawaii
いやーん、かわいいでしょう!!!

子ヤギは、臆病なので触れませんが、
おとうちゃんは、なでくり放題できます。
なでられると、とてもうれしそう。


でも、手が、
ヤギ臭くなる。

このヤギに会うだけでも、来る価値ありますよ!
ついでに治療も受けていってくださいね。ぜひ。
  1. 2011/04/03(日) 00:00:00|
  2. 心と体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。