いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不器用なイヌ

「きょうも、おとうさんとおかあさんはかえってこないよ」
「ここちゃんは、おるすばんなんだよ」
と、ここちゃんに言ったところ、
ここちゃんは、ちょこっと耳を動かし、反応しましたが、
相変わらず、むっつりとした、無表情・・・・

しかし、よくよく耳をすませば・・・

「ひーん、ひーん」と、音にならない声で、
泣いていました。

かわいい・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/12/26(水) 00:00:00|

ここちゃん

ウチの犬は、陽気で愉快、超活発、
誰にでも愛嬌をふりまき、
りこうで要領もよく、なんでもガツガツ飲み喰い、
イヌらしくて、一般ウケするタイプではないかと思います。
うちのいぬは


その、真逆のイヌ・・・
クロウト受けするタイプ、
実家の、ここちゃん・・・・
今、あずかってます。
いまあずかってます

イヌ嫌い、人嫌い、
特定の人にしか、なつかない、
気難しく陰気で、
誰もいない、クラーイ廊下の片隅で、
もの思いにふけってるのが、すき。
ポーカーフェイスで、
お目目が小さく、
シッポも、奇形で、クルリンと、ブタのように
1回転半したまま固定しており、めったに振らないので、
より無表情に見えます。
ここちゃんのしっぽ
(アレルギーで、毛が抜けてるので、ゼンマイみたいなシッポ)
偏食は激しく、小鳥がついばむ程度しか食べず、
ウンチはうずらの卵くらい。

9月に実家に滞在したときは、ウチのイヌとここちゃんは、
ずいぶん仲良くなったのだけど、
再会したら、また、ここちゃんは、ジョイスを毛嫌いしているようです。

食事は、
ここちゃんが、おかずをより分け、より分け、
まずそうに、1口くわえたときには、
ジョイスの方は、すでに、完食。
ここちゃんのスキをねらっており、
ここちゃんがほとんど残し、その場を離れると、すばやくそれも完食。

そのガツガツ喰らう姿を、
柱の陰から、
ここちゃんが、にらみつけてます・・・・・
(無表情にみえるが、よく見ると、わずかに鼻にシワをよせてる)

ジョイスが、遊ぼう!とちょっかいを出すのですが、
冗談も通じず、んがーと不機嫌に、うなりつけるばかり。

わたしもジョイスといっしょによつんばいになり、
遊びを誘うポースをしてみせるのですが、
ノリません・・・・
ねてるんじゃないの

これ、寝てるんじゃないのです。
わたしが「ここちゃん!!ここちゃん!!あそぼうよっ!」と、うるさく声をかけるので、
寝たふりをしている。

ここちゃんは、たぶん、飼い主(うちの両親)なしで、よその家に泊まるのは初めて。
夜になって、一声、「クイーン」と鳴きました。
ここちゃん、おとうさんとおかあさんは、旅行だよ。
おるすばんなんだよ。
  1. 2007/12/25(火) 00:00:00|

マジョッコハナチャン

毎朝散歩で会う、はなちゃんは、
相変わらず、私たちに敵意ムキダシ!?

はなちゃん:「ガウガウガウッ、ガウガウガウッ!!」

はなちゃんでーっす↓
はなちゃん1

ジョイスは、すっかり慣れたもので、周りを遊ぼうよ態勢で
はねまわっています。

はなちゃんのお父さん:「コレッ、はな!おすわりっ!おすわりっ!」


私:「はなちゃん、おじょうさまだもんネー、オスワリ、できるかナー?」

はなちゃん:「がうっ」
(飼い主に噛みつこうとする)
はなちゃん2


私:「おじょうさまというより、じょおうさまかナーッ?」

はなちゃんのお父さん:「いんや、魔女!」
  1. 2007/12/22(土) 00:00:00|

Hコース

さいきん散歩で徘徊しているのはHコース。
ひくい山に囲まれた道を、奥へと入っていきます。
ここは、数キロ行くと行き止まりで、
用のない、よその人は
ほとんど入ってこないでしょう。

かくれ里の、フシギな伝説でもありそうな・・・
と、勝手に想像しています。

そして、散歩するのは、
時がいったん止まったような、
風も音もない(聞こえるのは鳥のさえずりだけ)、
夕刻です。

ここによく、来るのは、薪を発見したためです。
しかし、持ち主さんらしいお宅が、いつ行ってもお留守。
いつも、少し煮込んだような毛布が2枚、
干しっぱなしになっている・・・
おじいさん(勝手におじいさんと、想像)
生きてますか~・・・

そして、日本昔話に出てきそうな、お宅もあります。
トイレは、もちろん外。
そして、外気に面した戸が、障子のみ!で、お住まいです。
こういう暮らしが、少し前は普通だったのですよね。
古民家はさむいなどとは言ってられない。

そして、かくれ里といえども、
クリスマスのイルミネーションを飾っているおうちもあります。
槙やツツジの生垣に、青い電飾が、
ピッカン、ピッカン、ピッカン、ピッカン、

その前には、どーんと、
「妙法なんたら~」と書かれた、
苔むした、大きなお墓があります。

これをなんと表現しようか。

ホトケ様としては、
まっ、たまにはこんなのもいいか・・・
まんざらでもない・・・
・・・・と、いうかんじ?

そして、先日あかりのことを書きましたが、
夕刻に、立ち上っているけむりも、
なにか引き寄せられる思いがします。

そこに、あったかいものや、
おいしいものがあると
(いまどき、かまどで料理する人もいないでしょうが)
イメージさせられるからか。

それとも、薪!があるかもしれない、という期待の思いか。
(ほとんどは、落ち葉や小枝を焼いているのだと思いますが)
(私の頭の中は薪のことでいっぱい)
じぶんをほめて1

じぶんをほめてやりたい。
じぶんをほめて

これだけやったと自慢したい。



  1. 2007/12/21(金) 00:00:00|
  2. どーでもいい

話せばわかる犬

教育ママというのか、
せっかくだから、
プロの犬のしつけというのが知りたくなり、
8回コースというのに
通ってみています。

ふーんそうなのか、と
マズルコントロールとか、
こっちの方が、えらいことをおしえる、なんたらポジションなど、
教わったことを、家でやると、
犬は、不愉快をあらわにしました。
そして、「おばさん、なんできゅうに、こんないやがらせするわけ?」というのです。

ハっ、そうだった、この犬、話せばわかる犬だった、と
思い出し、
いろいろお話しました。

いじわるするつもりじゃないんだよ、
ジョイスともっとうまくやってくためなんだよ、
そのおべんきょうにいってるんだよ。
それから、あとさあ、お散歩のとき急にひっぱらないでほしいの、
あんまり早く歩けないの。
そーするとわたし、綱を、かつんと引くでしょ、
首がぎゅってなるの、やでしょう。
だからゆっくりあるいてね。

などなど、もろもろ・・・・

そしたら、犬は、

そーいうことなら、わかった、とでもいうように、
にこーっとわらって、
お手をしながら近づき、ごろんと横になりました。
にこ1
(ほんとにわかってんの?この犬。と思い、少しばかりぎょっとした)
わらってますよねえ・・・
にこ2
わらってません?
そして、その後、散歩のとき、急激な引っ張りは
あまりしなくなった気がします。
  1. 2007/12/20(木) 00:00:00|

あかり

あかり

たららりら~、らりらりららら、
らーりららりらりらりららら~
~ソーレ、わんつーわんつー!(365歩のマーチのメロディ)
と、私が夜9時ころ歌いだして、行進を始めると、
寝ていた犬が、玄関についてきて、
シッコタイムです。

犬は、「わんつーわんつー」というと、オシッコをするように、
預かりのおかもとさんがしつけて下さったのです。
家の中でもペットシーツでオシッコをすることは覚えていたのですが、
ひんぱんに外に出しているうち、家の中では、しなくなってしまいました。

そりゃあ、やわらかい草や、落ち葉の上でおしっこするほうが
気持ちがいいのは、
私もわかるので、
朝夕の散歩、おひる、夜と、外でシッコさせます。
今は、ミョウガ畑の上に、刈り草を重ねておいた場所がお気に入りです。

月や星が出ていないと、外は、暗黒。
一瞬盲目になったよう。
わんつーわんつーと言いながら、
足元を探り探り歩きます。
今夜はまずまずの晴れで、
吸い込まれるように、口をあんぐりあけて、
月と星ばかり見てしまい、すっころびそうです。

遠くに、星くらいの大きさで、
ひとつ、ポチリと、よそのお宅のあかりが見え、
そういうあかりは、とてもあたたかく見えます。

不思議に、まったく恐くありません。
くらやみに、ポチリ、ポチリと、橙色の明かりが見えるのは、
ゆかし、というのか、
なつかしいというのか、
特に、この冷え込む季節、気持ちがほんのりしてきます。




[あかり]の続きを読む
  1. 2007/12/17(月) 00:00:00|
  2. どーでもいい

Cコース

犬のお散歩Cコース。
静かな田園風景を楽しみながら、なだらかな高低を歩く
のどかなコース。
いろんな犬と出会えます。

いつも、犬小屋から、ウガガっと
飛び出してくる、日本犬雑種、しろちゃん。
近づくと、思いのほか、おしとやかで、
ジョイスにもフレンドリー、
わたしにもなでさせてくれます。
お顔は、ダニまみれだけれど・・・

すこしご年配シバチャン。
シバチャンがジョイスに吠えかかろうとすると、
必ず家から、
金髪にくるくるパーマの奥さんが飛び出てきます。
「イイネッ!、吠えるんじゃないよ!
吠えたら、
コレダヨッ!」
シバチャンの前に、ガっと長いホーキをふりかざしたまま、
仁王立ち。
わたしたちが通り過ぎるまでホーキを構え、
シバチャンは耳と頭を伏せてます。

吠えてもいんだけど・・・

庭に放されている、ポインター2匹。
ここのお宅、家の境には30センチほどのブロックが積まれているだけですが、
とても厳しくしつけられているらしく、
犬は、ブロックから外には出ません。
でもがまんできなくて、うちの犬に向かってわんわんいいます。
家のお父さんが、コラーっ!と言うと、
キャンキャンと、尻尾を丸め、犬小屋へ退散します。

このCコースで、お宝を発見しました。
伐採した木です。
転勤族だったときは、丈夫そうなダンボールを見ると
お宝に見えました。
(特に、重い本を入れるのに最適な、バナナやりんごのダンボール)
今は、倒木を見ると、マキだ!と思います。
どちらも、通常は、ゴミに見えるのでしょうが・・・
ただ、知らないお宅に声をかけるのに、気後れし、
その場を後にしました。

しかし、次の日、その木を燃やしているではありませんか。
たいへんたいへん、「その木、いらないならください!」
お家の人は、「なんだ~もっと早く言ってくれればいいのに。
もっていってくれれば助かるよ。」
ほかにもあるそうで、案内してくれました。
1日で、どっこいしょどっこいしょと、2トンくらい集めたか?
軽トラで運ぶのを手伝っていただき、
野菜までもらってしまいました。

相手が喜んでくれて、
こっちも助かって。

木も、
あったかいネー、ありがたいネーと言われながら、
命を終える。
灰は、犬のうんこと一緒に、畑の肥料になる。
廃棄物になるよりは、いい木の一生ではないですか。

  1. 2007/12/12(水) 00:00:00|
  2. どーでもいい

イチコーサン

私は、グルメとか言われる人の味覚は、ぜんぜん信用していないのです。
「グルメが勧める、」
「行列ができる、」
「テレビでも話題の、」
そういう枕詞がついたお店で、おいしいと感じたためしがない。

それ以前に、つきあいで入る以外、そういう店には絶対に並ばない。

そういうところに並ぶ人は、
有名だから、とか、
人がたくさん待っているから、ということで、
ワレモワレモと、フラフラ並んでしまう。

腹をへらして、並んでまで、食べたんだから、
きっと、たぶん、おいしい・・おいしーよね!
と、集団催眠にかかってるよーなもんだ!
と、内心思っております。

しかし、どんなにまずい店でも、思い出にのこる、インパクトが
あれば楽しいです。
http://tinattou.blog13.fc2.com/?q=%C1%B4%B9%F1%A4%DE%A4%BA%A4%A4%A4%E2%A4%CE
↑参照(ずいぶんと前に書いた)
でも、おいしい店の見分け方はありますね。
それはおいしそうなにおいがすること。

ふと思い出しましたが、八王子の線路沿いにラーメン屋があり、
夫が、こういう汚い店、うまいんだな、と言って入ろうとした。
換気扇からは、かすかにゲロに似た匂いがした。
「やめたほうがいいと思うよ、だってげろのにおい・・・」といおうとしたが、
夫の腹が減っているときに、気持ちを逆撫でしてはいけません。
店に入ると、客は誰もいないのに、洗い物がたくさん流しに放置。
その後は、ラーメン大江戸と
(まずいもの選手権では日の出と書きましたが、
正しい店名は大江戸でした←店名からしてラーメン屋としては激しくまずそう)同じです。

話があちこちに飛びますが、上総牛久駅近くに、
何年も前から、気に入っているお店がありました。
店構えはごく普通の、中華料理屋なのですが、
こんなローカルな場所には似つかわしくないと思えるほど、
ヘタに中華街で食べるよりずっとおいしい、しかも安い、
台湾人がやっている台湾料理店なのです。
香りのいいジャスミンティーもたっぷりポットに入れてもらえるのです。
白いおひげのコックさんがいらした。
ちゃんとした料理修行をされた方ではないのかなあ・・・

このお店が、どういうわけだか、いつ行っても閑散としているのです。
向かいのファミレスには車がたくさん入っているのに。
この近隣の人の味覚はおかしいんじゃない?どーいうことなんだい?と、
失礼ながら、思っていました。
今住んでいる勝浦からは、40分ほどなので、これからは、
東京方面に行く折に、ときどき行けるんだな、と、楽しみにしていました。
たしか、おせち料理をつくっていたな、今年、試しに注文してみようか、
とも思っていたのです。

したら、先週、テナント募集になってるのを発見!

近年まれに見る、肩がガックリ下がるきぶんです・・・・

本当に残念です・・・・

一吉香(いちこう)さん、どこかメジャーな場所に移って、
はやっていることを、お祈り申し上げます。

おいしくもまずくもないけど、ぜったいつぶれてほしくない店もある、
インドカレーのBというお店についてはまたこんど・・・
[イチコーサン]の続きを読む
  1. 2007/12/11(火) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

買ってはいけない

初めてミニ耕運機を使ったときの感激は忘れません。
1週間汗水たらす仕事が、1時間もあれば完了してしまうなんて!

それからは、庭作業に便利な道具は、迷わずどんどん購入することにしました。
そして3万いくらで、買ったガーデンシュレッダー。
R社のちゃんとしたメーカー品。
シュレッダーといえば、紙のシュレッダーのイメージでした。
剪定した、かさばる枝や葉が、こなごなに粉砕!
カサは、何分の一かに縮小され、立派な肥料に!!
そう思っていました。

喜び勇んで、さっそく枝葉をつっこむと、
おかしい、詰まるだけ。
入れる、詰まり、停止するので、ねじをあけ、中のくずを取り除く。
入れては詰まる。
詰まっては開けて、取り除く。
次第にイライラし、そして、激怒し、
買ったの間違いだったカッ!?という疑念がでてきて、
作業中止し、シュレッダーは納屋へ。

何日も放置し、怒りのほどぼりがさめたころ、
だってさあ、こういう商品があるということ自体、なにかの役にたつことは
確かなんだよね!
説明書みて、もういちど挑戦してみよう、せっかく買ったんだから!
と、チャレンジ。

説明書には、「葉っぱは粉砕できません」と書いてありました。

もしかして、
イヤ、
もしかしなくても、

・・・ハサミの方が、効率マシじゃない?

・・・いや、それよりも、燃せば30分で済むんじゃない?
とさらに湧き出る疑念を抑えつつ、
怒りをこらえつつ、枝をつっこんでましたが、
ひどい徒労感を感じ、
また、シュレッダーは納屋行き・・・しばし放置・・・

製材屋さんが薪を届けに来てくれて、
アレナニ?とシュレッダーを指差すので、
「ああ、枝を粉砕するやつ。」と言うと、
バカだねえ!
なんでそんなもの買っちまったの!」
と言われました。

ナナちゃんのお父さんがきて、
アレナニ?と聞くので、
「枝を粉砕するやつ。
・・・いります?(一応念のため、きいてみた)」
と言うと、
イラネ!」(即答)

だけどさああ、安いものじゃないし、買ったばかりだし、
やっぱり使いこなすべきじゃないの?
もったいないじゃない。
と、思い直し、再々度、チャレンジへ・・・

これ、最大3センチ径の枝が切れるという売りだけど、
実際、小指大くらいしか、切れないのね。
それもまとめて入れると、切れないのね。
それも垂直に入れないと、切れないのね。

そう、使いこなすには、

粉砕できない葉っぱを取り除き、

小指大の枝だけ選び、ハサミで切ってから、

垂直に、慎重に、入れていく・・・・・

もちろん、1本ずつね・・・


「バカヤロー
そんなことやってられっカッ!(激怒怒!)

私は考えました。
粗大ごみに出すか。
誰かにあげるか。
オークションにでも出すか。
喜んで欲しがる人がいるかもしれない。
しかし、それでは良心が痛みます。
だって使ってみたら、間違いなく、誰だって、
こんなのいらないと思うもの!
庭作業に(ムダな)ひと手間も、ふた手間も、
かけてみたい人以外はね!

この製品を開発した人は、そういう希少で奇特な人だったのね。
そうじゃなきゃ罪だワ。
こんなモン売るっつーのは。

そして、本日、シュレッダーは、リサイクルショップ行きと
なりました。
買った方には悪いけど。
さよおなら~!

  1. 2007/12/09(日) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

さすがは房総の古民家・・・

夏すずしく、冬すずしい家に住んでいます。

世界一の寒がりなのだからと、思いきって導入した薪ストーブ。
薪ストーブは、あったかい、あったかい、それしかきいたことない、
しかし、ウチでは・・・
・・・外でたき火ってかんじ?・・・・

そういえば、うちの台所では、換気扇をめったに使いません。
まわさなくても、コンロの蒸気や熱気は、どこへともなく消えていくのです。

外から室内に入ると、この季節、普通、ホワッと暖かさを感じるはず。
ウチは、入ると、ひんやりするとは、どういうことか。

屋内に居ながらにして、アウトドア感覚っつうかんじ?

空気の流れを考えたり、間仕切りを考えたりと、いろいろ工夫はしたものの、
寒さは相変わらず・・・

そうか!わかった!いい方法が。

お外にいればいい。
お外に

南からの日ざしはサンサン、縁側にいる犬がハアハアしてしまうので、
この時期によしずを買ったほどです。
そしてこの日は、リースをつくってみました。
リース1
カラスウリの赤が効いてます。

  1. 2007/12/05(水) 00:00:00|
  2. どーでもいい

へし子ちゃん

あけびのつる等々を集めました。
隣の森?で、ターザンのようにぶらさがったりして取りました。
リースでもつくろうと思って。
それとも、花生けでも編んでみるか・・・
あけび


リース材料を探しに、山に入りたいのですが、入れません。
だって、撃たれちゃうかもしれないから。
散歩コースの隣は、ネットが張ってあり、猟の区域なのです。

シカがパッカパッカしたりしています。
秋になると、シカはもの悲しげにピーヒョロロォ~と鳴きます。
どんな顔して鳴いているのか。
私は犬の遠吠えのような姿を思い浮かべます。シカの遠吠え・・・

でも、ここは、夏は、タカラヅカの花道くらいに
ホタルが出るんです。

前、書いたかもしれませんが、チョコレートとかんきつ類は合う。
庭で採ったゆずの皮と、
ブランデーをたっぷり入れ(運転したら酒気帯びになるくらい)、
生チョコレートをつくってみました。絶品でした。

サバのへしこ、なるものを、夫がおみやげにくれました。
初めて食べました。
サバの糠づけです。
余分なものが入っていないシンプルな味で、おいしい。
とてもしょっぱくておつまみにも最適ですが、
チャーハンに入れたらこれがとてもよい塩気になりいい味。

また、薄切りし、庭で採ったシュンギクと一緒に、
ローヤルホテルで買ってきたフランスパンにはさんだら、
これがまた上等なサンドイッチになったではありませんか。
これは、ぜひお取り寄せをしてみたいです。

青混ぜ海苔の出るシーズンになりました。
これもおいしいねえ。
海苔の香りがぷーんとして。
海苔!!!ってかんじ。
それで安い。

おいしい、おいしい。

重いものを持ち上げるような作業をすると、
本当にごはんがおいしい。

最近はきこりをやっています。

ああ・・・、本当にどーでもいい内容でした。

  1. 2007/12/01(土) 00:00:00|
  2. どーでもいい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。