いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新記録

konnnajyoiko
こんなじょい子ですが、
ご存じのとおり、恐ろしい犬です。
オフ会やドッグランでも、ブログをご覧の方に声をかけられました。

「この犬・・・
ヘビ食べるんでしょう?」と。

いえ、食べませんが、
ヘビのハンティングが趣味で・・・

今年に入って、もう・・・

5匹殺しました・・・
新記録です。



kokodoggurann
ここ、ドッグランなんですけど、
獲物探しに夢中。
(メリーちゃんは、虫をバラバラにするのが得意)

さて昨日は講演会だったのですが、
楽しいお話と、うっかり聞き流していると、深い内容だったりします。

私が心に残ったのは、
ごくさらっとおっしゃった言葉ですが、

「現代人が、なぜ光を見いだせないのか?」ということ。

それは、「まぶしすぎるから」、だそうです。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/30(金) 00:00:00|

おすすめ

jyoimeriumi


去年は、シータヒーリングというものを知り、ずいぶんそれに取り組みました。
一番最初にシータヒーリングにひかれたのは、言葉の持つ力、
言葉の癒す力でした。

シータヒーリングをやっていると、その人の中にある不必要な思いこみを
探すあまり、つい、質問ばかりしてしまうことがありました。
それが良い方向に働けばいいけれど、自分のはどうだったかしら?と考えました。
カウンセリングとシータヒーリングは、まったく異なったものですが、
私の学んだカウンセリングの基本に、いまいちど立ち返りたいと思ったのでした。

それで、また初心にもどり、勉強に東京まで通っています。
同じことを学んでいても、さらに深く自分にしみ込んできている気がします。

言葉の力。
私がカウンセリングを学んだ田中先生は、現在のスタッフである、
カルト宗教の幹部であったK先生を、
たったのひとことで脱会させました。
たったのひとこと。

数回、カウンセリングに関するセミナーをしましたが、
ちょっとだけ、「本音の声をきくこと」について説明しました。
裏面交流といいますが、口で言っていることではなく、
その奥に、その人の本当の心の声があります。
それは本人でさえ気づいていないものです。

「何を言っているのか」、ではなく、
「何を言わんとしているのか」。
それを聴くのがカウンセリングです。
先生はよく「いのちことば」とおっしゃいますが、
心の声を聴き、それを理解する、
田中先生の「たったのひとこと」は、カウンセリングテクニックを越え、
K先生の心の叫びを代弁する、いのちことばだったのです。
K先生はその言葉を聞いたとたん号泣されたのでした。

その田中先生の講演会が29日(今週木曜日)に横浜であります。
「なにこれ漫談・・・?」と思うような楽しい講演です。
平易で愉快なお話、その中に、奥深い感動を味わえます。
必ず、元気を持ちかえることができるでしょう。

絶大にお勧めの講演会です。
もちろん私も行きます。
  1. 2010/04/23(金) 00:00:00|
  2. 心と体

膝痛講座

膝に水がたまったり、
病院では、変形性膝関節症と言われると、治らないだろう、
難しいだろうと思っている方がいらっしゃいますが、
そうでもないんですよ。

今回膝の痛みを改善する講座をやりました。
膝が腫れ,病院では変形性膝関節症と言われた方、
歩くと膝がガクガクし、買い物していると歩けなくなってくる方・・・

痛む動作、部位を念入りに確認し、
説明しながら、家庭でもできる簡単な治療方法をやっていきました。
やった後、また念入りに痛みを確認します。

このとき大事なことは、「なんとなくいいかんじ」ではなく、
必ずどの程度の痛みが残っているのか、確認していきます。
「くれぐれも正直におっしゃってくださいね」と言います。

簡単な治療後、
最初に痛かった動作、
膝の屈伸、立ち上がり、階段の上り下りの動作をしていただきます。

「ハレ?、痛くない、踏ん張れる」

最初に痛かったポイントを、改めて押してみると、
「フシギ~痛くない。本当に痛くない」

いらした方々は、状態が軽かったのか、簡単に痛みが取れてしまい、
こちらも拍子抜けしてしまいました。
困った、1時間以上時間が残ってる・・・

あとは寝そべって、痛みの改善の簡単な運動をしていただきました。
すると一人の方が、
「あら?寝返りが打てる」
この方はここしばらく寝返りを打つ動作ができなかったそうです。
それもできるようになるという、おまけもつきました。

この方は健康体操にも参加下さっているのですが、
肩がコキコキするので、そのコキコキをとる腕の動きの方法をお伝えしたところ、
肩もスムーズに動くようになったといいます。

う~ん、鍼灸治療やらないでも、これだけよくなってしまうんだからいいですね・・・

お友達やご家族で、膝に限らず、関節の痛い方、いらっしゃいませんか。
2~3名集まれば、また随時やりたいと思います。
気になった方はご連絡くださいね。
  1. 2010/04/18(日) 00:00:00|
  2. 鍼灸/腰、下肢の症状

ドッコイショウグイス

しかし、我が家の庭で鳴いているウグイスの声を
よくよく聞いてみると、その、イントネーションは、
「ホケキョ」、の「ケ」の音がちょっとだけ高めで、
ああ、これは、去年、「アードッコイショウ」と、鳴いていたウグイスなんだわ、
鳴き方が上手になっただけなんだわ、とわかったのでした。
窓にぶつかってきたウグイスは、ドッコイショウグイスなんだろうか。

夜、チロリン村キャンプ場のあたりには、
野ウサギ、シカ、イタチ、タヌキが、かわるがわる現れるので、
治療においでになる方は、夜間の走行は、お気をつけください。

もうしばらくすると、道路はカエルだらけになり、
踏まずに運転するのは不可能になります…

kisasaage
イヤリングみたいなキブシの花

umitoinu
海とイヌ




  1. 2010/04/10(土) 00:00:00|
  2. 虫 動物

うぐいす子ちゃん

そういえば、今年は「あードッコイショウ」と鳴く、ウグイスがウチに来ません。
去年の秋ごろまで、鳴いていたはず。どうしたんでしょう。

ウグイスの鳴き方にもいろいろあって、
近くの橋のたもとをナワバリにしているウグイスは、
「ほ~ホキョキョキョ」と鳴きます。
この子は、去年もおととしも、ここにいるのです。

けさは、風にあおられて飛んできたウグイスが、ウチの窓にぶつかってきて、
気絶しました。

猟犬じょい子は、フリーズ。
めり子は興奮してギャンギャン。

uguisuko
目覚めてぼぉ~っとしてる、ウグイス子。

jyoisumitumeru
凝視するジョイ子。
(この後、そばでギャンギャン吠えるメリーを、
「オメー、ウルセ、ウルセンダヨ。ウザイ!」と言い?絞めた?らしい)

uguisuko2
なにをねぼけたんだか、網戸と窓ガラスの間に入ってしまった、ウグイス子。

よかった、怪我はなかったらしい。その後知らないうちに、ウグイスはいなくなってました。

春のオサンポ道。
harunoposannpo
お隣のキャンプ場は、桜がすばらしくきれいで、泊まるのには今が最高です。

治療室の窓の外は、今、野生のスミレがいーぱい、花盛りを迎えています。

サトイモ植えるかぁ…面倒だな…
ここにきて3年目で、自分は農業には向いていないことがわかりました。
harunoogawa
春の小川と、タンポポと、草食べるめり子。





  1. 2010/04/08(木) 00:00:00|
  2. 虫 動物

冷え症改善

ここ3日ほどセミナーに行っていたんですけど、
会場まで片道3時間半ほどの道のり。

3時間だったら日帰りなのですが、
これは、宿をとるか微妙なところ、でも日帰りで行ってきました。
やっぱり、ウチに帰ると癒し犬(イヤシー犬)が待ってる。癒しオヤジもいる。
そう思うと息苦しいビジネスホテルに泊るより疲れないような気がします。
そして、寝る前には、寝る時間を削ってでも、鍼灸をやります。
やると、次の日寝起きが軽いんです。全然違います。

朝の電車はさむかった。
さむくてさむくて、寒風吹きすさぶ屋外にずっと座っているようでした。
通勤の方々は、心得ていて、ショール等でグルグル巻きになってる。
でも、私の体、変わったなーと気づきました。
今までなら、足が氷のように冷たーくなって、そのままもどらない。
カイロを貼っておくと、カイロが足によって冷却されてしまうほど。

昔、鍼灸学校に通うのに、
相模原から千葉まで、京王線、都営新宿…片道3時間かかって通ってたんだけど、
この電車の中は、拷問でした。
出かける前には、足湯&お灸。
そしてもちろん、厚着にカイロ、フリースのひざかけ、防寒対策は
ばっちりだったのですが、足は凍結。
さむくてさむくてトイレを我慢するのも大変で。
本当にひどい冷え症だったんです。

今は、足はホコホコあったかい。
オシッコも近くない。
この足があったかいだけでも、体の快適さはちがいますね。
冷え症は、変えられますね。

治療室でも、足湯は用意していたんですが、足湯って、
いったんあたためても、さめるのですね。
今は、脚温器に変えましたが、これがマァすんばらしい。
私の人生を変えた脚温器ですね。
患者さん用というより、自分用に愛用してしまっています。

足をあったかくするには、
基本は、歩くことですね。

あと、5本指靴下だとか、靴下重ねばきしたりして、
気を使ってらっしゃる方も多いですね。

ただ、足の先をあたためるのも大事ですが、
真の冷え症は、それでもつめたくなっちゃうんですよね。

私思うんですけど、もっと大事なのは、
スネとモモの方をあっためることだと感じるんですね。

あと、下腹部をあっためるより、ヘソですね。
ヘソあっためる方が体はあったまるんですよ。

大腿、下腿、ヘソ、あっためてください。

ところで、花粉症は、いまだ出ない。
本当に治ったのかも。
それなら奇跡だ。






  1. 2010/04/01(木) 00:00:00|
  2. 心と体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。