いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

めり太流アピール

以前しつけ教室の先生が、ゴハンの前の「マテ」はやらせても意味がない、
とおっしゃっていて、
それもそうだな・・・飼い主にも何のメリットもないし、と思い、
ジョイスにはやってませんでした。

でも、必要なときもあることがわかりました。
特に愛護センターにいたような、他犬との生存競争を
くぐりぬけてきたような犬には・・・

めり太は、普通にゴハンをあげようとすると、すごい勢いで飛びつき、
床に置く前から、お皿に頭をつっこんでしまいますので、
食べる前はマテをやるようになりました。

食べ終わった後も、いつまでも、空のつるぴかになったお皿を
せわしなく、なめています。
内側も外側も・・・
お皿が動くんで、がらんがらん
音がします。

これって、なごり惜しくて舐めてるんじゃない気がする。

おばさんにアピールしてるでしょう?

ガランガラン!
「オバサン、お皿空っぽなんだけど!?」

ガランガラン!

「ちょっとっ!
おばさん!
なんにもないんだけどっ!?」

ガラン!ガラン!ガラン!ガラン!


うるせえよ!
もうねえよ!

スポンサーサイト
  1. 2009/03/26(木) 00:00:00|

シンデレラ

う~さん宅から、巣立った犬たちのオフ会に行ってきました。

厳しい生い立ちにもかかわらず、
今は、わが子として、大事に大事にされている、そんな犬たちを
ナデナデさせてもらって、いーっぱい幸せを分けてもらいました。
みんな、個性的で、かわいくて、たのしかったです。
オフ会の企画をされたり、場所の下見をされた方々は、
大変だったと思いますが、おかげさまで、すてきな時間を過ごすことができました。

しかし、そんな中、
う~さんに、「この犬、もう返すの無理ですか?」
「今募集中の、ハッチちゃんと取り替えられないですかねぇ?」などと、
のたまっている飼い主がいたのです。

しんじられません!

トライアル期間は過ぎたので、もう返せません!(ガックシ・・・)

一生、オッカナイおばさんと、イジワルな姉のもと、
生きねばならぬ、いたいけな少女がここにおります・・・・・

おねいちゃんは、フカフカのクッションの上。
いたいけな少女は、床の上です。
いうことをきかなければ、リードにつながれてしまいます。

itaike

でも、大丈夫!
少女は、どんなに叱られても、叱られても、
くじけないのだから・・・・

そして、へこまない!

もちろん、絶対に反省しない!
強靭なハートを持っているのだから・・・・

めり太、きょうもげんき!
ぎゃん!
↑さて、叱られた後に、めり太がこういいました、
さて、なんていってるのでしょうか。

「オレ、くじけないわ」??
いえいえ違います。



[シンデレラ]の続きを読む
  1. 2009/03/21(土) 00:00:00|

バッチフラワーレメディって高いなと思う

バッチフラワーレメディを利用される方が、少しずつですが、増えてきました。

はっきり言って、市販のレメディ1本、数千円ですから、高いですね・・・・
その人の性格により、よく使うものはあると思いますが、
感情は刻々変化するもの。
いちいちビンを買い足していたら大変でしょう。

そして、このレメディをつくった細菌学者でお医者さんでもあるバッチ博士は
「お腹がすいたから、庭からレタスをとってきて食べよう。
恐怖心から病気になったので、ミムルスを飲もう。
こんないいかたができるくらいに、簡単にしたい。」と、
本来そういう使い方を希望されていたのです。
そして、かつて研究した論文等を全て燃やし、注射器やワクチンも全て廃棄し、
レメディにささげた人です。 
これは今から80年ほど前のことですが、様々な療法がある中、
絶えることなく、今まで世界で受け継がれ、利用されているのは
全く体に無害で、効果があったからです。

ということで、こちらではコンサルテーションにより、
そのときの状態にあったトリートメントボトルをお出しして、
気軽に利用できるようにしているのです。

バッチ博士の考えはおおまかにいうと、こういうことです。

体の病は主として肉体的原因によるものでなく、本人の正常な幸福感に干渉する
乱れた心の状態、ムードによるものであること。
それが放置されたままになっていると、体の器官や組織の働きをも乱し、
その結果病気になる。
それは心(マインド)は、どの民現にあっても、精神的肉体的状態を絶対的に司るものだからである・・・と。

心が、正常な平和と幸せな気持ちを回復すれば、体の制御も完全さを回復していく。

私はその考え方に共鳴し、また実際に使ってみて効果があるので、
多くの方にも、こんなふうにシンプルな方法があることを知って欲しいと思い、
レメディを扱っています。

心労、憂鬱な気持ち、怒り、恐怖・・・・
それらを、「見ないこと」にして放置せず、意識化し、
また、 気軽に、レメディの力も借りてみてはいかがでしょうか。

さて、この効き方ですが、
「精神安定剤」のようなものでもなければ、
ここは、一発、景気づけよう!と飲む「ユンケル?」のようなものでもなければ、
なにかすばらしい自分に「変身」できるものでもなく、
不思議なインスピレーションの啓示がある?ようなものでもありません。

そういえば・・・というかんじで、気になっていたムードがポジティブなものに
変わっています。
たとえば、ヘザー(人をつかまえては、自分のことばかりしゃべってしまう)状態の場合、
それが、プラスに生かせる状態
━誰とでも仲良くでき、他人の心にも共感できる状態、
に、なっていけるでしょう。

また、気になっていたことに変化がない場合もありますね。
先日、「効果を感じないけれど、もう少し続けてみた方がいいか?」という質問を
お受けしたのですが、その場合は、レメディが合っていない場合が多いと思うので、
別のものを試してみるといいと思います。
(この場合も、新たなレメディを購入していたんでは、大変ですね)

とにかく、「とっておきのときに使う特殊な癒し療法」、と考えず、
気軽に利用していただきたいものです。
ペットにも、どうぞ。
ペットの方が、心が素直なのか、わかりやすく効きますね。
  1. 2009/03/20(金) 00:00:00|
  2. バッチフラワーレメディ

おせっかいねいちゃんとおしゃべりな妹

たまに、めり太が、じょい子のことを、
鼻にシワをよせることなく、「おねいさま・・・」(シッポふりふり)と言うようになりました。

何度も何度も、懲りずに、とっちめられて、
ようやっと、めり太は、じょい子とは、力の差がある、ということを理解したようです。
じょい子が、軽く「ウーッ」と言っただけで反省し、オスワリします。
私がどなりつけるより、よっぽど効果があります。

しかし、めり太は、人間で言えば、おしゃべりなんですね。
おしゃべりな人に、無口になれ、と言っても無理なように、
めり太に、鳴くなと言っても無理な気がする・・・

こんなにうるさきゃ、番犬にいいですね、と言われますが、
お客様や、宅配便には吠えません。
めり太が吠えるのは、ただひたすら要求、自己主張のときのみ。

おれだおれだおれだ、めり太だ、
コンチクショウが!

キサマら~っ!おれわおれわおれわおれわ
めり太だ~~!

っていってるのよね。
だから、ドッグランに行こうものなら、ずっと吠えてます。

先日のドッグランでは、犬が2頭しかおらず、大きさも、めり太サイズでした。
同じ大きさの犬同士だと、安心して遊べるようで、
めり太と、とてもいい感じで、じゃれはじめました。

しかし、そこに、約2倍の大きさの、じょい助登場!
「チョットチョットッ!アタシのイモートに、へんな手出ししたら承知しないわよ!」と
割って入って邪魔をする。
うーん、なごやかなお遊びの雰囲気だったのだが・・・
じょい子の、身内を守ろうとする本能が働くんですね。


niwadekturogi
庭では、完全にくつろげるようになりました。

(この後しばらくして、めり太が、
オレの相手をしろ~っ!、コンニャロー!
と、叫び始め、止まらなくなったので、
つまみあげて、土間に入ってもらいました。)
  1. 2009/03/18(水) 00:00:00|

北島せんせい

ななちゃんのうちからは、毎日北島三郎が流れてくるのですが、
ここに住んでからずっとだから、かれこれ2年以上同じです。
飽きない。
やはり北島先生すごい。
なかでも、
ぺんぺれぺっぺっぺっぺっぺっぺっ、
ぺんぺれぺっぺっぺっぺっぺっぺっ、
と、軽快な前奏が流れ、
なんたらかんたらなんたらかんたら
だぁ~よぉぉぉ~~~~~~(←ここ最高潮に盛り上がる)
という曲が好きなのですが、
ここの部分、歌が上手な人が歌っていたら、どんなに気持ちいいかと思う。
飽きるほど歌っている北島先生も気持ちいいんだと思う。
ここで、私の草むしりも最高潮に盛り上がるのです。

yomogitya
ところで、よもぎ茶を入れている、このポットは、昔ながらの魔法びん。
大多喜町の金物屋でみつけました。
金物屋は本当に楽しい。
意味もなくのぞきに行きます。
これをみつけたときは、やったっ!!!というかんじでした。
長年売れ残っていたものでしょうか。
(この花を生けているのは、氷を入れる穴がついている、たぶん酒器だと思います。
だから花が根締りよく生けられる。コレ100円ショップ。)
  1. 2009/03/13(金) 00:00:00|
  2. どーでもいい

美白犬めざして

ウチ(犬も含めて)のビタミンC摂取量は、
かなりのものだと思います。
今は毎食、庭でとれたルッコラ&京菜サラダをこれでもか!という量、
そして、夏みかん4個分くらいの絞りたてジュースを飲んでいます。
なにしろ庭のみかんを、消費しようと必死。
犬たちのゴハンも、生馬肉、玄米入りゴハン&多量の菜っ葉です。

ランチタイム
ranntitaimu
庭でとれたカブとダイコンみそ汁、自家製梅ジャム、
全粒粉・国産小麦・自家製オレンジピール・くるみ入りパン、
パンは10日に1度くらい焼いて冷凍しておきます。
これ1個で、かなりヘビー。市販の食パン2.3枚分の腹ごたえがあります。
そして、これ食べてると、すばらしく快便!全粒粉は、効きますねぇ。
玄米もいいけど全粒粉もいいね。

前は、生野菜は体を冷やす、と思って、
みんな温野菜にして食べていたことがありました。

確かに、冬に夏野菜を食べると体がゾーっとしてくることがあるけど、
今は、その土地で取れた、季節の野菜は、生でも、
そんなに体を冷やさないのでは?と思うようになりました。
そして、こちらもお通じにサイコーです!
あと、口の中や胃がサッパリし、体が軽くなります。
この感覚は、ハリを受けたときと似ているのですが、
なんというか、気の通りがよくなるってかんじです。
生きた気を取り込んでいるのかな。
特にパセリを大量に食べたときは、体が軽くなります。
そう感じるのは私だけ?(それ以前にパセリを大量に食べる人はいませんね・・・)
パセリ健康法を推進したい。

みかんの実、その性質は「寒」(皮は温)。
でも、このジュースを飲んでも、さほど体が冷えないように思うんです。

コーヒーも好きで飲みますが、
こちらはホットコーヒーでも、体が冷えますね~。


meritawoturete
めり太をつれてオサンポよぉっ。

konotakeyabu
この竹やぶの向こうがナナちゃんちです。

  1. 2009/03/12(木) 00:00:00|
  2. 心と体

たんなるはなうた

めり太はね
メリーっていうんだ、ほんとはね
だけどおとこっぽいから、じぶんのこと
オレ様って
いってるよね!!
おっかないね!めり太~
meritaokkanai
  1. 2009/03/11(水) 00:00:00|

じょい助の好きな人

じょい子が、大好きな人はたくさんいます。
1,2回ナデナデしてくれた方のことはちゃんと覚えていて、大好きになります。
中でも、文句なしに、世界一好きな人が・・・・・



nanatyannnootousann


ななちゃんのおとうさんです!


この日は、回覧板を届けにいらしたのですが、
いつも来客が来ても吠えないじょい子が
いつになく落ち着きなく吠え出したので、見たら、
ななちゃんのおとうさんでした。

じょい子そりゃあもう狂喜乱舞!!!!

めったにお会いすることもないのに、
なんでこんなに好きなんだか??
じょい子が、まだうちに来たばかりで、ガツガツ娘だったころ、
初めてオヤツをくれたのが、ななちゃんのおとうさんだったからでしょうか?

夫にも、私にも、こんな喜びは見せたことがないんです。
いっそのこと、ななちゃんとトレードする!?
ついでにめり太も持ってってもらって・・・・(それはムリ?)

ななちゃんは、本当に忠犬で、りこうなよい子です。
nanatyannnootousannto私のことは覚えてくれているけど、シッポは振らない。
生まれてから一度もシャンプーしたことないけど、
なぜかぜんぜん臭くない。


もう10歳くらいだけど、毛並みもよく、リードにつながれたままでも、
ネズミ!をよく捕るそうです!
だけど、じょい子、ななちゃんのかわりに、ニワトリ守るのはたいへんよ・・・
でも、じょい子のことだから、それが仕事とわかれば、やるでしょう。
やりがいのある仕事だね!ヤッテミル?

じょい子はおじさまが好きです。
じょい子を一番最初に飼っていたのは、男の人だと思う。
多分、猟目的だったんだろうな。
じょい子は幼かったから実猟に行ったかどうかはわからないけれど・・・

めり太はといえば、小学生くらいの子供のいる家庭で
飼われていたことは間違いないと思います。
子供を見かけると、それはそれはうれしそうに近づいていこうとします。

ななちゃんも、吠え続けるめり太には、アッケにとられていました。
ガキだからまったく相手にならないという感じ。

ななちゃんがめり太に近づこうとすると、じょい子が間に入って守ろうとしてました。
この、守ろうとするのは、ほんとに不思議。
めり子が好きじゃないのに。
本能でしょうか。





  1. 2009/03/09(月) 00:00:00|

騒音

しかし、前、お散歩で会った、老シェルティちゃん(放し飼い)には感心したなあ。

シェルティちゃん「おぉ、娘さんたち、よう来た、よう来た。」

シェルティちゃん「お尻のニオイがかぎたいかの?かぎなされ、かぎなされ。」

このように、ゆったり落ち着いているので、じょい助もビビらず、めり太も吠えませんでした。
こういうふうに接すると犬は落ち着くのね・・・・・

ところで、よく会うガウガウ犬、はなちゃんが、信じられないことに
このごろ吠えないんです。
だって、めり太が、
ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんだから、
はなちゃん、もう、アッケにとられて、
ポカーンとしちゃって、
吠えるのを忘れてるって感じですかね。

ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん
ぎゃんぎゃん
はなちゃんのおとうさん「・・・・・・・・・・ました」ぎゃんぎゃん
わたし「はいー?」ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん

アァ、めり太がうるさすぎて会話にならないよー





はなちゃんのおとうさん「おみそれしました、おそれいりました」

                         
  1. 2009/03/07(土) 00:00:00|

ベキネバ

ここから書くことは、ある本を読んだことで、
頭の中のもやもやがが少しずつカタチになっていったことです。
ですから、その本そのものを読んでいただいた方が、断然わかりやすいのですが、
自分の頭の整理のためにも、書いておきます。(といってもあまり整理されていませんが)

以前、治療中に、
「自由って・・・難しいですね」という話題が出ました。
そのとき、頭に何かがあったのですが、まだ言語化できなかったので、
「そうですね・・・」しかいえませんでした。

そのときなにが言いたかったのか、考えてみました。
こんなたとえしか思いつかないけど・・・
ものすごーくおいしいケーキがあって、
「おいしそう、食べたい、
でもカロリー高そう、やめとこう・・・
でも、食べたい・・・・えーい食べちゃえ!」
とヤケになって食べるのは、自由ではありません。

「わあ、おいしそう、でも自制するわ。ガマン!ガマン!」
と、こらえるのも、自由ではありません。

どちらも、罪悪感や、苦痛が伴います。

おいしそう、食べたいなと思ったら、
その思いの通り、喜んで食べるし、
おなかがいっぱいだから、いまは食べない、
という選択も楽にできる、
というように、
どっちでも、自分の思いの通り選べる、というのが自由ということです。

では、自由じゃないなら、一体、何から自由になっていないのか。

それは、自分の中にある思い込みです。
たとえば、
やせていなければ美しいといえない。
太っていると愛されない。
太っているのは健康ではない・・・いろいろ考えられます。
どれも、そういう場合もあるでしょうが、必ずしも正しい思い込みとはいえません。
その思いの支配下にあると、心安らかに、食べることも、やめることもできません。

鍼灸をしていると、必ず、「やせるハリはないの?」と聞かれます。
「どうしても、食べすぎちゃんうんだよねえ・・・」
「食べすぎちゃう」、と言っている時点で、
「食べることはいけないことだ」、という思い込みから、自由になっていません。
自由になってないと、がんばってダイエットしたとしても、
たぶん、後にリバウンドするか、体型を維持するにしても、つらいでしょう。

自由というと、好き放題やるようなイメージがあります。
でも、自分が自由のつもりでいて、罪悪感や苦痛を感じるのは、
なにかの支配下にあるからだと思います。
本当に自由だったら、苦しくはならないと思います。
私は自由だからドラッグをやる、という人がいたとして、
そうしているのが本当には幸せでなくて、やめたいときにやめられないのなら、
すでに自由ではないってことですよね。

自分を縛っている思い込みは、生育環境の中で 
知らず知らずのうちに
まるで体の一部のように、しみ込んでいきます。
それを意識することはほとんどないでしょう。

ちなみに、私は思い返してみて驚愕しました。
自分の思い込みは、2歳以下から、あったことに気づいたのです。
私はオムツが取れるのがとても早かったんです。
そのとき、なにを考えていたか、うっすら思い出すのです。

その思い込みは、
「大人だとエライ、
赤ちゃんじゃ、ダメ」


意識化すると、自分の行動のひとつひとつに、
自分を縛っている考えを見つけることができます。
私は、自分の中にしみ込んでいる、
「~べき」「~ねばならぬ」という思い込みの支配から、
少しずつ自由になろうと考えているところです。

いま、台所がグチャグチャです・・・・
片づけるのがおっくうです・・・・

「片づけねば・・・・」
「台所はきれいにしておくべきでしょう・・・」
という思いに縛られると、ますますおっくうになってきます・・・・
考えただけですごーくつかれる・・・・・
たぶん、こういう考えだったから、ますます片づけが苦手になったのでしょう。
そして自分と同じようにとっちらかった人を見ると、イライラするのでしょう。

ここで、考えを変えてみます。
「メンドクサイのは確かだけど、今やっておくと後が楽!、
きれいになると気持がいいんだよ!」と、
あくまでも、自らの自由意志で、かたづけることを、選択するのであります!

ぜんぜん気分が違います。

私の自由意志!主体的!

私は小さな自由を獲得したのである!

っておおげさかもしれないけど、そんなきぶんになります・・・・

[ベキネバ]の続きを読む
  1. 2009/03/06(金) 00:00:00|
  2. カウンセリング

海辺にて・・・

じょい子・・・
アンタは、ニホンゴ全部わかってるんじゃない?
今度生まれ変わったら、人間になってるんじゃないか、とよく夫が言っているわ。
なにもかも、わかってるのよね・・・・
犬生についてもよく考えてるのよね・・・・
雨の日には、水たまりを避けて歩くようになったし、
ゴハンのあとは、ごちそうさま、という顔をするし、
すっかりお嬢様になったよね・・・

等々、もの想いにふけりつつ、海岸で、ボーっと海を眺めていた私。
犬たちにはロングリードをつけて・・・・

・・・じょい子、立ち止まってなにかしてる。

・・・ずっと同じ場所にとどまって・・・・

・・・・なにしているの?

・・・・ねえ、じょい子ったら・・・・



ギャーーーッ



夢中になって、むさぼり喰ってました・・・・
キョンのフラン死体を・・・・・

(※キョンって、小型のシカみたいな動物。
このあたりに繁殖してるのです。)
  1. 2009/03/04(水) 00:00:00|

にがおえ

雨続きのせいか、今日は珍しく、ふたりは長々と遊んでいました。
めり太は、少しずつ、ビリビリとしないで、リラックスして遊べるようになったみたいです。
じょい助も、今日、一度、八つ当たりして、めり太をいじめましたが、
すぐに仲直り・・・というか、いじめられても懲りないめり太です・・・・

merikonigao

悪人顔
めり太の似顔をかいてみました。
同じ折れ耳でも、めり太は内側に目を隠すように折れており、
じょい助は、外側に垂れています。
しょっちゅう鼻にシワを寄せています。

jyoikonigao
じょい助。ベロが長いです。
善良そうな顔をしていますが
実は性格はあまり温厚ではありません。
先日も、ドッグランでおしとやかなキャバリアちゃんを襲いました・・・・
ごめんねキャバリアちゃん・・・・
  1. 2009/03/01(日) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。