いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

眼底出血

患者さんが、
治療から帰ると、どういうわけか、
手がとってもスッベスベ!になっていたというのです。

どうしたのかしら、ハリの効果かしらと思い、
よく考えてみたら、
それは、熱烈歓迎しすぎの、
ウチの犬達の、
ヨダレだったことを思い出されたそうです・・・

イヌの食器は、洗っても洗ってもヌルヌルがとれないけど、
イヌのヨダレって、いったい何が入っているのか。

化粧品の保湿成分にできないものか。

ただし、このように熱烈歓迎するのは、イヌ好きなお客様がいらしたときだけで、
通常は、治療中は、外のドッグランか、
台所につないでいますから、イヌの苦手な方もご安心ください。

しつけの行き届いていない我が家の犬たち、
呼んでも来ないこともあるというのに、
なぜか、
「今からお客様が来るからコッチおいで」というと、すぐに来て、
「ハイ、お仕事ですね。ワカリマシタ。」といって、おとなしくつながれます。
そして、治療室には、戸をあけっぱなしにしても入りません。
これは教え込んだわけでもないのに、
やっていいことと悪いことはちゃんとわかっているのですね。

ちなみに、イヌは、私のことはなめません。
このオバサンをなめちゃいかんということもわかっている。
ときどき、「どうしても親愛の情を表したい、ワタシ」と、私を見つめることがあって、
お風呂に入る前なら、ちょっとだけ顔をなめさせてあげることも
あるんですけどね。

ところで、4月半ば、体調管理で1,2週に一度いらっしゃる方が、
病院で調べたら眼底出血が起きていたということをおっしゃったので、
すぐに鍼で処置をしておきました。
もう少しずれていたら、視力に影響を及ぼしていたという、大き目の出血だったそうでした。

それから3か月弱、その方が、他の眼科にかかったら、
「眼底出血の痕跡などない」
と言われたそうなんです。

出血の跡は、時間がたてば自然に消えるものなのか、
私はよくわからないし、確たる証拠もないのですが、
私としては、ああ、ハリをやっておいたからだろうな、と、思っているのです。

その方が定期的にいらしていたことと、診断を受けてすぐ、話してくださったのが
よかったとも思うのです。

治療の際にはいろいろお聞きしているつもりですが、
これはハリでは治らないだろうな、関係ないだろうな、と思うような、
過去の病歴、気になる症状も、一応お話いただけると、
意外にも、鍼でお役に立てるものがあるのではと思っています。



スポンサーサイト
  1. 2010/07/16(金) 00:00:00|
  2. 鍼灸/目の症状

心の警告灯

我が家に至る、ジャリ道は、市道なのです。
エアロのついた車が入りにくいというお声を聞いていましたし、
雨だとよけい道が悪くなります。
あんまり、凹凸がすごくなってきたので、市に頼んで、ジャリとコンクリの粉を入れてもらいました。
ちょっとはマシになったのか・・・どうでしょうか・・・

ガッタンボッコンが、

ガタボコ、くらいには、なったような・・・

それと、この雨の季節、
ウチの玄関土間は、

ネズミのションベンのニオイがする気がします。

イヤ、住んでいるとだんだんわからなっちゃって・・・

お香を焚いてはいるのですが。

今は、ネズミはいませんので、ご了承願います。

それでも、当治療室のBGMは、ナカナカです。
雨や嵐のときほど、ウグイスは軽快に鳴いてくれますし、
夕刻には、このところ、希少な、ヒメハルゼミ(?多分)の、シャアシャアという声、
竹のサヤサヤゆれる音、
バランバランとやかましくもある雨音も、なぜか心地よい。

いらしただけでも、心身の疲れの取れる空間であると自負しております。

ところで、今朝、やな夢を見たのです。
自分のウッカリぶりに、実際に後悔したり反省したりすることが多いし、
そういう夢を見ることも多いのですが、今朝のは本当にイヤでした。

新車を買った。(軽トラ)
軽トラほしいので、軽トラが夢にでてきた。
それを、1回目の運転で、横転させ(どういうわけか、ウッカリ寄りかかったら横転してしまった)、
廃車にしてしまう、という夢です。

なんつっても、買ったばかりの新車!!!

自分のウッカリの過失。

またもやってしまった。

ガックリ。

後悔先にたたず。

反省しても反省してもしきれません。

本当に落ち込みました。

目が覚めて、夢だとわかったときには、ああぁ、本当にホッとしたのです。


ところが。それで終わりではなかったのです。

その夢は、私の潜在意識の警告灯が、ピッカンピッカンしていて、
それが見させた夢だったに違いない。

朝ごはんを食べながら、ふっと思ったんです。

携帯どこやったっけ。
昨日、イヌの散歩のとき、いつもは、ウエストバッグに入れるけど、
なぜか、ずぼんのポケットに入れたっけ。

そのずぼん・・・


洗濯機に放りこんだっけ。


ああぁ、本当にガックリです。
新車ではなくてよかった、と自分をなぐさめました。


ところで、ここしばらくいろいろお世話になっていることを書いたのですが、
お世話になっているといえば、間先生です。
この先生は、「存在自体が、癒し」、みたいな方で、
先生に会って安心感を感じない人はいないでしょう。
このような安心感を与える物腰、存在感は、身につけようとしても身につくものではなく、
生まれついての才能のようなもので、うらやましい限りです。
よく話を聞いて下さるので、それだけでも心が楽になるのです。
特殊なハリのテクニックもマスターされていて、鍼灸師や学生への指導もされています。
市原、千葉方面の方にはおすすめです。
学生時代は、先生のお宅で勉強会が開かれることがあったのですが、
そのとき出して下さる料理がものすごくおいしかった。
いつもどんだけおいしいものを食べていらっしゃるのか?

あと、ヒーリングでお世話になっている、マローさん
体調不良や、疲れているとき、ハリや、マッサージ等の刺激ではなく、
ただ、やさしく背中をなでられたいようなときなどないでしょうか。
そんなとき、レイキヒーリングはいいです。
手を当てていただくだけですが、私はかなりの体調不良の寒い日、
とっても丁寧にやっていただいて、
帰りは、まるで温泉に入った後のように体が楽になり、ホッカホカでした。
いすみ市近辺の方おすすめです。
私は、個人的には、
レイキヒーリングは、ぜひもっと、病気の方にも積極的に利用していただきたい、
特に関節リウマチの方などにいいのではないかと思っております。
(イギリスあたりでは、ヒーリングは健康保険が効くと聞いたことがあります。
看護婦さんも、勉強され、臨床に生かされているみたいですね。
日本もそうなればいいのに。)
とても繊細なやさしさを持った方で、お店の空間も素敵です。
それと、その人の体調や好みに会った、ハーブティもブレンドしてくれます。通販も可。
とてもおいしいです。

ちょこっとご紹介でした。
  1. 2010/07/07(水) 00:00:00|
  2. 心と体

人のために

日曜は東京にハリ、月曜は埼玉にカウンセリングの勉強。
この季節、東京の人ごみの中に行くのは苦痛ですが、
行ったら行ったで、良かったと思います。

シータヒーリングは1回受けただけでもパーっと楽になる、即効性を感じますが、
日々、いろいろなことに直面し、考えや行動はどんどん変化している。
ウォーキングを1週間やって体調が良くなったからといって、
それをやめたら元通りというのと同じようなもので、
まったく気づかないうちに、軸がずれていっていることがあります。
カウンセリングは即効性はないのですが、健康維持と同じようなもので、
続ける価値があります。
このカウンセリングの勉強の場は、ぶれた軸を修正する所、と、
言っている人がいましたが、
今回も、自分の「ぶれ」に気づく機会が与えられました。
チカ治療室のカウンセリング(&シータヒーリング)も、
うまく利用していただけたらと思います。

さて今回メモしてきたことの一部を、自分なりにおさらいしてみます。

「あの人のためを思って」。
一生懸命、人につくしたり、与えたりすることがあります。

「あなたのためを思って・・・」と言われた場合、
それを受けた側だと、どう感じるでしょうか。

うれしかったり、
ありがた迷惑だったり、いろいろでしょう。

「人のために」のスタートラインは、自分。

相手が、ありがた迷惑に感じる場合は、自分でも気づかぬうちに、
自分が思うような良い結果にもっていきたいという、
操作する思いがあるし、それが伝わっちゃうんですね。

一方、「その人の身になって」。

自分の身になって相手が思ってくれている、と感じたときはどうでしょう。

何も言ってくれなくても、してくれなくても、わかる。
気のきいた言葉、配慮をもらわなかったとしても、
エネルギーがもらえる。

その人の身になる、ということは、とても想像力のいることで、
その想像力が、カウンセリングに必要な共感力だと思うのです。

私は、自分の病気が悪化して初めて、それに気づきました。

昔、自分の病気について、ホームページに、
こんなもの、痛くもかゆくもないし病気のうちに入らない、
病気と思うから病気なんだ、という意味のことを
書いた覚えがあるのです。

しかし悪化してみると、いかに無神経なことを書いていたかに気づくのです。

病気がひどくなったら、そして、ひどくなる過程は、
そんなことは考えたことがありませんでした。

実際になってみないと、経験してみないと、わからないことが多いです。
だから病気や試練のようなものは、与えられるのかもしれません。

しかし、体験したことがないことでも、
「その人の身になって」という想像力を働かせられる人は、本当にすごいです。

少しでも、働かせる余裕を持てるようになりたいものです。
  1. 2010/07/06(火) 00:00:00|
  2. カウンセリング

おもひで

そうだ、先日のブログを見直して思い出した。

私は鍼灸学校をよくサボったのでした。

相模原の家から、千葉の鍼灸学校まで約3時間。

朝6時50分に家を出て、学校に着くのは10時。

しかも、超ラッシュ時間。スシ詰めの電車。

学校にたどりついたときには、それだけで疲れ果て、そのままバッタリと倒れそうでした。

特に、いまみたいな、ムワーンとした季節なんて・・・

特に、私の夫のように、大柄で太った汗っかきのおじさんが、隣に座った日にゃ・・・
そのしめった腕が、私の腕にピトリと貼りつく・・・逃れる術はない、耐える・・・
隣のお姉さんが眠って私にもたれかかり、そのながーい髪の毛が私のほっぺたをくすぐる、
逃れられない耐える・・・

耐えられない日にはサボったのでした。
そうすると、いつもひしぬまさんが、きれいにノートをとったのを、
コピーしておいてくれた。
いつもいつも!
学校を卒業できたのは、
いんや、鍼灸師になれたのは、ひしぬまさんのおかげと言っても過言ではありません。

そんでゴハンおごってもらって。
ぬかみそもらって。
ご恩返しをできなくてすいません・・・
ちなみに、ひしぬまさんは、「スター誕生」に出たことがあるという。すごい。
って、こんなこと書いていいのでしょうか・・・

どうでもいいことでした・・・

それで急に思い出したのは、20代の頃、横浜に住んでいたときの近所のキョーコさんです。
キョーコさんは職場の同僚でもあり、面倒見のいい方だった。
なんとなく雰囲気がひしぬまさんに似ていて、お姉さんみたいな方で、思い出すのです。
私は、妹たちと住んでいたんだけど、ある日、マンションのカギを忘れた。
家に入れない。
それで、キョーコさんちに行き、すいません、家に入れないので時間潰させてくださいと言った。
キョーコさんは、子育て中。
それもオヒルネタイム。
しかし、「いいわよ~、私子供と昼寝するから、勝手にしてて」と言ってくれ、
私も勝手に昼寝した。

子育て中の、ひとんち押しかけて、
そんでもって、昼寝・・・
キョーコさんは、タケノコくれたし、ごちそうもしてくれた。

ごちそうされっぱなしで、ご恩返しをしていません・・・

なんとずうずうしいのか。

でもそのことを、しばしばありがたく思い出すのです・・・

ご恩返しをしていなくても、思い出す。
そんな、思い出される人と言うのは、ご本人は知らないだろうが、すばらしい。

それにしても若いと、どうしてどこでも眠れるのか。
その頃は、満員電車でも立ったまま眠っていました。

座っている人の前で、吊革につかまり立ったまま、
窓に、アタマをガンっ!ガンっ!っと何度も何度もぶつけながらも、眠っていた。

すごい姿だ。どれだけ前のめりになってたんだ。
  1. 2010/07/03(土) 00:00:00|
  2. どーでもいい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。