いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桑の木

meri-suto-bu
めりーちゃん、ストーブ近すぎ。

うちでは24時間薪ストーブが燃えています。
毎日なにかしら煮込み料理ができます。今日は、手羽先とゆで卵。
一人暮らしのときは、薪運んで、玉切り、割って、積んで…という作業はかなりの重労働でした。
でも、あのターシャデューダーさんは、やってたんだから、90代で。
ということを励みにやってました。

1年目は、薪を買わなければ足らなかったので、多分ものすごい燃料費がかかったと思います。
今はタダ。
薪は自然とみつかるもんなんですねえ。

先日は、薪がいらないか?と、わざわざ電話をいただきました。
本当に感謝です。
私はすぐさま欲しい!と思ったのですが、
今は薪管理責任者は夫なので、夫に聞くと、
薪整理にヘキエキしていた夫は、このままでは「マキ屋敷」になってしまうので、いらないと…

私は、厳寒期に薪がなくなってしまった心細さを知っているので、
貧乏性というのか、できるかぎり、薪をため込みたいという思いがあったのですが
ご親切な思いだけ受け取りました。
ありがとうございました。

薪に最高なのは樫の木です。
うちの裏は樫の林だし、このあたりの海沿いにも樫の木が多いですね。
あと桑。
電話をいただいたTさんに、以前もらった桑の木は最高でした。
高温になり、しかも火もちがいいのです。
うちの庭にも、雑草のようにひょろひょろと、桑はやたらと生えてきますが、
桑も大木になるとすごいんですね。
見事な桑でした。
ジョイスは、桑の実が大好物。(わたしも)
桑の実の季節には、口をまっくろにして、犬と桑の実たべあるきしたものです。
私たちが暖をとった桑の木も、たくさんの実を実らせたのでしょうか。

いらない木を、ただ野で燃やすより、
木としても、うちのストーブであったかいね、と言われて燃える方が、
その命をマットーするのに、
本望なのではないかと思うから、私としては、お断りしたのが心残りなのかもしれません。
いえ、木はただ生えているだけですばらしいわけですけど。
役に立とうと立たなかろうと。
またいらない木があったらこれにこりずにお声をおかけ下さいね…

ちょっと前、ダイナミックに切られていた、近所の神社のイチョウの大木。
あれも気になっていました。
ズバッと真ん中で切られたイチョウ。
あれどうなったのか。
とてもみごとなイチョウだったので、
ちょっとショックで、ドキドキして、しばらくはイチョウのそばは通らなかった。

大丈夫、大丈夫、イチョウはすごくたくましいよ、
また大きく茂るから、
と自分に言い聞かせていますが。

で、切ったのどうしたのだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/29(金) 00:00:00|
  2. 木草花

他人というスクリーン

あるカウンセラーの先生がおっしゃっていたことを思い出します。
「カウンセリングが成功するかどうかは、セッションをしていてすぐにわかる」


それは、

クライアントさんが「自分の心の声」を、聴けるかどうか
に、かかっている。ということでした。

ミニセミナーにご参加下さった方々ありがとうございました。
個性的で魅力的な方々ばかり。
そして、「自分の声」を聴こうとされている方々でした。

他人や、状況(もしくは社会、環境、世間etc.)に、問題があったとして、
あの人(の考えや、やってること)、もうちょっと改めて、なんとかすればいいのに!
と思って、こちらがイライラするなど、不愉快な感情が強く引き出されることがあります。

そのとき、「なぜあの人は…」と、その人の問題だと考えているかぎりは、
どうどうめぐりです。

なぜなら、あの人の問題は、こちらで変えることはできないのです。
どんなに問題が大きく、その人が苦しみ、悩んでいても、
他人に多大な迷惑をかけていようと、
本人がそれを変えようとしないかぎり変えることはできないのです。

ここで、「あの人の問題」でイライラしたり、ムカムカしたり、悲しくなったり、なんとかしてあげたいと思ったり…
自分の心の何が、その人の態度や言葉に、反応したのか、
その声を聴いていく、てがかりを提供させていただきました。

「問題をかかえている他人」
に、映し出されるのは、実は、自分のテーマです。
他人の課題は変えられなくても、
その「問題のある人」を通して、自分の課題を知り、自分が幸せになることは可能です。

このセミナーの準備をするに当たっては、
私自身、吐き気がするほど、自分の心と向き合うことができました。
本当にありがとうございました!

  1. 2010/01/26(火) 00:00:00|
  2. カウンセリング

ヤブツバキ

ふゆやすみは、雪の中で遊びました。
yukitoinu

が、うちに帰れば、庭にタケノコ。
haru
はつもの。
ここに住むようになって、季節の変化に敏感になりましたが、
冬至を過ぎたときには、春はもうやってきているのを感じます。
寒さは増しているのに、空気が違うのです。

ところで、先日、お茶の水にロシアの先生の、
カウンセリングセミナーに行きました。

お茶の水といえば、以前、お茶の水鍼灸・指圧センターでお世話になっていたし、
絵の個展でお世話になったことのある、淡路町画廊があります。

セミナー会場のすぐ近くが画廊なので、ご挨拶でもと、行ってみました。


景色が変わってる……
しかし、画廊はめだつのですぐわかります。
だって、緑があるのがここだけ。


garou1
完全に、ツタに埋まっています。
残念ながら祝日でお休みでした。

脇には、トラックが横付けされ、工事中。
工事のおじさんの間をぬって、写真を撮りました。

「再開発地域」
と、なってました。

どでかいビルでも立つのでしょうか。


画廊は、呑みこまれてしまうのでしょうか。

この画廊は、大正時代に建てられた蔵です。
歩くと板の床がギシギシ鳴る。
ギシギシしながら、階段を上る。
とても不思議な空間です。

こんな空間は、新しくつくろうったってつくれないのに。

こうして、ツルピカっとして、パアっと明るい街がつくられていくのでしょう。


つまらない。

garou
さびしい。

画廊に張りつくように、赤いツバキの花が咲いていました。


  1. 2010/01/18(月) 00:00:00|
  2. 木草花

トムじゃなかったのつづき

あたしら、
親友~♪


atasira


モーとにかく、ジョイスも私も、旅行から帰ってきてから、ほとんど寝た気がしてない。
パきっとか、カサ、という音で目が覚めてしまう。
メリーはよくねてるけど。
そんな憔悴したおばさんが、イワシ揚げてた、
そのときだった。
ちゅーちゅーちゅーちゅ~~~っ
どどどどどどどどど

と、いう、それはそれは騒々しい、かわいい声!

犬たちも騒然。

ちゅうちゅちゅちゅう~ちゅーちゅー!!!
どどどどどどどどどどど
からんからん


ギャーーー
トムじゃなかったんですよ、出没していたのは。
多分トムの奥様。
そして、恐れていたことが・・・

お子様たちが、生まれていたんだよぅ。

からんからん、というのは何の音だかわからない、
なにが起きてたんだか、わからない、ケド壁の中で、
一大事が起きていたらしい。

nenntyaku
ジョイスは、粘着気質っていうのか、音のする壁から離れない。

でも、その声をたどって、やっとやっと、
手さぐりでしかみつからない、出入り口の穴を見つけた!

応急処置で、ガムテープでふさいだ!
gamute-pu
ア、絵がさかさま、でもそれどこじゃなかった。

揚げ物、中断。

煮物は、こげた。

次の朝、
ガムテープは、
食い破られていた・・・
  1. 2010/01/13(水) 20:00:00|
  2. 虫 動物

トムじゃなかったんだよ

kyanndexi
おばさんのハモニカにあわせて「キャンディキャンディ」をうたっているところ。

夕食の支度をしていました。

あした、オリブ(スーパー)が、休みらしくて、
魚が半額だったのよ。
新鮮な背黒イワシを、大量に買い(なにしろ、100尾近く入ってたのでは?)、
犬たちには煮て、
あとはマリネにしようと、せっせと揚げていました。
せっせせっせ、せっせせっせ、

そのときであった!

だめだぁ~、もうくたびれた、モーだめだ…つづきはまたこんど。
  1. 2010/01/12(火) 00:00:00|
  2. 虫 動物

トムの奴

夜も更けようというのに、
「犬のおまわりさん」を、ハーモニカで吹く、
おばさんの姿があった……

犬のメリーちゃんは、おりこうになりすぎて、
あまり吠えない犬になり下がっており、役にたたない。

犬たち鳴いてくれ、
それがお前たちの仕事なのだ。

鳴かないんで、おばさんハーモニカを取りだしたのだった。
犬たち歌う。
ガオォォーーーーン、ガオォォーーーーン、
おお、ジョイス、迫力があっていいぞ。
ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん
いいぞいいぞ、メリーも遠吠えはできないけど、勢いがあってよろしい。

この家には、猛獣がいるんだ。
すごい猛獣たちがいるんだぞ。

それを、ネズ公トムに知らしめるために、おばさんは、ハーモニカを取りだしたのであった。

そうしたら、昨夜は、出なかった。

夫は、こういうときこそ「シータなんたら」で追っ払ったら?というけど、
もうおばさんの憤りおさまらない。
カワイイ、カワイソウ言ってらんない。おばさん容赦しない。
nezumitori
(ゴキブリホイホイみたいな粘着式のも、チーズを入れて仕掛けたけど、
当然と言えば当然、最初にかかったのはメリーだった…)

husiana
コレ怪しい、とガムテープでふさいだ節穴。
これをふさぐだけで、一件落着してほしいよ・・・
  1. 2010/01/09(土) 00:00:00|
  2. 虫 動物

野生王国

冬期休暇から帰ると、我が家に、なにかしら、異変が起きているのを感じた。


あるはずのものが、なく、



あってはならないものが、ある。



そんな、状況。

ナイナイ、ナイ!
畑のブロッコリーの葉も、芽キャベツの葉も、カブの葉も。
nai
そして、そろそろ収穫しようと楽しみにしていた・・・・
たわわに実った、こうじミカンも、
キレーサッパリなくなってる!
あるのは投げ捨てられた、皮だけ。

そして、決してあってはならぬもの、


おびただしいネズミのおみやげが、室内には残されており、
それの掃除で、新年は、始まったのであった。

ネズミシカサル天国より、謹賀新年。

tomodati
メリー、ふゆやすみに、おともだちデキタノー!
チョーなかよしなノー!
メリーシアワセ~。
  1. 2010/01/06(水) 00:00:00|
  2. 虫 動物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。