いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分ではない自分(健康であってはいけない)

本当は違うかもしれないのに、
「これが私だ」と思い込んでいる
「私」がある場合があるのです。

「禁止令」ということばがあります。
子供が育つとき、その子とかかわりのある人から
発せられる否定的メッセージです。
それは特に、親などの、不安・失望・怒り・欲求不満等の苦痛から
知らず知らずのうちに発せられたもので、
それを子供が取り込んでしまうと、否定的自己評価につながり、
慢性的な人生の悩みや問題をもたらしてしまうのです。

一例をあげれば
「成功するな」という禁止令。
完全主義であったり、嫉妬があったり、
潜在的に、子供が自分より成功するのを望まない親からの
メッセージであったりします。

「お前は肝心なところで、必ず失敗するんだから」
「お前は何一つ、満足にできない」
といった態度や言葉を受け続け、
子供がそれを取り込んでしまったらどうなるでしょう。
「自分はなにもできない人間である」
という自己評価を持ってしまい、
いいところまでいっても、後一歩でしくじるような
非建設的人生を繰り返すようになってしまうことが
あるかもしれません。

さて、鍼灸治療をしていて思うのは、
「健康であってはいけない」
というメッセージを、知らず知らずのうちに
取り込んでいる人は、けっこういるかもしれないということです。

「あなたは弱いんだから、なにもしなくていいの」
「食べ過ぎると、あなたは必ずお腹がいたくなるんだから」
といったメッセージを受け続けるとか、
病気になったときだけ、やさしくしてもらえるなどといった場合です。

そして、「自分はもともと病弱なのだ」
「ほかの人のように健康を楽しんではいけないんだ」
という自己評価ができてしまったら、
「病人」という役割を、抜け出せない人生になってしまいます。
それで、ドクターショッピングをし続けてしまったり、
逆に健康管理が投げやりになり、重い病気を招くことも、
考えられなくはありません。

ある初老の女性が、言いました。
「子供の頃、体が弱いからと、いつも体育は、見学だった。
学校帰りには、よく病院に行って注射をしてもらっていた。」

「でも、今思うと・・・
ずっと、体が弱い弱いと思ってきたけれど、
本当は、すごく健康な体だったんじゃないかと思ってる」

「貧しい片田舎では、お医者さんにかかれるということだけでも
一種のステイタスだった。
私の母は、それを、私を通して誇示したかったんじゃないだろうか。」

そしてその人は、今はとても健康で、
体育に出なかったとは思えないほど、元気にスポーツに、
取り組んでいるのです。

「禁止令」に、気づいたわけですね。
(って、これは私の母の例ですけど。勝手に出してごめん)

自分の中で、不自然な行動パターンに気がついたら、
「禁止令」に、気づいたら、
それを解除しましょう。
「お前であるな」
「成長するな」
「子供であるな」
「重要であるな」
「属するな」
「近寄るな」エトセトラ。
(それは、麻薬患者のように、絶つのが大変なものではありますが。)
「禁止令」に、主導権を握られない、と決意するのです。
「私は、健康で、幸せであっていい」というふうに。


スポンサーサイト
  1. 2005/07/27(水) 00:00:00|
  2. カウンセリング
  3. | コメント:2

キシローさん

キシローさんは、水戸では有名な人にちがいない。

私は先日の夫の誕生日に、初めてお目にかかりました。
誕生日なので食事にでも行こうということになり、
当然お酒も飲むので、バスででかけたのです。

そのバスの運転手がキシローさんです。
バスに乗ったとたん夫が
「オレあの人知ってる、この人のバス、前も乗った」というのです。
キシローさんのバスは明るいのです。
キシローさんがよくしゃべるので。
ちょっとゆれますからね~、つかまっててくださいねぇ~
停止信号で~す、とまりますよ~
という具合にいちいち楽しげな口調で話すのです。
「イケメンなんだぜ。降りるとき顔みるんだぞ」
と、夫がいいました。

降りるとき、「ええといくらかな、
ええと、230たす230わ~?(バカ)」ともたつくと、
キシローさんが「ハイ、おふたりで460円ですね」と
計算してくれ、
財布で小銭を探していると
「ゆっくりでいいですからね~」と言ってくれました。
顔を見れば、
ななんとサワヤカな笑顔、
あまりの二枚目、
こんな若者みたことない、と
のけぞってしまいました。

いくら好きでバスの運転手をしていても、
毎日毎日楽しそうにやっていくには
ある意思がいると思います。

楽しそうに仕事をしている人を見るとうれしくなります。

それと、水戸の人は礼儀正しくて、
バスを降りるとき、皆、運転手にお礼を言うのです。
初めて水戸に来たとき驚きました。
  1. 2005/07/14(木) 00:00:00|
  2. どーでもいい
  3. | コメント:0

脳卒中後遺症

鍼灸学校に通っていたとき、
脳梗塞を起こしたが、
発症直後から鍼灸治療(それも毎日)を受けて、
後遺症も残さず、お元気になった先生がいらっしゃいました。
直接、ご本人から実体験を聞き、
鍼灸治療ってすごいんだな、と思ったことがありました。

一般に脳卒中のリハビリは、発症後、半年が勝負、
鍼灸治療も早期がより効果的で、その後の回復はゆるやかと聞きます。

しかし、時間がたっていても、
リハビリも、鍼灸も、患者さんが辛抱強く取り組めば、
それなりの効果があるのではないかと、
今、私は実感しています。

鍼灸の効果としては、筋の緊張や痛みの緩和、
血流の改善、生体全体の力を上げて治癒力を早めるという
ことを考えますが、
徐々に神経が回復していくことのほかに、
鍼によって、
働かなかったところを一気に働くようにする
というような、即効性も感じています。

ご本人の許可を得て、Aさんのことを書きます。

Aさん(50歳)
平成10年7月と平成15年4月、2度、脳出血を起こす。
右半身の麻痺(主に感覚麻痺)
上肢はスムーズに動かせるが、下肢は歩行時にうまく動かせない。
(ふとんをかけていても右半身はかかっているかどうかわからない。
右肩を後ろから叩かれてもわからない。
ズボンのポケットに手を入れた時、
どの指がポケットに入っているのかわからない。)
テレビ番組が理解しにくい。
発声がしにくい。
重心が安定しない。立位でバランスを崩しやすい。
(玉乗りをしているよう。雲を踏むよう。
足が石膏で固められたよう。)
分まわし歩行で、つま先を地面に引っ掛けることが多い。

右半身の感覚麻痺ということは、
ご本人にしかわからないことで、外見からは確認できず、
目標の設定のしようがありません。
そのため、モチベーションもわかないものですが、
やる気が出ないときには、
バッチフラワーレメディを服用していただきました。
(飲むと本当にやる気がでてくるのです)
ご自身でも、練功18法、施灸、井穴の刺激、
黒酢の足湯をしていただきました。

平成16年7月より週1度のペースで鍼灸治療を開始
(発症後1年以上たっています)
10月/血圧が安定してきて、血圧の薬を弱いものに変える。
11月/気功体操(練功18法)開始
12月/右足の前方蹴り上げ、後方蹴りだしがしやすいと感じる。
平成17年3月/起座の姿勢で、移動ができるようになる。
(これまではバランスを崩してできなかった)前進もバックもできる。
4月/頭鍼開始 直後に顔の重い感じがとれる。
5月/左足で、片足立ちができるようになる。

頭鍼に関しては、即効性を感じます。
両足で立っていてもグラグラしていたのが、
目を開けた状態なら、自由に片足立ちができるようになりました!
また、腹診のとき、腹部の右半分は
感覚がなかったわけですが、
今は、どの程度の力で押しているか感じるようになってきました。

右足での片足立ちは、足裏の感覚が鈍いため難しいですが、
オットットとバランスを崩しても、
週ごとに、立て直しがしやすくなっている進歩が見えます。

そして7月本日/右足でも、4秒立っていられました!!
思わず「オー!」と言ってしまったんですが、
患者さん自身も驚かれていました。
いままでは、右足が踏ん張れないので、
右側に倒れるのがこわかったそうですが、
その恐怖心もあまりなくなってきたとのことです。

目標設定が難しい中で、患者さん自身の取り組みは、
素晴らしいものがありました。
途中、肩や膝の痛みを起こされたこともありましたが、
それらは、ほとんど、ご自分によるお灸や井穴の刺激で改善。
ご自身でも試行錯誤されています。

脳卒中の、治療やリハビリは、
目標地点のみえない持久走のようなものです。
片足立ちができるようになったからといっても、
日常生活においては、大きな改善とはならないかもしれません。
それでも、辛抱強く取り組まれているAさんに
拍手を送りたいと思います。
(禁煙も応援しています!)

よほど鍼灸に親しんでいないかぎり、
脳卒中の治療に鍼灸を考える人は少ないと思います。
鍼灸の効果について知っていただきたくて
書いてみました。
  1. 2005/07/14(木) 00:00:00|
  2. 鍼灸治療
  3. | コメント:1

だいたいにおいてせっかち

新しい土地に引っ越したとき、
美容院に困る。
自分の思うような美容院がない。
ただ髪を切ってくれればいい。
それだけなのに、自分の行きたい美容院がないということは、
自分は少数派ということか。
私の美容院へ望むことはたったこれだけなんです。

①うまい。

②早い。(ものすごく。)

③思いきって切ってくださいといったら、
遠慮せず思いきって、ザクザク切ってくれる。

④ネコもシャクシもシャギーにすりゃいいと思っていない。

⑤肩もむの、やめて。肩もまれるの、キライ。
 美容院に行ったら、絶対に「肩はもまないで下さい!」と言おう!
 「絶対に!」
 と決意して行く。が
 「肩、おもみしますね~」と言われると、
 「ハイ・・・・・」と言ってしまい、
 あとで「あの決意はなんだったのよ!?」と自分を責める。

⑥シャンプーリンスは省略。とにかく早くして。

⑦ブローも省略。とにかく早くして。

⑧話しかけてくれなくていい。雑誌読むのが楽しみなので。

⑨手の届くところにどっさり雑誌を積み上げてほしい。
(女性セブン、週間宝石、フラッシュなど。
 私は図書館に置いてない、ドロドロ!とか、怨念!とか
 骨肉!というものを読みたいの。
 JJとかCanCamとかはいいです。)

⑩お茶やコーヒーもいりませんので。とにかく早くして。

⑪閑散として待ち時間がない。

最も理想に近いのは15分1000円カットの店ということになる。
先日行ってみたのだが、
本当に残念なことに、
①が満たされなかった。
思いきりよく切ってもらったが、ペキン原人のようになった。
しかし、私の顔はアジア系なので似合わないわけでもない。
(そういえば以前バリに旅行に行ったとき、
ホテルのフロントの人に、下手な英語でなにか頼みごとをしたところ、
通じなかったらしく、
「アイドントノウカントニーズ(カントン語わかりません)」と
言われた。)
だけどやっぱりペキン原人風なら、自分でもカットできるので。

①から⑩まで満たす美容院だったら、
高いお金を払ってもいいです。
15分5000円でもうまかったら行きますね。
水戸にないですか。
  1. 2005/07/13(水) 00:00:00|
  2. どーでもいい
  3. | コメント:2

ありがたいです

治療の感想や、
その後の経過を、メールでご連絡くださる患者さんが
時々いらっしゃいます。
本当に本当にうれしく、ありがたく思います!!!

その後、患者さんのお体の具合はどうだろうか、
ということは、いつも気になっています。
また、治療のご依頼が途切れたときに、
治ったからご依頼がないのか、
それとも、効果がなくて、こりゃダメだと考えられたのか
どうなのかも知りたいところです。

よく学会の症例報告で、
「患者が治療中断のため、以後不明」
という発表があるのですが、
それでは症例報告にならないんじゃないの?
と感じることがあります。
(だって、もしかして患者さんが治らないのであきらめて
治療をやめてしまったのなら、
参考症例にならない)

自分としては最適と思ってやった治療が
果たして患者さんにとってはどうだったのか、
あるいは別な方法がより効果的だったのかを知るためにも、
その後の経過を知ることは、
大変に勉強になります。

お時間がありましたら、
どうぞご遠慮なく、ご感想、経過を
お聞かせください。
  1. 2005/07/11(月) 00:00:00|
  2. 鍼灸治療
  3. | コメント:0

訂正とお詫び

間違えていました。

夫に、まずいラーメン屋の話を書いたよと言ったところ、

「それ、ちがうだろ。
その店の名前、
日の出、じゃなくて大江戸だろ。」
と、言われました。

「日の出」という、千葉にある、沖縄ソバを出す店の名前をみて、
連想するまずさが1とすれば、

「大江戸」という、千葉にある、沖縄ソバを出す店の名前で、
連想するまずさは、70くらいですかね。
  1. 2005/07/09(土) 00:00:00|
  2. どーでもいい
  3. | コメント:0

全国まずいもの選手権

以前そういう名前の
番組だったか、
コーナーだったか、
あったような気がする。

どろ~んとした空気が、
テレビの画面からしみ出てくるような料理店。
そこから、背中にビンボー神をしょってるような
店主がでてくる。
その店主が、おたまでナベをかきまわしている。
なにかわからないけど残飯みたいなもの。
一体何が入っていて、どんな匂いがするのか。
出てきた料理は、画面で見ただけでも
心の色をグレーにさせるものがある。
レポーターが、おののきながら、
一口すすり、ヴっと苦痛に顔をゆがめる。
それほどまずいものってどんな味!!???
ああ~っ食べてみたくなってしまいます。

ほんとに好きだったんだけどあのコーナー。
あの、「まずさ」で有名になった店は、
今どうなっているのかとても気になる。

いまのよのなか、それほど激しくまずいものには
行き当たらない。
それだけに、まずいものに出会えた日には、
おいしいものに出会ったとき以上に
心に刻みつけられる。
そしてあんまりまずいと、笑顔さえこぼれるほどに。

各地を引っ越して歩き、いま、
一番印象に残っている店をふと思い出す。

ラーメン「日の出」

店名からして、これは。なにか。におう。
食べちゃいかんという危険な香り。
その店(小屋)は、
千葉県市原市の、田園地帯にぽつりとありました。

夫が、何を思ったか、「この店に入ろう」と言った時、
「やばいべ!!!やめようよ!!!」
と、言いそうになったが、
空腹時だったので(殺気立っているので)、
夫を刺激してはいけないと思い、
従ったのでした。

のれんをくぐると、
思ったとおり空気がうごいていない、
そしてなにかわからないが妙なかんじ。
内装がヘンというのか。
入り口のテーブルに、ひるまから酔ってクダをまいている
おじさんひとり。(たぶん近所の人)

そこの敷地には、リサイクルショップ(廃品屋)があり、
「日の出」は、それに隣接しているのだが、
どうも、店の内装は、みんなリサイクル品(廃品)
のようだ。
それがちぐはぐな雰囲気をかもしだしている。

店内には赤いちょうちんがいくつか下がり、居酒屋風。
だけど、かすりのもようがついたビニールの
四角いスツールは、ソバ屋風。
カウンターの上にはメモ帳とか、読みかけの新聞などが
散乱していて、お茶の間風。

私たちは、手作りのカウンターに座った。
これが高さがおかしい。
イスが低くて、カウンターが高すぎる。
ムネのあたりに、カウンターの位置がくるので
肘をつくとなんかこう、
ちいちゃい人になったかんじ。

チラシの裏紙を使って、
マジックで書いた壁のメニューを
見ると、

タイスキ
東京ラーメン
トンコツラーメン
ショッツル鍋
沖縄ソバ
すばらしく節操のない品書き。

夫は喜び、
「オレ、沖縄そばって食べたことないんだ、沖縄ソバ!」
「んじゃわたしもそれ。(初めての沖縄ソバをチバで食べようとは)」

ものすごく時間がかかって、でてきた沖縄ソバは、
お湯に塩をいれたようなおつゆで、
上に、歯ごたえのある豚くさい肉のかたまりと、
厚焼き玉子が乗っていた。

沖縄ソバって、厚焼き玉子が乗っているものなのか。

さあ・・・知らない。

廃物屋の片手間に、ラーメン屋を始めたんだけど
客は全然来ないので、
お店の人は、のんびりホカ弁を食べていた。
そこへ、不意に私たち客が来てしまい、
材料も用意しておらず、「困った!」
そこで、沖縄ソバに、「玉子焼きでものっけとけ!」と
食べかけの、ホカ弁のおかずを、のっけた。

と、いうことを私は想像した。
そしたら気持ち悪くて、食べられなくなった。

夫は全部、汁もぜんぶ、食べた。

店を出て、
「いや、まいったね、激しくまずかったねあの店」と
私がいうと、
「ん?ア?そうか、そーいえばまずかったかな」
と、夫は言った。

その後、「日の出」の前を通ったら
更地になってた。

もう何年もたつのに、ただ1回行ったお店を
克明に覚えている。
ほどほどにおいしいお店はもう忘れてしまったのに。
将来も思い出話として何度もおいしく楽しめるお店。
笑えないまずい店というのもあるが、
それは思い出したくない。



  1. 2005/07/06(水) 00:00:00|
  2. どーでもいい
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。