いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デトックスケッコー

夏の疲れもたまり(疲れることは何もしていませんが)、体がスッキリしないので、
夏の浄化作戦を決行しました。

4食断食&胆嚢浄化プログラムで、お腹の中をスッキリ空っぽに。

それに、ヨモギ蒸しをし、吸い玉、ハリ。

そして、6時間ほどの砂浴にも申し込みをしてみました。

砂浴は、ひとりで短時間やってみたことはありますが、
ちゃんとやってみたかった。
自然の砂浴はデトックスにとてもいいと思うのですが、人にお勧めするには、
まず自分で試してからでないと・・・

すっぱだかになり、海岸の砂に埋まります。

ほほに風を感じ、潮騒を聴きながら、
ウツラウツラ夢心地・・・
大自然の一部になる・・・

というのを想像してました。

ました・・・ [デトックスケッコー]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/08/30(月) 00:00:00|
  2. 心と体

夏の冷え、お灸もデトックス?

これだけ暑いと都会では、クーラーなしでは生きていけないでしょう。
ここ田舎だと、住環境によっては、なんとか可能です。
ウチもそこそこしのげています。
だから、患者さんもクーラー生活の人とそうでない人と半々。

この方は、クーラー生活してるのかどうなのかな?、

だいたい治療の初めに脈をみるとわかります。
冷房の中に長くいると思われる方は、とても沈んだ脈をしているのです。
そして、そのあとに足やお腹に触れさせていただくと、冷えている。

クーラーだけでこれだけ体に変化を与えている。
こういうことが続いていいのかなと思ってしまいます。

冷房が苦手なのに、職場などでやむを得ずクーラーで冷えてしまう方は、
上着や靴下で自衛するだけでなく、
積極的にあたためる必要があるのかもしれませんね。

簡単なものでは、食べ物とかお風呂とか・・・

治療室では、お灸やよもぎ蒸しで、お役にたてると思います。
よもぎ蒸しは本当に体の芯があたたまるという感じですね。
そしてそのあたたかさが、何日かもつ、ってかんじです。

そしてお灸ってものは不思議なもので、おもに温熱効果ですけど、
それだけなら他のものであたためてもいいはずで、
やはりお灸ならではってものがあるんですね。

もぐさ(よもぎの繊維)を用いること、
香り、
そして煙がでること、
光(火)、
それらすべてにに意味があるのではないかと感じます。

以前霊感のある鍼灸師さんがおっしゃってましたけど、
ケムリから、何か(!?)が出てるとか・・・・

私にはわかりませんけど、日々の疲れ、モヤモヤ、その他モロモロも、
ケムリに乗って出て行ってくれているんじゃないですかね。

治療後には、何か(?)(ウっとくるもの)が部屋にこもることは、私にもわかるので、
(というかお灸のケムリがこもりますね・・・)、
必ず窓を開け放ちます。

自分自身でもそうで、自分の体にお灸をした後、部屋を出て、またもどると、
その部屋に、ケムリだけじゃない、なんかウっとくるものがこもってるんですよね・・・

だから、お灸って
温熱効果のほか、なにか浄化作用というのか、
デトックス効果もあるんのではないかと、
私は感じているんですね。
  1. 2010/08/28(土) 00:00:00|
  2. 鍼灸治療

メイクレッスン

美容鍼灸という分野があります。
確かに、ハリを打つと、肌がすべすべになったり、浅いシワは取れたりする。
シミも、モノによっては、ちょっとは薄くなるものもあります。

美容鍼灸に関して、もっと、ちゃんと勉強した方がいいのかな?とも考えたのですが、
自分自身、全然興味がわかない・・・
それどころか、美容への関心、知識はとくべつに低いかも・・・
うちには、美容液はもとより、化粧水、乳液、ハンドクリーム、一切なく、
うるおいは、肌のアブラ・・・
顔は、せっけんで、アタマと一緒に洗うありさま。

これじゃァねぇ・・・
やはり美容分野は、
もとから美容に詳しく、またそういうのが好きな人にお任せした方が…と思うのでした。

そんな私ですが、何を思ったか、メイクのレッスンに行きました。

メディカルメイクという分野。
肌の病気や怪我、やけど、あざ、しみなどを隠すメイクです。

私は皮膚の病気持ち。
それも、自分が美容に興味を薄れさせる原因になっています。

以前、街中で、私と同じ皮膚の病気が進んでしまった人を見かけたことがあります。
男性で何も隠していませんでしたが、
正直なところ、私はその姿を見てギョッとし、
そして、(・・・私、ああなったら、町を歩けない・・・)と思いました。

まさか、その数年後、自分がそれに近くなるとは思わずに・・・

私は基礎化粧品は何も持ってないものの、
病気用の特殊なファンデーションはいろいろ持っています。
それをうまく使いこなせていないので、ちゃんとした方法を知りたいと
思っていたところ、
偶然、メディカルメイクの専門家が、勝浦に出張にいらっしゃると聞き、
教わることができたのです。

美しくなるという以前に、普通の状態に近づける喜び。
同じようなものを使っても、
ちょっとしたコツを教えていただくだけで、カバー力、落ちにくさが違う。
美容に無頓着な自分でも、驚くほど明るい気分になったことにびっくり。
いまさらながら、メイクはこんなに気持ちを変えてくれるものだったのですね。
ちょっとは楽しんで化粧すっか、という気になりました。

そのあと、海でザブザブ泳いだのですが、あまり化粧も崩れず。
うれしぃ~。

帽子をかぶり、なんとなーく、いつも顔を隠したい、という気持ちで外を歩いていた、
その気分も変わりそうです。

皮膚の病気、顔面のシミ、あざ、やけど、怪我などでお悩みの方、
勝浦でもメイクを教わることができますよ。
こちら
先生が月に一度、出張でいらしています。
  1. 2010/08/23(月) 00:00:00|
  2. 心と体

めり子感電する

日中はセミ、そして日が暮れると、
バッタ達の声がすばらしい。

月並みですけど、合奏というのか、オーケストラというのか、
ひとつの曲を聴いているようです。
メインは、クツワムシ(多分)。
タカタカタカタカ…と、小さなカスタネットをたたいているよう。
その旋律には、強弱、緩急がついていて、
メロディーがやさしく静かになると・・・
うまいタイミングで、鈴虫がリーン・・・
合間に、スーイッチョ・・・
全体が静まり、
そして、第二楽章、というように、また合奏が始まる。

夜はコワイから来られないという方も多いですが・・・
夜の部の治療もオツです。
それに風が涼しいのです。

さて、犬の散歩で、メリーちゃんは、
水たまりや田んぼの水を飲むのが好き。
ジョイスは水あびをして、水に頭突っ込んで顔も洗う。

そうやって、田んぼの水辺にいたところ、
メリーちゃんがキャインキャインキャインと叫びました。

田んぼの際に張ってあるケモノよけの電気柵に感電した!

夕方だったから電気は通ってないと思ってたら通ってたのね。

ジョイスも一度触れたことがありますが、そのときは、
ウォッと声を発し、1メートルくらい?飛び上がりました。

アレは、どれくらいの電流が流れているのだろうか。


私もいっぺん触れてみたい。


いや、その誘惑に負けてはだめだ。


ところで、こぼれ種から育ったカボチャらしきものがずいぶん育っているのですが、
その中に、
ヘンな、楕円形の、ブチのある、毛の生えた実がなってるのがある。

カボチャじゃない、ハグラウリでもない、葉はスイカに似てるような気がするけど、
なんたって毛がはえている・・・
おいしくないだろう。
と、思って抜いた。

そのあと、生協の注文書を見ていて、ハッ!と気づいたんですが、
アレは冬瓜だった。
冬瓜なのだと気づいたのでした。
  1. 2010/08/21(土) 00:00:00|
  2. どーでもいい

なつやすみえにっき

昨日は東京のセミナーに行ってきましたが、都会の暑さは本当に厳しいものですね。
片道3時間位かかるんだけど、せっかく都会にきたんだからと、
セミナーのほか、レトロな商店街めぐりなどをしたりするのですが、
昨日は赤羽のスズラン商店街でインドカレーを食べ。
先週は、横浜、阪東橋商店街で韓国食材(どんぐりを固めた寒天みたいのとか)を買い。
そういう楽しみをつくらないと都会にでかける気力が起こらないです。ガンバレ(自分に)。

先日久々に治療に着て下さった方は、
夏休みに田舎の家に遊びに来ているみたい、とおっしゃっていましたが、
ウチでは、普段と何ら変わらない日常ですが、
隣のキャンプ場からは笑い声が聞こえ、
普段は真っ暗な夜にもテントにぽかりポカリと明かりが灯っていて、
なんとなくこちらの気分も、ウキウキしてくるこの頃です。

gennkinahatake
かぼちゃ、シソ、ゴーヤ、エゴマなどは、こぼれ種から勝手に生えてきました。
かぼちゃと思われるものからは、毛の生えた、ブチのある、ヘンな実がなっている。
キューリとゴーヤとモロヘイヤは毎日追われるように食べております。
biwa
これは種から育てたビワです。
まだ、実はなりませんが、「ビワの葉灸」では、
フレッシュな葉を、よく利用しています。

雨が降らない限り、犬は外のドッグランですが、
ときどきジョイスが
「アタシは、お座敷犬だから、お外はイヤダ」というのです。
doggurann


「何を言うのだ、お前は猟犬だ、犬は外」といって、外に出すと、
獲物探しに精を出し、穴を掘って木陰で昼寝。
ミカンの木の下が定位置です。
ひんやりして気持ちよさそう、私もここで寝たいくらいです。
寝ているとき近づくと威嚇されるので、メリーは少し離れて寝ます。
今シーズン、ジョイスが仕留めたヘビは、10匹は下らないでしょう。
メリーも真似をしているようですが、ジョイスよりは下手。

でも犬かきは、メリーの方が上手なのです。
おとっつぁんが海で泳いでいるのを見つけると、夢中で海に飛び込んだりします!
飛びこんでから、「あれ、アタシ泳げたんだっけ?」とあせったりするのでした。
meri-umi
きぶんは、夏休みですが、通常通り営業しております。





  1. 2010/08/17(火) 00:00:00|
  2. どーでもいい

おすすめです

窓ふきをしていたら、でかいアブが入ってきたので、思わず
ぐわわわぁ!!と叫ぶと、外のドッグランにいたメリーちゃんが
ギャンギャンギャンギャンと鳴きます。
私を心配してくれているのです。
「メリーちゃん、私は無事よぉ!」と声をかけるとなきやみます。

ところで、犬かきも練習次第のようです。
水かき(肉球)の大きいジョイスが泳ぎがうまいとおもいきや、
メリちゃんの方が上手です。
ジョイスは足が立つとわかれば躊躇なく水に入りますが、足がつかないと、
必死で前足をかくので、立ち泳ぎになっちゃいます。

ところで、ここに住むようになってからほとんど外食はしません。
そして外食するからには、「こんなのだったらウチでもつくれるじゃん」というものだとがっかり。
とくにいわゆるカフェめしというのか、大き目の皿にチマチマとかわいく盛られた
「喰った気しない料理」だとがっかり。
せっかくなら、シロートにはつくれそうにないものか、
こんなの初めて食べた~という料理を食べたい。
それじゃなければ、せめて、感動するほどまずい店、
ひどく妙~な店に入りたいものです。

そんな中、おおこれは、というお店をみつけました。
ナチュールさんです。
よく前を通ることはあったのですが、営業しているかわからないようなさびれてたムード(失礼)。
そして「自然食レストラン」とか書かれていると、ますます期待できない(偏見)。

そんな予測に反し、めったにないほどアタリの店だったのです。

特殊な材料を使っているわけじゃないけど、野菜や魚、素材そのものがぜんぶおいしい。
そして、これどうやったの?どうすればこんなにおいしくなるの?というような
とてもていねいなお料理。
冷やしたコーンスープの中に、
とうもろこしのおいしさを凝縮したような塩アイスが入ってるの(初めて食べた)やら、
ものすごく濃くてダシのきいたブイヤベースとか、(鮮魚卸売もされているらしいので当然か)
ただのトマトのサラダでも、離れていてもプワーンとトマトの香りがただよう位で、
プチトマトがわざわざ湯むきしてあったりする。
パンは酸味のある天然酵母。
デザートも4種類もでてきてびっくり、
チーズクリームとフレッシュな果物の入ったクレープ、
チョコレートケーキ、メロンの入ったエクレア、それともうひとつ(忘れた)とあり、
お皿にほんのちょこっととたらしてあるのが、
ほろにがい、ちゃーんと手作りのキャラメルソース。

量も味も大満足、それでこのお値段?というお店です。

勝浦、鴨川方面に観光の際にもおすすめです。
ペットもOKとのことでした。(私は連れていったことはありませんけど)
オーナーおひとりで、ていねいにつくっているお店なので、
あまり大人数で種類の異なる料理はできないと思います。
予約して行った方がいいと思います。
  1. 2010/08/06(金) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

しなやかな体

散歩の途中には、行水タイムをもうけているのです。

田んぼの小川や、海に入ったりするんで、
オバサンも最近は水着を着てでかけます。

車では行けない、誰もいない、ヒミツの入江。
gyouzui

ジョイスときたら必ず胸まで水につかり、顔も洗います。
gyouzui2

ふたりとも「犬かき」を練習中です。
いまだ、自分たちが水に浮くということを信じ切れていない模様。
gyouzui3

ところで、人体は膨らんだり縮んだりしている、とイメージしたことがありますか。

一生という単位で考えてみてもそうだし、
一年でもそうだし、月経周期や、一日という単位でも、
体は微妙に伸び縮みしている。

それで考えると、健康な体っていうのは、
伸びたり縮んだりしても、恒常性を保てること。

言いかえると、しなやかな体だと思うのです。

環境や気候、心の変化に、
柔軟に対応できる、自分のいい状態を保てる体。

この春からの気候の変化は、私にはとてもきつく感じられ、
体がついていけなくなりました。

気圧の変化は、体の内圧にも変化をもたらすと思う。
夏だったら、体がたるむ、ゆるむ、むくむ、だるい……だよーんとなってしまいます。
しなやかな体の人は、それにしなやかに体が応じ、
さほどそれがこたえないんだと思います。

心の面でいえば、状況の変化に柔軟に対応でき、自分の軸、
言いかえれば恒常性を保つことのできる人が健康と言えるのでしょう。

うまく、心・体の伸び縮みができないと感じるときは、
そのゆがみが大きくならないうちに修正を。

食事、生活習慣をちょこっと修正してみたり、
鍼灸やカウンセリングもうまくご利用をどうぞ。

あつい日々ですが、治療室はエアコンなし!
でも、窓にはいい風が吹き込んできます。
いまはヒグラシ、アブラゼミの声、木々のそよぎがBGMです。








  1. 2010/08/03(火) 00:00:00|
  2. 心と体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。