いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無題

明るい未来を、ありありと思い浮かべることは大事。

ただ、それは、深刻な現実に目をつぶることとは異なる。

でも、人間様は、バカなので、目先のことしか見えません。
ちゃんとした人でも、せいぜい老後ぐらい。

100年後なんて、考えられませんね。

・・・100年後、私たちの、孫、ひ孫あたりが、原発の後始末やってるのかしら。

それとも、人が踏み入ることのできなくなった日本で、野生の王国ができあがっているかしら。

人間様は、地下のシェルター生活をやっているのかしら。

そんなつまらない想像をします。



テレビって人を巧妙にコントロールしてますね。
テレビには惑わされない方がいいですね。

人間様は、自分の心の注意信号より、
横を見てしまう。
横の人が笑っていたら、本当は大丈夫じゃないのに、
大丈夫なように錯覚してしまうところがあるんですよね。

美容院で、女性週刊誌を読んでたら、
かなりショッキングで、ナマナマしいことが書いてありました。
こういうときは、週刊誌の方が、真実を言っているのかもと思いましたね。

人命救助など、尊いお仕事だと思いますが、
今、原発で作業をし、
人間様の過ちの尻拭いをしている方々、
命をかけて、
日本、いや、地球を救う、本当に大変なお仕事してるんだと思います。

水を放水した人、泣いてたじゃない。

死んじゃうかもしれない、しかも結果の見えない、つらい仕事だよ。

どんなに人間がセッセと復興!と努力しても、
とうてい追いつかない脅威にさらされているんだよ。

この人たちがなんとか頑張ってくれないと、
日本国民の明日はないかもしれないんだよ。

本当に。

だけど話題にもなりませんね。

地球の命運のかかってる仕事なんだから、
この人たちの待遇なんとかならないものだべか!

せめて、元気の出るおいしい食事がでるとか。

ゆっくり寝られるとか。
少しフカフカのふとんだとか。

電気会社や政府が総力をあげて、この人たちに厚待遇してもいんでないべか。
それじゃなければカンパしてもいい。こういう方たちに。



・・・こうして、オバサン、ひとり、気をもむだけでした・・・
スポンサーサイト
  1. 2011/04/13(水) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

おすすめです

窓ふきをしていたら、でかいアブが入ってきたので、思わず
ぐわわわぁ!!と叫ぶと、外のドッグランにいたメリーちゃんが
ギャンギャンギャンギャンと鳴きます。
私を心配してくれているのです。
「メリーちゃん、私は無事よぉ!」と声をかけるとなきやみます。

ところで、犬かきも練習次第のようです。
水かき(肉球)の大きいジョイスが泳ぎがうまいとおもいきや、
メリちゃんの方が上手です。
ジョイスは足が立つとわかれば躊躇なく水に入りますが、足がつかないと、
必死で前足をかくので、立ち泳ぎになっちゃいます。

ところで、ここに住むようになってからほとんど外食はしません。
そして外食するからには、「こんなのだったらウチでもつくれるじゃん」というものだとがっかり。
とくにいわゆるカフェめしというのか、大き目の皿にチマチマとかわいく盛られた
「喰った気しない料理」だとがっかり。
せっかくなら、シロートにはつくれそうにないものか、
こんなの初めて食べた~という料理を食べたい。
それじゃなければ、せめて、感動するほどまずい店、
ひどく妙~な店に入りたいものです。

そんな中、おおこれは、というお店をみつけました。
ナチュールさんです。
よく前を通ることはあったのですが、営業しているかわからないようなさびれてたムード(失礼)。
そして「自然食レストラン」とか書かれていると、ますます期待できない(偏見)。

そんな予測に反し、めったにないほどアタリの店だったのです。

特殊な材料を使っているわけじゃないけど、野菜や魚、素材そのものがぜんぶおいしい。
そして、これどうやったの?どうすればこんなにおいしくなるの?というような
とてもていねいなお料理。
冷やしたコーンスープの中に、
とうもろこしのおいしさを凝縮したような塩アイスが入ってるの(初めて食べた)やら、
ものすごく濃くてダシのきいたブイヤベースとか、(鮮魚卸売もされているらしいので当然か)
ただのトマトのサラダでも、離れていてもプワーンとトマトの香りがただよう位で、
プチトマトがわざわざ湯むきしてあったりする。
パンは酸味のある天然酵母。
デザートも4種類もでてきてびっくり、
チーズクリームとフレッシュな果物の入ったクレープ、
チョコレートケーキ、メロンの入ったエクレア、それともうひとつ(忘れた)とあり、
お皿にほんのちょこっととたらしてあるのが、
ほろにがい、ちゃーんと手作りのキャラメルソース。

量も味も大満足、それでこのお値段?というお店です。

勝浦、鴨川方面に観光の際にもおすすめです。
ペットもOKとのことでした。(私は連れていったことはありませんけど)
オーナーおひとりで、ていねいにつくっているお店なので、
あまり大人数で種類の異なる料理はできないと思います。
予約して行った方がいいと思います。
  1. 2010/08/06(金) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

危機迫りくる!!!

井戸水の、水位を確認してみました。
約1メートル(井戸の直径は約67センチ)・・・

少々、水に、藻の匂いがしはじめて、気になっていました。
去年は、9月始めに、涸れてしまい、
実家に避難したのでした。

まずいです。
昨年よりは、だいぶ節水してきたつもりですが、
7月は、雨がほとんど降っていないし、これからも、降りそうにない。

しかし、通常の水位をはかっていないので、
1メートルというのが、どの程度の危機なのか、
1日にどのくらい水が染み出てきているのか、わかってない・・・

まあ、浴槽に3回くらい、立て続けに水を張ったら
なくなるであろうことは想像ができます・・・

トイレは、「大しか流さない作戦」、いかねばならぬか!?
洗濯はコインランドリーで!



  1. 2008/08/03(日) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

ところでおしらせ

今、ブログを3つもやることになってしまっています。

1つは、このブログ、
もうひとつは、犬の里親募集
そして、もうひとつ、こちらが、本当は一番大事にしたいブログ
こちらは、「鍼灸治療、健康、心と体のことについて」がメインで、
書こうと思っていることは山のようにあるのですが、
それを書くのはエネルギーが要り、
いままでも(たいしたことない内容の割に!)すごーく推敲して、
1つの文章を書くのに何日もかけて書いてきました。
ホームページの、いままで書いたものもそうです。
もちろん、後から読むと、つたない内容だったり、ムダが多かったり、恥ずかしかったり、
考え方が変わったこともありますが・・・

それが、軽ーい日常のことを書く方が楽なので、ついつい、滞るようになってしまいました。

もともと、「鍼灸治療、健康、心と体のことについて」は、「いきたきのこ」に
書いていたのを、いったん分けたのですが、
分けたら、ほとんど誰も、お読みになっていないようです。
やはりこのブログは、もうしばらくしたら「いきたきのこ」に、統合しようと思っております。
  1. 2008/06/07(土) 17:00:01|
  2. いいたいように言う

きれいな名前

ネーミングというのは大事です。
ちょっとした言い換えでイメージが変わる。
しかし、どんなモノも美しい包装紙につつみ、
キレーキレーにしてしまう世の中も
どうかと思うのです。

たとえば「差別用語」というものがありますが、
その中にはどこが差別なの?と思うものもあります。
あからさまな侮辱や、ネガティブな意味合いをもつ言葉は、
変えた方がいいかもしれないけれど、
ほとんどは、意味が通じやすいストレートな言葉でいいのじゃないでしょうか。

差別!差別!と、過敏に反応するかどうかが、
むしろ、差別意識の呪縛にとらわれているか、いないかの、
バロメーターになることもあるのではないかな。

最近目にしたのは、
「成人更生推進センター」とかいう言葉。
へー、そんな施設があるんだ、と言ったら、夫が、
それ、刑務所だよ、と言いました。
「成人更生推進センター出身です!」
履歴書にも書けそうね!
って、
フツーに刑務所でいいじゃねえか!!

と、ここ.からが本題ですが、
夫の職場近くに野犬がいっぱいいて、
動物愛護センターに連絡したというのです。
「ひどい!、その犬たち数日以内に殺されちゃうよ、
それも、苦しんでね。
ほかに方法はなかったの?
うちのジョイスだって、みつけた人次第では、
もうこの世にいなかったかもしれないんだよ」と夫に言うと、
夫は「だって、愛護センターだよ」と、
脳天気に言うのです。
どうやら、愛護というくらいだから、
かわいいかわいいと、犬の面倒を見てくれて、
里親探しに奔走してくれる施設だと思ったらしいのです。

こういう、カ・・・(ハッこれは差別用語?)
いえ、脳天気な人は、ほかにもたくさんいるはずです。

これも、私は、愛護センターなんて偽善的な名前でなく、
犬猫殺処分センター」というネーミングが
わかりやすくていいと思うのです。

ここに動物を持ち込む人のなかには、
勘違いしている人もいるかもしれません。
意味のわかるネーミングによって、安易に持ち込む人が
少なくなりはしないでしょうか。
  1. 2008/04/14(月) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

デイジーちゃん

手づくりパンに入れようと思い、
ゆであずきの缶詰をスーパーで買いました。(実際、缶詰は
汁気が多いのでアンパンに入れるにはあまり向いてません)
パンに入れなくても、ときどき発作的にあんこものが食べたくなることがある。
ゆであずきの缶は、よく戸棚にストックしてあるのです。

ちょっと味をみて、
いつになく「んっ、このゆであずき、特別おいしくないか!?」と
感じました。
スーパーの安売りで買った、よくある缶詰ですが、
これぞ、あずき!という、しっかりとした風味が、鼻に抜けます。

どこのメーカーだろう、と見てみると、
「デイジー食品工業」。

・・・知らない。

でも、社名が、カワイイ。

気に入った。

くるくると缶詰を回してみてみると、

●北海道十勝産あずき

●北海道産ビートグラニュー糖

●北海道産宗谷の塩

原材料から加工まで全て北海道100%

と、書いてあります。

楽天市場でも扱っていて、
にんじんジュースやトマトジュースでは評判のある、
富良野のメーカーのようです。
http://www.rakuten.co.jp/daisy-shop/index.html

良心的に、地場産業でがんばってるかんじで、好感がもてる。

ブランドや評判でなく、
自分の嗅覚?、味覚だけで、
すてきなものを見つけたときは、
とくべつうれしくなります。
いまどきの、ごまかしの商品かどうか、以前に、
自分の舌でおいしくかんじるのだから、
私にとっては、まちがいない。

さっそく、あずき缶24缶(24缶単位で売ってるので)を、
取り寄せようと思いましたが、
24缶!、
24缶って!?
ちょっとまって、どーすんの?
と自制しました。

しかし、ここ10日ほどの間に、
パンづくりで、強力粉5キロ、
使いきってしまったことを考えると、
おいしいあんこ24缶くらい、ぺろりと食べられるかもしれません。
  1. 2008/02/22(金) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

こっちも。

このブログは遊びで書いているブログですが、
こっちのブログの方が、書くのに力が入っていますので、
http://tikatiryou.blog123.fc2.com/
オヒマなら、こちらものぞいてみて
くださいね~
薪の山

うちは材木屋か、というかんじです。
しかし1月の厳寒期に、いったん薪が尽きてしまい、参りました。
(今ためている薪は、湿っていて使えないので)
伐採した竹も売るほどあります。
竹炭でもつくろうと思っていますが、とにかく大量。
大変な状態です。
今日は、竹の小枝をかたづけるのに、3時間ほど格闘しましたが、
まるでかたづいているようには見えず、徒労感。
かたづく日が来るのか。

以前、ほぼ毎年のように、引越し生活をしていたときも、
大量の引越し荷物を前に、途方にくれ、
気の遠くなる思いをしたものでした。
しかし、こつこつやればいつかはかたづくのだ。
しかし、絶対無理をしてはいけない。
また体を故障する~
  1. 2008/02/17(日) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

ぱんをこねこね

ふーん、羊水腐るか、
そんなに目くじらたてなくても・・・
ちょっと軽はずみだっただけで・・・
それくらい、言ってもいんじゃないの。

私は別に腹立たないけどな。

なんで腹立たないのかな。

差別的発言だったらムムっとなるかもしれないけど、
これは、差別発言ではないもんね~
年齢は平等だもんね~
誰でも程度の差こそあれ、
平等にピチピチのときを体験し、
いずれは、シワシワヨボヨボになる。
若さは残酷だけど、その残酷さをわかるときも
あとでちゃんと来るんだモンね~
コネコネ

パンをこねるのって、このようなつまらない考えごとができて、
脳みそがバカになれていいねえ~

天然酵母パンは、ふくらまず、パンとは似ても似つかぬものができました。
でも食べてみたら、
粉チーズを練りこんだような濃厚な味。
これはこれで、そういう食べ物だと思えば、まあまあの味です。
天然酵母パン

そして今度は天然酵母をネットで注文してみました。
パン作りはまだまだつづく・・・あたってるの


  1. 2008/02/07(木) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

イチコーサン

私は、グルメとか言われる人の味覚は、ぜんぜん信用していないのです。
「グルメが勧める、」
「行列ができる、」
「テレビでも話題の、」
そういう枕詞がついたお店で、おいしいと感じたためしがない。

それ以前に、つきあいで入る以外、そういう店には絶対に並ばない。

そういうところに並ぶ人は、
有名だから、とか、
人がたくさん待っているから、ということで、
ワレモワレモと、フラフラ並んでしまう。

腹をへらして、並んでまで、食べたんだから、
きっと、たぶん、おいしい・・おいしーよね!
と、集団催眠にかかってるよーなもんだ!
と、内心思っております。

しかし、どんなにまずい店でも、思い出にのこる、インパクトが
あれば楽しいです。
http://tinattou.blog13.fc2.com/?q=%C1%B4%B9%F1%A4%DE%A4%BA%A4%A4%A4%E2%A4%CE
↑参照(ずいぶんと前に書いた)
でも、おいしい店の見分け方はありますね。
それはおいしそうなにおいがすること。

ふと思い出しましたが、八王子の線路沿いにラーメン屋があり、
夫が、こういう汚い店、うまいんだな、と言って入ろうとした。
換気扇からは、かすかにゲロに似た匂いがした。
「やめたほうがいいと思うよ、だってげろのにおい・・・」といおうとしたが、
夫の腹が減っているときに、気持ちを逆撫でしてはいけません。
店に入ると、客は誰もいないのに、洗い物がたくさん流しに放置。
その後は、ラーメン大江戸と
(まずいもの選手権では日の出と書きましたが、
正しい店名は大江戸でした←店名からしてラーメン屋としては激しくまずそう)同じです。

話があちこちに飛びますが、上総牛久駅近くに、
何年も前から、気に入っているお店がありました。
店構えはごく普通の、中華料理屋なのですが、
こんなローカルな場所には似つかわしくないと思えるほど、
ヘタに中華街で食べるよりずっとおいしい、しかも安い、
台湾人がやっている台湾料理店なのです。
香りのいいジャスミンティーもたっぷりポットに入れてもらえるのです。
白いおひげのコックさんがいらした。
ちゃんとした料理修行をされた方ではないのかなあ・・・

このお店が、どういうわけだか、いつ行っても閑散としているのです。
向かいのファミレスには車がたくさん入っているのに。
この近隣の人の味覚はおかしいんじゃない?どーいうことなんだい?と、
失礼ながら、思っていました。
今住んでいる勝浦からは、40分ほどなので、これからは、
東京方面に行く折に、ときどき行けるんだな、と、楽しみにしていました。
たしか、おせち料理をつくっていたな、今年、試しに注文してみようか、
とも思っていたのです。

したら、先週、テナント募集になってるのを発見!

近年まれに見る、肩がガックリ下がるきぶんです・・・・

本当に残念です・・・・

一吉香(いちこう)さん、どこかメジャーな場所に移って、
はやっていることを、お祈り申し上げます。

おいしくもまずくもないけど、ぜったいつぶれてほしくない店もある、
インドカレーのBというお店についてはまたこんど・・・
[イチコーサン]の続きを読む
  1. 2007/12/11(火) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

買ってはいけない

初めてミニ耕運機を使ったときの感激は忘れません。
1週間汗水たらす仕事が、1時間もあれば完了してしまうなんて!

それからは、庭作業に便利な道具は、迷わずどんどん購入することにしました。
そして3万いくらで、買ったガーデンシュレッダー。
R社のちゃんとしたメーカー品。
シュレッダーといえば、紙のシュレッダーのイメージでした。
剪定した、かさばる枝や葉が、こなごなに粉砕!
カサは、何分の一かに縮小され、立派な肥料に!!
そう思っていました。

喜び勇んで、さっそく枝葉をつっこむと、
おかしい、詰まるだけ。
入れる、詰まり、停止するので、ねじをあけ、中のくずを取り除く。
入れては詰まる。
詰まっては開けて、取り除く。
次第にイライラし、そして、激怒し、
買ったの間違いだったカッ!?という疑念がでてきて、
作業中止し、シュレッダーは納屋へ。

何日も放置し、怒りのほどぼりがさめたころ、
だってさあ、こういう商品があるということ自体、なにかの役にたつことは
確かなんだよね!
説明書みて、もういちど挑戦してみよう、せっかく買ったんだから!
と、チャレンジ。

説明書には、「葉っぱは粉砕できません」と書いてありました。

もしかして、
イヤ、
もしかしなくても、

・・・ハサミの方が、効率マシじゃない?

・・・いや、それよりも、燃せば30分で済むんじゃない?
とさらに湧き出る疑念を抑えつつ、
怒りをこらえつつ、枝をつっこんでましたが、
ひどい徒労感を感じ、
また、シュレッダーは納屋行き・・・しばし放置・・・

製材屋さんが薪を届けに来てくれて、
アレナニ?とシュレッダーを指差すので、
「ああ、枝を粉砕するやつ。」と言うと、
バカだねえ!
なんでそんなもの買っちまったの!」
と言われました。

ナナちゃんのお父さんがきて、
アレナニ?と聞くので、
「枝を粉砕するやつ。
・・・いります?(一応念のため、きいてみた)」
と言うと、
イラネ!」(即答)

だけどさああ、安いものじゃないし、買ったばかりだし、
やっぱり使いこなすべきじゃないの?
もったいないじゃない。
と、思い直し、再々度、チャレンジへ・・・

これ、最大3センチ径の枝が切れるという売りだけど、
実際、小指大くらいしか、切れないのね。
それもまとめて入れると、切れないのね。
それも垂直に入れないと、切れないのね。

そう、使いこなすには、

粉砕できない葉っぱを取り除き、

小指大の枝だけ選び、ハサミで切ってから、

垂直に、慎重に、入れていく・・・・・

もちろん、1本ずつね・・・


「バカヤロー
そんなことやってられっカッ!(激怒怒!)

私は考えました。
粗大ごみに出すか。
誰かにあげるか。
オークションにでも出すか。
喜んで欲しがる人がいるかもしれない。
しかし、それでは良心が痛みます。
だって使ってみたら、間違いなく、誰だって、
こんなのいらないと思うもの!
庭作業に(ムダな)ひと手間も、ふた手間も、
かけてみたい人以外はね!

この製品を開発した人は、そういう希少で奇特な人だったのね。
そうじゃなきゃ罪だワ。
こんなモン売るっつーのは。

そして、本日、シュレッダーは、リサイクルショップ行きと
なりました。
買った方には悪いけど。
さよおなら~!

  1. 2007/12/09(日) 00:00:00|
  2. いいたいように言う

だからなにカズラなのよ!!?

これ、なんて名前だろ?と、かねがね思っていた植物が、
植木屋さんにありました。

鉢に名前がついていなかったので、
「これ!なんですか?」と、
お店の人に聞くと、
お店の人は、隣の鉢・○○カズラというのを指し、
「ああ、それは・・・これの仲間ですね。
ナントカカズラね」
と言いました。

「ああそう・・・カズラ系ね・・・」
と、わたしは仕方なしにつぶやいたのでした。
(なんだよカズラ系って。)
  1. 2007/07/09(月) 13:03:55|
  2. いいたいように言う

整理整頓1

前にも何度も書きましたが、
整理整頓が苦手です。

でも、ぐちゃぐちゃで平気なわけではなく、
いつもキチンとしている人になりたいという夢を持っているのです。

そして整理整頓が下手だからといって、
だらしないわけではない、

整理整頓ができないということは、
おつむの整理整頓ができないということで、
単に頭が悪いだけなのです。

(だらしないことと、
頭が悪いことと天秤にかけて、
どちらがマシかわからないが)

だから、これまで、結婚後9回の引っ越しでは、
荷物の片づけは、発狂しそうに大変でした。

私の片づけ方は、

①部屋中にモノを、どばっと広げる。

②端の方からていねいに、よく考えながら
整理を始める。

③とても大変で疲れる。

④ちょっと一休み、懐かしい本など出てきて、
読み始める。

⑤ついでにお茶をいれて飲む。

⑤ちょっとのつもりが、ものすごく時間がたっていて
ああ!もうたいへんだ、これじゃ永遠に終わらないと思う。

⑥うわあ、これだけの荷物、こんなに!もうっ、耐えられない!

⑦めちゃくちゃに詰め込んで、おわり。

妻が整理が下手なら、それを補うように夫が整理好きだったら
良かったけれど、夫も整理整頓など全くしません。
ただし、おつむの整理はできているので、
ぐちゃぐちゃなりに、どこに何があるか
きちんと把握しているところが、
「ないない・・アレがコレが」
と、いつも言っている私より、りこう。

「その点、お父さんは、片づけの天才だよね!
才能って、
やっぱり、ない人より、
ある人が、
適材適所で、発揮する、
それってすばらしいことだよね!
・・・あの本、本当に困っていて・・・・」

先日、両親が遊びにきたとき、
整理整頓が、趣味のように大好き!で、とても上手!な父に、
ずうっと、あとで、あとでと引きのばしてきた、
本の整理をお願いしました。

すると、私なら何日かかるかわからないところが、
あっというまに、美しく本が並んだのです。
そして、父は、片づけ方の極意を教えてくれたのです。
つづく
  1. 2007/06/11(月) 13:49:56|
  2. いいたいように言う

ぴーひゃら

今、テレビがなくて、新聞もまだとっていないので、
情報源は、AMラジオのNHKのみです。

ほかの局やFMは、
DJの方々が、常に元気ハツラツ!というのか、
ハイテンション!というのか、
うるさいというのか、
気分がすぐれないときもあろうに、
大変なお仕事だなあ、ごくろうさまなことです、

「だけど、もっと普通にしゃべってくれてもいいんだが・・・・」
と思い、NHKに変えると、
アナウンサーがフツーにしゃべっているのでほっとします。

うちにはリン子というけたたましい女が住んでいて・・・
(リンナイリン子)
いまどきのガスって、しゃべるのね。

チャンチャラチャラチャラチャラララララララ
チャラリラララララチャンチャラチャチャラララ
チャラララララララ・・・という
軽快な音楽とともに、
「お風呂がわきました!!!!」と、
やけに、はしゃいで言います。

そのたびに、
風呂が沸いたくらいで、そんなにはしゃがないでちょうだいな。

「うるせっ!だまってろ!」と
リン子を思わず叱ってしまうのだけれど・・・

私が20代位の頃は、世の中がそうだったのか、
若いせいか知らないけれど、
周りがやたらピーヒャラしていたような気がします。
「君、おとなしい・・・暗いねえ!
もっと盛り上がろうぜ~!いえー!」等言われると、

「私も、ヒマワリみたいに快活で、
ピーヒャラキャピキャピした人間に生まれつきたかった・・・」
と思い、かすかに落ち込んだものだが、
今となっては、そういうのは人にお任せしたいというか、
御免こうむりたい。
ヒマワリじゃなくて、モウセンゴケあたりがいい、
と思うのですから、年はとるものです。

でも、どんなに気分がすぐれなくても、
板前さんみたいな商売は
私レベルの、ひくいテンションじゃ困るね、
いつも威勢良くいてほしいね!
(と、勝手なことを言っている。)

  1. 2007/06/09(土) 00:00:00|
  2. いいたいように言う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。