いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嗅覚障害

Sさん(47歳)
2年前、蓄膿症手術。
一時的に嗅覚が回復したが、今は、においが全くわからない。

4回の治療後(12日後)
「ん?ネギってこんなに臭かったっけ?」と、食事をしていて思ったそう。
嗅覚が、ご本人の自覚では、4割程度にもどった。

5回の治療後(16日後)、5割程度に回復。

頭部にハリを打つと、鼻がスッと通るのがわかるそうです。

ご自宅でも、自分でもできる方法を試されています。
これが、涙が出て、ちょっと(人によってはかなり)痛みを伴うのですが、
チャレンジされているのがすばらしい!です。

風邪をひいて一時的に、においがわからなくなるだけでも、
食事がおいしくなく、味気ないのに、
それが2年(それ以上?)も続いていたのは、
様々な面で、ご不便だったことと思います。

ところで、Sさんの主訴は、手指のしびれでした。
嗅覚の回復の方は、
あまり期待されていなかったかもしれません。

鍼灸が、このようなものに効果を発揮することを、
知っていただければと思います。

またSさんには、手指のしびれのほか、
股関節が開きにくい(あぐらがかけない)という症状も
ありました。
(つづく)




スポンサーサイト
  1. 2008/09/18(木) 00:00:00|
  2. 鍼灸/鼻の症状
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。