いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギャルジョイ

犬には、普段、煮た野菜や肉をやっていますが、
ひさびさに、ドッグフードだけ与えてみました。

ドッグフードのことを「カリカリ」と言ったりするけれど、
ウチの犬の場合、「カリカリ」ではないようです。
いったい何日断食していたのか!?、という勢いで、
しゅわしゅわ!と吸い込むように飲み、
10秒くらい、いや10秒もかからない?で完食です。

こんなに乾いた食べ物を、詰め込んで大丈夫なのだろうかと見ていると、
水をガブガブと飲み、
そのあと、げふっと、いい、
また皿に戻り、洗ったようにつるぴかになったお皿と、
その周りを、ていねいに、何度も点検し、

「イマワタシ、ナンカ、タベタ?
タベテナイヨネ!」というのです。

そうしてきちんとオスワリし、すがるような目で、私を見つめます。

私は、犬の目をじっとにらみつけ、
地獄からひびくような声で、
「お~~~・・・」
と言います。
犬は、それだけで、すべてを理解します。
「お~し~ま~い~」
ゴハンはこれでもうおしまいの意味です。

それを聞くと、
犬は頭を下げ、
きまりわるそうに、私から目をそらして横を向き、
「ああ、わたし、いま、とてもいけないことをしてる、
物欲しそううにするのは、はしたないことなの、わかってるの、
ゴメンナサイ、
ゴメンナサイ」という表情をします。
gomennnasai
ゴメンナサイゴメンナサイ

犬になんの罪があるというのか。
犬に罪はない。
犬には罪は存在しないのです。
人間が罪をつくる。
なんで、もっと食いたい、と言っただけで、怒られなくてはならないのか。
カワイソーダネぇ~
スポンサーサイト
  1. 2008/03/22(土) 00:00:00|

杉花粉を飲んで2週間

朝の散歩で、スギをひと枝とってきて、
sugi1

sugi2

花をとり、土鍋に水と一緒に入れ、半量になるくらいまで煮詰めるのです。
これを食前、朝夕飲みました。この2週間。

その効果のほどは。
・・・まだ、わかりません。

杉木立を歩くと、目がかゆくなるのは変わらない。
だるいのも変わらない。
朝起きたときと寝る前、10回くらい、鼻をかむ。
日中は、ほとんど鼻水は出ない。
これが、スギ花粉を飲んだからなのか、
飲まなくてもこうなのか、わかりません。
劇的な変化はないですね。
hyousie71
アーア。
もうちょっと続けてみます。
アレルギーの人がこういうことをして、
どうなるかは保証できませんので、
マネしないほうがいいですよ。

でも、味は、悪くないんですよね。
キケンなものは、キケン!という味がしますからね。
  1. 2008/03/20(木) 00:00:00|
  2. 鍼灸/花粉症

タロウチャン怒る

ふらふらしていたら、タロウチャンのおうちを発見したのです。
オトーサンと、オモチャでニコニコ遊んでいるところでした。

しかし、タロウチャンは外飼いで、立派な番犬だったのです。
もちろん私たちには激しく吠える。

そして、
オトーサンがジョイスをなでたところ、
タロウチャン怒った!
大!激!怒!

イヤァァァ~ッッ!!
わたしのオトーサンヨッ!
ナレナレしくしないでよッ!!
ヤメテッ!近寄らないでよねッ!
と、すごい形相で大暴れ。

おまけに、タロウチャンの、怒りの矛先は、オトーサンにも。
オトーサンもオトーサンヨッ!
あんなコのどこがいーの!?
なんであんなコにやさしくするわけ!?
と、オトーサンを、ガブリッ!
「いてっ!」

ごめんなさい・・・
せっかく楽しく遊んでいるところを・・・
と、早々においとまいたしました。

ジャニーズ犬。しかしこうしてみるとけっこうお年なのかな?
jyani-zukenn

jyani-zusikko
やっぱり今日も、シッコをひっかける体勢に入ったので飛びのきました。
ohirune
今日は、庭の木を切ったあとのおがくずの中でおひるね。
手前のグリーンはアシタバです。
このところ、アシタバとフキノトウの天ぷらばかり食べてます。
sasayabu
これは、隣の荒れたササヤブです。
笹を刈払ったあとに、にょきにょき生えてきたのは、
フフフ、これらは、みんな、タラです。
フフフ、そして、もうすぐ、ウドもたくさん生えてくることを、私は知っている・・・
  1. 2008/03/19(水) 00:00:00|

鍼灸のかかりかた

もちろん、疲れた折に、
または、ちょっと肩や腰が凝ったとき、
あるいは、リラクゼーションのために、
鍼灸にかかってもいいのです。

ハリ、とても気持ちがいいです。

しかし、ある疾患を改善しようとするなら、
あまり間を空けず(週2回以上)、
継続したほうがいいと思います。

または、しばらく続け、
ちょっとインターバル、
また継続、というパターンを何クールか。

少しでも改善を感じるなら、あまり間を空けると、もったいない気がします。

これを、今、身を持って感じているところです。

私も、手腕のしびれで、
鍼灸治療に、ここ2ヶ月ほど通い、
7割くらいは改善したかな?
と、思って、治療に行くのをやめたら、
症状は、完全に、もとに戻ってしまいました。

治ったら、詳しく書こうと思っていたのですけれど、
ふりだしです・・・

しかし、これも、身を持って感じましたが、
患者さんって大変なんだということでした。
治療に通い続けるのも根気がいるものですね・・・・

もちろん、治療後は、体はスッキリするし、
しびれの症状以外に、
●もともと快便が、超・快便に!
●老眼で、夜になると目がかすんでいたのが、かすまなくなった!
●ずっと張りっぱなしだった、背中の張りが取れた!
など、
いろいろありがたい、おオマケの改善が
あったのは、うれしいところなんです。
だけど、治療を受けるには根性がいるんだな・・・
ほとんどのハリは、気持ちがいいものですが、
私が受けている治療は、例外で、ハードということもあるし。

また、治療経過ですが、
症状によりけりですけれど、
最初の数回は、オッ!すごい、と思うくらいの著効があることがあります。
しかし、その先、グーングン良くなりっぱなしかというと、
そうは問屋がおろさず、
3歩進んで2歩下がる、となることも多いです。

治そうと思うなら、
そこで、やっぱりダメかあ、と、気落ちして投げ出さず、
やっぱり根気なんですよね。
(これっぽっちも効果を感じないようであれば、他の治療法を探すのも手ですが)
患者の立場になってつくづくわかる、その大変さ。

自分で治療すればいいじゃない、といわれますが、
やれるだけはやっています。
ご存じない方も多いと思いますが、
日本で使われているハリのほとんどは、
注射針などと比べ物にならないほど
とても細いもので、(私の使っているのもそうです)
片手で持って、皮膚に当てたら、くんにゃりと、曲がってしまうようなものです。
両手でないと刺せません。
(片手で刺すいろいろなテクニックもありますが)
手の届かない場所もあるし、片手で打つのはやりにくいのです。
やはり受けに行かなければいけないかなあ・・・

  1. 2008/03/17(月) 00:00:00|
  2. 鍼灸治療

タロウチャンコース

よくドライブ中に、うちの犬と同じ色合い(白地に茶のブチ)の
犬を見かけていました。
顔は日本犬なんだけど。

その犬に、ついに会うことができました。
タロウチャン(メス)と、いうそうです。
犬が来る前に名前を決めてしまったから、
とにかく、もう、タロウチャンなんだそうです!
でも、タロウチャンタロウチャンと言っていると、
やっぱりその犬はタロウチャンなんだなあ・・・
まだ10ヶ月だそうで、ジョイスのことをこわがっていました。
また会って仲良くなってくれるとといいなと思い、
これからは、タロウチャンコースを
徘徊することにします。

このコースには、私がジャニーズ犬と呼んでいる犬にも会えます。
真っ白くて、ふわっふわの毛で(多分。洗えば)、
二重まぶたの甘~いマスクをしているのです。
そばによってもおとなしく、
そうやって、おとなしいなー、と思っているとキケンで、
毎回こっちに向かって足をあげ、シッコをひっかけるので、
飛びのいてしまいます。

kowamote
この犬は、名前は知りません。
コワモテ犬と呼んでいます。
槙の生垣の向こうから、いつもガウガウ言っていたのですが、
そばに寄り、ジョイスに会わせ、ナデナデすると、
とてもフレンドリーでいい子でした。
やはり、うちの犬がカワイコチャンだから、
思わずやさしくなっちゃうのかナッ。
以降、そばを通っても吠えません。

このように、いろんなおうちの敷地をうろうろして、
犬の相手をしている、
挙動不審のおばさんは私です。

今、庭は、沈丁花の香りでいっぱいです。
梅と乙女。
枯れそうな梅だけどガンバレ!
umetootome


乙女就寝中。
otomesyuusinn

どう逆立ちしても、乙女には見えないわな。

  1. 2008/03/17(月) 00:00:00|

ドッグランへ

これまで、10回ほど、犬をドッグランに連れて行きました。
臆病犬にとっては、楽しむというよりは、いまだ、ストレスの場所のようです。
この日も、
「アンタ、ナニヨナニヨ!」
「ソウヨ、アンタナンナノヨ!」
「ナンナノヨナンナノヨ!」
「ヤイノヤイノ!」
と、おべべを着たパピヨンの群れ(?)に取り囲まれて、
恐怖で大パニックになりました。
おびえきってます。毛を逆立て、シッポはマタの下に入り込みそう。kyouhu


よく考えれば、人間だって、すでにできている仲良しグループの中に、
急に入っていくのは勇気がいります。
以前お世話になっていた柴丸お兄ちゃんと一緒のときは、
ドッグランでも喜々としていましたから、
1頭でも顔見知りがいればいいのかもしれません。
慣れてくると、相手をみつけ、鬼ごっこを始めますが、
なにしろ冷静さを失っていますから、すさまじい勢いでかけめぐり(逃げ回り?)ます。
毎度、来ている人たちが「うあ・・ハヤイハヤイ・・・」とあっけにとられるスピードで、
その加速力には磨きがかかり、今やどの犬も追いつけません。
それでバテテ、ごろりと横になります。
心臓があまり強くはないと思うので、気が気ではありません。

でも、犬はこわいけれど、
人間に対しては、
すべての人が「カワイイカワイイ」と言ってくれて、
オヤツをくれると思い込んでいるようです。
特に、手に物をかかえている人には寄っていき、
得意のハイジャンプを披露したり飛びついたりして、
ご迷惑をかけてしまう。
特に、作業着を着たり、
ジャージを着たりしているおじさんが好きなようで、
ずっとくっついまわっていています。

いちど痛い目にでもあって、
世の中には、犬が苦手な人や、
コワイおじさんもいることを、
この犬は知る必要があるのだろうか。
それとも、人間はすべて優しいと思いこんでる、
おめでたい犬のままでいいのだろうか。
どーだろうか。

  1. 2008/03/16(日) 00:00:00|

花粉症3 花粉症を緩和する生活

朝も、犬の散歩をしていたら、
鼻水が止まらなくなってしまい、
誰も見ていないのをいいことに、軍手でぬぐいつつ(ばっちい)、歩いたのでした。
自分がこんななのに、
花粉症について講釈できない・・・
思い、滞ってました。でも書きます。

花粉症というと、まず花粉を避けましょう、となる。
ひどくなると、杉をみんな切り倒してしまえ、という人までいる。
あるいは、減感作療法(アレルゲンを注射)がある。
薬で一時的に症状を止めることもできる。

私は、せっかく鍼灸師なのだからと思い、
まずは鍼灸を試し、ホメオパシーを飲み(これもある程度効きます)、
杉の花を摘んできて、煎じて飲みました。
(↑これは、あくまで、私の人体実験で、
万人にはお勧めできません。
お味は、マイルドな苦さと、甘い香り。
上品なまずさ?、といったところでした。
経過は、いつかご報告。)

しかし、問題なのは、花粉や杉ではなく、
毒でもないものに、過剰に反応してしまう、私たちの体のほうです。
本当は、その、ズレた反応を、ただすのが、一番根本的な治療ではないでしょうか。

さて、特に症状の強い時間帯、
たとえば朝起きたとき、夜寝るとき、トイレ、お風呂、食事時、があると思います。
これらに共通しているのは、
自律神経で言うと、副交感神経がよく働いている時間なのです。
副交感神経は、主に休息時に働き、
消化や排泄を助けたりしていますが、水っぱな、の分泌も、この働きによります。
アトピー、喘息にも共通していますが、どうやら、花粉症の人は、
副交感神経が、過剰な反応をしているように見受けらるのです。

花粉症、アトピー、喘息などは、一種の文明病といえないでしょうか。
安楽で、守られた環境だからこそ、起きるのでは、と考えます。

食うか、食われるか!、生きるか、死ぬか!という状況、
(自律神経で言えば交感神経が亢進している状態)
たとえば、戦争のまっただなか!
難民キャンプ!
強制収容所!などで、
花粉症、アトピー、喘息が、流行するとは思えません。
感染症だとか、もっと別の病気が多いでしょうね。

それを考えると、花粉症を緩和する日常生活も、なんとなくわかってきますね。

あったかい部屋で、ぬくぬくタラタラしない。
ほどよい緊張感を持った生活。
太陽に当たり、汗をかくくらいの筋肉運動をする。
粗食で小食。
甘いもの、油っこいもの、お酒を避ける。
お風呂はぬるい湯にゆっくりつかるよりは、熱い湯に
さっと入り、さっと出る。
(冷水をかぶるのもいいです。目のかゆみと鼻水なんて一発で止まるのです。
私は試しました。心臓の悪い方はやめてね。)

ちなみに、岩手の実家の犬は、アトピーなのです。
私は、「こういうのは、たまに、風雪にさらすといいんだ!
寒さなんてへいちゃらの秋田(雑種)なんだから。」と言って、
吹雪の外につないだのですが、
やさしい家族の誰かが、すぐに家の中に入れてしまいました。
(外飼いの犬にはアトピーはあるのでしょうか。)

私は、目の前に甘いお菓子や、おいしいお酒があると、
やはり口にしてしまいますし、
家の中でまったり、ダラダラしているのが好きです。
だから、今日も、花粉症なんです・・・





  1. 2008/03/10(月) 00:00:00|
  2. 鍼灸/花粉症

花粉症2(前日の続き)

そもそも花粉症ってなんなのか。

花粉症は病気ではありません。

私が、春になると鼻がズルズルになるなあと、感じ始めた20数年前、
「花粉症」という名称はありませんでした。
呼ぶなら、かるい鼻カゼ?というところか。
しかし、「花粉症」という言葉ができて、ビョーキ(?)として
一人前に認められるようになりました。

この名称が一般的になってから、
世の中には「私、花粉症」という人が
激増!したような気がしてなりません。
春に、いつもよりちょっと多くクシャミが出ただけ、という、
花粉症じゃない、自称・花粉症も
いっぱいると思うのです。

このほかにもありますね、○○症候群だとか、
あっ、そうそう、プチウツだとか、
新たに名づけられたような、病気まがいのもの・・・

病名、(とくにカタカナや難しい漢字の)、をつけられると、
本当に病人気分になって、落ち込んじゃう。

一方で、病名があれば、
リッパな病人として、世間一般に認知され、
大手を振って歩ける、ということもある。

病名ってのは、いいものだか、悪いものなんだか。(あっ、ダラダラと話がそれました)

花粉症というのは、「病気」ではなく、
異物に対して、鼻水や目のかゆみなど、過剰な反応をしやすい、
「体質」ってことですね。

異物に対して、ちゃんと反応できる体ということは
けっして悪いことではないと思うんですよ。
ただ、これが長く続くと、誤った反応が、クセにみたいになっていて、
一朝一夕に治すというのは簡単でないように思います。

さて、前置きが長くなりましたが、花粉症の症状は、
1日の中でも変動があると感じたことはありませんか?

ひどいのは、朝起きたときや、夜寝るとき、
トイレやお風呂に入っているとき、
食事時、
そんな風に感じたことはありませんか?(あーあ、話がそれて長くなってしまったので、つづく)

  1. 2008/03/05(水) 00:00:00|
  2. 鍼灸/花粉症

コロチャンでーす

今日もコロチャンコースへ行きました。

コロチャンです。
ころちゃん1
とてもハタチのご長寿犬とは思えません。童顔です。
ころちゃん2

あやかりたいあやかりたい。ころちゃん3
ご長寿犬と呼ぶのが失礼なほど、
きれいなわんちゃん。

コロチャンコースでは、この犬にもあいさつするのもたのしみ。
犬1
気立てのやさしい、りこうそうな犬です。ちょっぴりさみしそうにしてる。犬2
手がくさくなるので、軍手でナデナデ。オテもしてくれます。

もうひとつのブログのほうも、どんどん更新していきますので、
みてくださいね。
  1. 2008/03/05(水) 00:00:00|

花粉症1 鍼灸治療

外出すると、マスクをしている人を多くみかけるようになりました。
花粉症ですね。
マスクをしてもあまり意味ないと思います。
(とめどなく流れる鼻水を隠すには役に立つとは思いますけど。)
マスクをしたり、家に入るときホコリを払ったからといって、
カフンが避けられるとは思いません。

ところで、鍼灸は花粉症に効くのか?
体質そのものを、鍼灸だけで変えるのは無理と思います。
日を空けずに、長期間続ければ、変えられるのかもしれない。
しかし、そこまで根気強く治療を受け続けられるものかどうか。
だいたい、私自身が25年位も、
目のかゆみ、水っぱな、体のダルサに悩まされているんですから、
鍼灸で花粉症が治る!なんて、言えるわけないですね。

ただ、当面の症状を緩和することはできるんです。
3,4日続けてやれば、だいぶ楽になるでしょう。
できれば、ひどくなる前、なり始めにやるといいですね。

当面緩和するなら、薬でもいいでしょうが、
鍼灸だと、口や鼻が乾いたり、眠くなったりという、不快感がなく、
花粉症の症状以外にも、
体全体の、調子が整えられるのがいいですね。

私が今やっているのは、まず、おなかの治療(5秒ほどしかかかりません)
これだけで、目がカユカユ鼻ズルズルが、スッと引くことがあります。
それでだめなら、指先の治療、
そして、だるさを取る治療、
鼻のうっ血を取る治療。
うまくいくと、その場で、症状が沈静してくるのを実感できます。
これらは、ほかの治療のついでで、短時間でできますから、
とりあえず、今日だけでも楽になりたいとお思いの方はどうぞ。

でも、やっぱり、花粉症の体質を変えるには、日ごろの自分の生活に
気をつけるほうが、鍼灸を受ける以上にだいじでしょうね。

花粉症の方はお気づきと思いますが、
1日の中でも、症状が強いときと、そうでないときがあると思いませんか。(つづく)

  1. 2008/03/04(火) 00:00:00|
  2. 鍼灸/花粉症

おやばか

また、うちの犬が、ほめられてしまいました。アハッ。
「まあ!、均整のとれた犬!」と。
それは、そう見えたかも・・・

その方の連れていた犬は、
均整の取れた犬
ミニチュアダックスちゃんでしたから・・・

でもうちの犬も、近所のななちゃん(日本犬雑種)よりは足は短いけどね・・・

ななちゃんちから、演歌(多分北島三郎)が聞こえてきて、
農作業が進みます。
今日は畑を耕し、種をまきました。

おや~のちをぉ~ひくぅ~

って。んっ!私?
歌ってないか!!?

私は、カラオケ撲滅委員会の委員長だというのに。(委員は夫ひとり)

なぜ委員長かというと、
オンチなので、歌うと社会の迷惑になるだけし、
かといって、上手な人のカラオケを聴いているだけでは
つまんないからでーす。

ところで、もうひとつのブログ
も更新しています。
花粉症について書いています。
よかったらごらんください。
(あまりにも誰も読んでいないようで、かなしいので・・・)
http://tikatiryou.blog123.fc2.com/
  1. 2008/03/04(火) 00:00:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。