いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いきたきのこ

「いきたきのこ」とはなんでしょうか。
この言葉を聞いて、ピンときた人がいたら
お目にかかりたいです。

「生きたきのこ」は、
「ムーミン谷の仲間たち」という本の中で、
得体の知れない、不気味なものとして、
「ぞっとする話」という短編に出てきます。

この本を読んだのは、小学校1年生のときでした。
本を読んだ直後、ムーミンのアニメが始まりましたが、
テレビのムーミンはムーミン、
本のムーミンは本のムーミン、子供心に、
それぞれ別のものとして、認識していました。

生きたきのこ・・・
物語中でも架空のものですから、どういうものかはわかりません。
生き?たき?のこ?
子供の心には、まったくイメージはつかめませんでしたが、
何か、しらたきのバケモノのような、
薄気味悪いものとして、
この言葉が強く心に刻まれたのかもしれません。

ブログの題名をつけるとき、インパクトのある言葉・・・
と考えたとき、とっさに頭に浮かんだ言葉でした。

「ムーミン谷の仲間たち」
とは、童話らしいお気楽な題名がついていますが、
今読み返してみると、大人が読んでも深みのある、
いえ、大人になってからでないとわからない、
子供だましではない短編集です。
ムーミン谷のさまざまなキャラクターが主人公です。

こういうものを読むとき、読む側としては、登場人物に
いろんな感情を持ちます。
「いるいる、こういう人」と誰かに重ねたり、
嫌悪感や、いとおしさを抱いたりと。

中でも、「しずかなのがすきなヘムレンさん」は、
繰り返し繰り返し読んだお気に入りの作品です。
このキャラクターに覚えたものは、共感でした。

さて、この、ブログの、いきたきのこなんですが、
できるだけ役に立つ情報を書こうというのが
目的だったのに、どんどんダレてきてしまいました。
ひとまず仕切りなおそうと思います。

読んで下さった方には、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました!

スポンサーサイト
  1. 2006/09/15(金) 08:30:53|
  2. 心と体
  3. | コメント:4

ちゃらちゃら流れる

お茶の水に毎週通っていますが、
お茶の水といえば、お茶の水・淡路町画廊があります。
画廊は、ツタのからまる古い古いお蔵。
行ってみると、こんなところにこんな場所が、あったのね!
と、驚くことでしょう。
今は向かいに銭湯ができたとか。
芸術観賞してお風呂に入って帰るってのもいいかも。

大昔、2度ほど、ここで絵の個展を開きました。
画廊のHさんとIさんは、本当に気さくで、
親切に親切にしていただき、
その後別の場所でやった私の個展にも来てくださったりと、
ありがたくて涙が出ます。
今年になって、お茶の水に行くようになり、10年ぶり位に
お邪魔しましたが、
10年ぶりとは思えないほど、お変わりなく、
そして親切にしてくださいました。
案内状をいただくのに、まったくごぶさたしてばっかりで・・・
今度の展覧会はうかがってみたいと思います。

神保町にあるのは、美学校。
大昔、ここの銅版画工房に所属していたことがあります。
そのとき、本当は、銅版画をやりたいというより、
銅版画工房の先生の、のけぞるほどの気のパワーを
浴びたくて通っていました。
と、いっても、私は内気、作品を作る姿を人に見られたくなくて、
誰もいないときを選んで工房に行っていたので、
存在感のない生徒だったと思います。
先生にとっては、サボりがちのけしからん生徒だったことでしょう。
その先生の訃報は新聞で読みました。
あの元気にあふれた先生が、まさか、
同じ名前の別の人だろうと思いました。

今は、当時、私と同期だった、Kさんが、講師をされています。
当時、背広の似合う、誠実真面目そのもの、
どこから見てもサラリーマンだったKさん、
今は美術作家として立ち、精力的に活躍されています。

ノリで買ったもののまったく生かされず、
ゴミでしかなかった銅版画のプレス機、
すばらしい画家の傍嶋飛龍さんhttp://www.atelier.cc/~hiryu/
に引き取っていただきました。
今はそこから魅力的な作品がどんどん生み出されていることでしょう。
モノはちゃんと使える人が持っていなくてはなりません。

思い出したが、銅版画工房でグループ展をやったことがあったっけ。
そのとき、私の知らないお客さんで、
事情は知らないが、身心ともに、つらい状態に陥っている
方がいたそうです。
その方が、私の作品を見て、ほっとした様子で、
「わたし、いま、こういう作品を見たい気持ちだったんだ」
と言ってくれたことを人づてに聞きました。
そういわれて、わたしもそういう気持ちになってほしくて、
作品を作ってるんだ、自分のしたいことはそういうことなんだと
思いました。



  1. 2006/09/12(火) 22:10:02|
  2. 心と体
  3. | コメント:0

半身砂浴

人影まばらな秋の海・・・

長袖、短パン、軍手、
農作業用麦わら帽子(ほっかむりできるやつ)、を身につけ、
コウモリ傘をさし、でかいスコップを持った、おばさんひとり・・・
それはわたし・・・

怪しい女が、また砂浴にやってきました。
こんどはひとりで。

砂浴、やってみたい!やってみたい!と思ってきたけれど、
やってみれば、よし!やるぞ!と決意してやるほど、
すごいことでもない。
とてもお手軽。
半身だけ埋まるなら、ひとりでできます。

台風の影響か、今日は波が高かった。
波の音をきき、波を見ながら、くつろぎのひととき。

砂浴で大事なことは、頭がラクな位置にくることですね。
枕になるものが必要。
流木とか、バスタオルをまるめたものとか。
砂ほりは、やはり小さい園芸用シャベルより、
大きいスコップがいいですね。

高波が迫ってきたので、今日も1時間ほどでやめました。
っていうか、飽きる。
でも、海に来たからには、どうしても、水に漬かりたい。
ちょっとだけ・・・
一歩一歩、海の方へ・・・

台風の海って恐ろしいです。
すごいスピードで、高波がやってきて、
せっかく今日の砂浴は水にもぬれず、うまくいったと思ってたのに、
また、腰まで水につかってしまいました・・・

この砂浴って、下半身浴もできるし、
頭浴、美顔浴もできると思う!
耳の穴にカバーし、呼吸の穴だけ確保して、
頭まで埋まる、死体みたいに・・・
全身の毒出し!
また、やってみたい!

(こまめな水分補給は忘れずに。
あと、たかが1時間でたいしたことないと思っても、
あとでかなり疲れます)

[半身砂浴]の続きを読む
  1. 2006/09/05(火) 17:45:21|
  2. 鍼灸治療
  3. | コメント:3

馬の背とは

夕立は馬の背を分けるっていうでしょ。

馬の頭には雨が降って、
お尻では降ってないことがあるっていうことだよ。

と、夫が言った。
夫はときどき、とんでもない勘違いをしていることがある。
そういうとき、私は鬼の首でも取ったように、うれしくなり、
揚げ足をとりたくなる。

ヒロ(夫)が、馬の背を分けるって、
頭とお尻のことだと言っていた!

と、先日母が遊びにきたので、そのことについて、
せせら笑って言うと、
「あら、夕立は、馬のたてがみが分かれる位、
激しいって意味なのにネ」
と母は答えた。

あれ・・・そうなのか????
  1. 2006/09/04(月) 19:25:09|
  2. どーでもいい
  3. | コメント:3

砂浴療法

ずーっと前からやってみたかった、砂浴をやってみました。

砂に埋まって体毒を排出するというもので、

数日断食した位の効果に匹敵するとか、
体からすごい悪臭が立ち上るとか、
これに使った土や砂は草一本育たないとか、
腫瘍や癌が排出されたとか、
ぶつけてもいないところにアザがうかびあがったとか、
宿便が大量に出るとか、
半身不随がなおったとか、
すごい話を聞くので、興味いっぱいだったのです。

ぱんつ一丁になり、お世話係(夫)に埋めてもらいました。
埋まってすぐに、体のあちこちが猛烈にかゆい!
虫でもいるのか!?でも埋まってるのでかけない!
20分ほどたったかと思う頃、
ざぶーん、潮が満ちてきて、海水につかってしまいました・・・
着替え、タオル、全部ずぶぬれ。
気を取り直して、もう少し海から離れて埋まりなおし。
肌寒くなってきたので早々に中止しましたが、
トータル1時間ちょっとは埋まったと思います。
(本格的なのは8時間位埋まるという)

しかし問題はどうやって帰るかです。
すべてがずぶぬれだから・・・
でも、海って開放的な気分にさせるの!
わたしは青色のぱんつをはいていたのですが、
水着も下着もたいして違いはない。
だれも、見ちゃいない。

そうよ!私のはいてるのは水着よ!
と、正々堂々、ぱんつ一丁、カサで胸だけ隠して、
車までもどり、半乾きのワンピースをはおって
帰ってきました。

比較的涼しく、汗もかかなかったので、
大して効果は無かったと思ったのですが、
家に帰ってシャワーを浴びたあとのさっぱり感は、
サウナ以上。
そして体はぽっかぽか。
肌はすべっすべ。
いちばん安価なエステじゃないか?
あとでネットで検索してみると、体がかゆくなったのは
毒素を出す体の反応のようです。

コレ、あまりおおげさに考えず、海に遊びにいったついでに、
半身だけでも、砂に埋まるといいと思います。
来週もやってみよう!
お世話係の方は大変なんだけども・・・
  1. 2006/09/02(土) 20:47:16|
  2. 鍼灸治療
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。