いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スパークしあわせに

ジョイスが、自分のシッポを追いかけ、
飛んだりはねたりクルクルまわってます。
ん?シッポかゆいのかな?と見ていると、
見えない敵に向かって、あそぼうよ姿勢で構え、
「ワン!」

アー、
シゴキの相手がいなくなって、退屈だったのね・・・

昨日、預かっていた犬を、里親さん宅にお届けしてきました。
supa-kugennkide
スパーク元気でね~!

塾生を送り出し、一息つく、ジョイス。
hitoikituku

スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 00:00:00|

かゆみに鍼灸

2005年に、かゆみに関して書いたことがあります。

それ以降、毎年、冬になると「背中がかゆい」ということで、
検索される方が、圧倒的に多いんです。
冬に背中がかゆくなる方、たくさんいるんですねえ!

それと、花粉症の時期にも、多いです。
私も、花粉症の時期と、今(梅雨時)、耳の中がかゆくなるんです。

で、「あ、私も!」という方いませんか。
これは偶然じゃないんです。
気圧、湿度、気温などの気候の変化(東洋医学では外因といいますが)、
それらが、自律神経に影響するのではないかと思います。

鍼灸が「痛み」に効果的だということは、なんとなく、おわかりの方も多いと思いますが、
かゆみにもいいんです。

先日も、アレルギーにより、腕に発疹ができて、かゆい方がお見えになり、
治療後、「かゆかった場所、もう一度触ってみてください、まだかゆいですか?」と
尋ねたところ、「あれ?かゆくない、赤みも、うせている・・・」

一度の治療では、体質改善(これは、なかなか難しい)とまではいきませんが、
当面の不快感は緩和できます。

ちなみに、アレルギーは、検査をして、なんのアレルギーかを調べて、
それを避けることが、アレルギーの改善だと思っている人がほとんどだと思います。
しかし、そうではないんですよ!

こちらは、皮膚科のお医者さんの書かれていることです。
よくお読み下さい。

アレルギーっていうのは、自律神経の反応で、病気じゃないんですよ。
そもそも、異物に対して排除する反応を起こすことは、体を守る大切なことですよね。
アレルギーのある方は、「私は感度がいいんだな」、と思いましょう。
ただ、問題は、体に害がないようなものまで、反応してしまうことですね。
アレルギーのもとを絶つのではなく、(たとえば杉花粉症なら、庭の杉の木を切り倒すことは
改善にならない)体質そのものを、改善していくことですよね。
それは、簡単ではないけれど、できることなんですよ。
  1. 2008/06/26(木) 00:00:00|
  2. 鍼灸/全身の不調

眼瞼下垂

これからは鍼灸の症例も、こちらに書いていきます。
ご本人に許可をいただいたもののみ、公開します。

Mさん(72歳男性)
脊柱管狭窄症で、ご家族に支えられながら来院。(腰の痛み)
資料などでご説明しながら、脊柱管狭窄症は心配すべきものでなく、
腰の痛みは筋肉の痛みであること等、安心できる情報を提供。

(鍼灸では筋肉の刺激しかしていませんから、やはり、腰の痛みは筋肉の痛みであって、
脊柱管狭窄症とは関係ないのです。
そもそも脊柱管が狭窄している画像診断が実際あったとしても、
それは、腰痛のない人でも、シミやソバカスのように、誰にでもあるものと思ってください。)

2回目の治療で、眼瞼下垂は治せないか?とのこと。
(視力は、若い頃の網膜はく離で、0.01ほどでほとんど見えない状態。)
病院で3ヶ月に1度、注射を受けているがほとんど効果はない。
鍼灸では、目の周囲の治療をする→変化なし。

3回目の治療では、腰痛の方は、だいぶ良くなっているとのこと。
同行の奥様(腕の痛みで来院。3回の治療でほとんど痛みはなくなる)
に、待っている間、
「心療内科を訪ねてー心が痛み、心が治す」夏樹静子
の、眼瞼下垂の事例を読んでいただく。

奥様「あっ、そういえば、この人、歌が得意で、カラオケを歌っているときは、目がぱっちりしてるんですよ」
(本の眼瞼下垂の事例では、コーラスグループの一員で、歌をうたっているときだけは、
目が完全に開く人が出ています)
それならば、良くなる可能性のある眼瞼下垂であると感じる。

Mさんは、かろうじて薄目を開けている程度で、
それ以上は自分の意思で両目が開かない状態。
(これでも、数日前に、注射を打ち、いい状態の方だという)

足のツボをハリで刺激しながら、
「できる範囲でいいから、目をぱちぱちしてまぶたを上げてみてください」と言う。
すぐに目が開いてきたので、私も驚き、
同行していた奥様、息子さんを呼び、確認していただく。
「すごい!あいてるあいてる!、お父さん、目があいてるね~!」
(このようにご家族で喜んでいただくのも、より治療に相乗効果があると思います)

治療を終え、会計をするときには、普通に目が開いていた。

いらっしゃるときは、目を閉じ、少しお元気のないMさんでしたが、
帰りは、ハンサムで笑顔の素敵なMさんでした!
これから、一進一退はあると思いますが、しばらく治療を続けていくこととなります。

ちなみに腰に関しては、
「くれぐれもいたわり過ぎませんように。
ごく普通に日常動作を行ってください。
腰はしっかりしています。もともと腰というのはタフにできているものです」
と申し添えておきました。
(本当は、なんならトライアスロンでも始めていいのですよ、と言いたかった)
  1. 2008/06/24(火) 00:00:00|
  2. 鍼灸/目の症状

ヒル下がりのジョニー

ここに暮らして約1年。
はきものは、常に長靴。
そして庭に出るときは必ず軍手をはめる。
もちろんほっかむり帽子も。
いつも、こういうファッションで過ごすことになろうとは、
考えてもいませんでした。
ゴム靴は、長・中・短と、取り揃えております。
履くときは、必ず中を確認します。
万が一にも、中にムカデでも入っていようものなら、
そのショックは計り知れませんので。
ヒルにやられるようになってからは、その長靴にもカバーを。
nagagutukaba-

これで万全だと思い油断していました。
今日、つい面倒なので、素足にこの長靴をはいて、犬にシッコさせていたところ、
ふくらはぎがヒヤっとします。
もしや!
ギャーオ!
すでに、長靴の中に入っていました!

もうサイコー!!、サイコーにきもちわるいです。
ナメクジの比ではない。
ながーく伸びるのよね。シャクトリムシのように進むから、
スピーディに足を這い登れるのですね。
サイコーです!

そして、室内でも、モッコリとふくれたヒルが這っているではないか・・・・・・・・・
誰にくっついてきた!?

長靴に木酢液をスプレーしているけど、この雨では・・・
ストッキングがいいと聞いたけど、伝線すれば終わりです。
忌避剤も調べてみました。
去年もいろいろ調べましたねえ。
ムカデとスズメバチに関しては・・・

しかし、忌避剤のネーミングは楽しいです。
ヤマビルファイター、ヒルノック、
そして、
ヒル下がりのジョニー
  1. 2008/06/22(日) 00:00:00|
  2. 虫 動物

HILLちゃん

ほんとにすごいねHILLって。もうギャーオーという声も出なくなりました。
外に出るたび、毎度毎度、私の足に喰いついているのだから・・・

今日は、軽く庭仕事し、長靴の中がゴロゴロするので、
土くれでも入ったかしら、と見ると、
ビー玉大に膨れ上がったHILLが!長靴の中に!

いったい、コイツ、どこから?
落ちてくるの?
這い登ってくるの?

血が止まりません。
こういうとき、血を止めるツボにハリを打ったらどうなるか。
さっそく試す私ですが、
・・・止まりませんでした。
ヒルは、なにか血を凝固させない成分を注入するのでしょう。
患者さんの飼っていた犬が、ヒルに噛まれ、破傷風になって死んだそうです。
非常にまれなこととは思いますが、そんなこともあるのですね。
ninnniku
ニンニクの収穫
今、畑は、シュンギクの花園です。
食べて楽しみ、生けて、とことん楽しみました。
そして、咲き始めた、ポリジ。
poriji

ユキノシタ。
yukinosita

どちらも、全然クセがなく、おいしい草でもあります。
ポリジの葉をおひたしにしてみたら、イケた。
「だいたいにおいて、毛の生えた草はおいしいのだ」、と母が言っていました。
そういえば、このポリジ、そして、ユキノシタ、ウド、タラノメ、ミヤマイラクサ、
ヨモギ、みんな毛が生えていて、みんなおいしい・・・

かといって、毛のない草もおいしい・・・・
kyarabuki
きゃらぶき

asitabatotya
アシタバはゆでて、お茶の葉は天ぷらに。

  1. 2008/06/10(火) 00:00:00|
  2. 虫 動物

ところでおしらせ

今、ブログを3つもやることになってしまっています。

1つは、このブログ、
もうひとつは、犬の里親募集
そして、もうひとつ、こちらが、本当は一番大事にしたいブログ
こちらは、「鍼灸治療、健康、心と体のことについて」がメインで、
書こうと思っていることは山のようにあるのですが、
それを書くのはエネルギーが要り、
いままでも(たいしたことない内容の割に!)すごーく推敲して、
1つの文章を書くのに何日もかけて書いてきました。
ホームページの、いままで書いたものもそうです。
もちろん、後から読むと、つたない内容だったり、ムダが多かったり、恥ずかしかったり、
考え方が変わったこともありますが・・・

それが、軽ーい日常のことを書く方が楽なので、ついつい、滞るようになってしまいました。

もともと、「鍼灸治療、健康、心と体のことについて」は、「いきたきのこ」に
書いていたのを、いったん分けたのですが、
分けたら、ほとんど誰も、お読みになっていないようです。
やはりこのブログは、もうしばらくしたら「いきたきのこ」に、統合しようと思っております。
  1. 2008/06/07(土) 17:00:01|
  2. いいたいように言う

ジョイスの出身地

預かり犬のスパークの去勢手術に、
外房犬猫の会に、うかがいました。

そこで、うちのジョイスの保護に、関わってくださった方々にお会いすることができました。

ジョイスは、栄養失調でガリガリだったにもかかわらず、
威勢が良く、動物病院では、隣のケージにいる犬に、
ケンカを売っていた、など、保護時の話をうかがいました。

そして、なんと保護されたのは、この界隈(勝浦・御宿あたり)だったようなのです。
それから、川崎市のおかもとさん宅でお世話になり、
そうして、偶然千葉わんで、
私の目にとまり、結局のところ、故郷に戻ってくることになったのですね。

空き家で、ポインターと一緒につながれ、放置されていたといいますから、
この地域だと、猟犬用に飼われていたのでしょうか。

どうりで、蛇を捕るのがうまいわけだ!

ジョイスは、作業服を着ているおじさんが大好きで、
最初の飼い主はそんな人だったのかなあ、と思っていたのですが、
それも合点がいきました。
ここいら辺は、作業服を着ている人が多いですから。

ジョイスは外房出身のだったのですね!

麻酔からさめないスパークに、
心配そうに添い寝するジョイス。
いつもはこんな床には寝ないのに。
masui

スパークが麻酔から醒めて、動き出すと、
「ワン!」「ワン!」と、
ジョイスが、スパークに向かって鳴きました。
「よかったね!また遊ぼ!」と、言っているように聞こえました。
  1. 2008/06/07(土) 00:00:00|

そんなわけで

犬を飼ってみたいという方は、
里親会にでかけてみるのもいいものですよ!

千葉わんのようなホームページで、
もしも、惹かれる犬をみつけたら、ブログで様子を見て、
そして実物を見にいってみてくださいね。

6月15日 東京での里親会では、今、うちにいるスパークも、
参加します。
  1. 2008/06/06(金) 00:00:00|

またもオオスズメバチ

スズメバチには忌避剤のようなものはないらしい。

スズメバチはあたまがわるい。

スズメバチは危機意識がない。

すでに、ウチの軒下には、つくりかけの、
オオスズメバチの巣がみっつ!あるのです。
まだ、お部屋は2つや3つのかわいい巣よ!
これがさらに大きくなり、トックリ型になっていくのね。

「ハチアブダブルジェット」を吹きかけ、
追い払っても、
追い払っても、
その巣はあきらめるんだけど、またその近くに巣をつくる。

スズメバチはバカ。

もどってくる女王バチは、同じ奴なのでしょうか。
そうだとしたら、大バカですね。

納屋にいた、黒スズメバチ、
チェーンソーで薪を切ってたら、いなくなったみたいなんだけど、

チェーンソーをブンブンやるのは、
新たなスズメバチ撃退法としてどうだろう。
うわてがいる、と思って、あきらめてくれないでしょうか。

これでだめなら、ペットボトルにおいしい蜜を入れた、
おそろしいワナをつくっちゃうよ!
これは、スズメバチが、ウジャウジャかかるけど、
カナブンとかチョウチョもかかってしまうんですよ。
そして、なんといっても残酷。

できればやりたくありませんので、
スズメバチさん、どうかよそへ行ってください・・・
[またもオオスズメバチ]の続きを読む
  1. 2008/06/01(日) 00:00:00|
  2. 虫 動物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。