いきたきのこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しろくろねこちゃん

治療室への行き帰りの道は、山道。

いろんな動物に出会います。

春先は、タヌキの家族が多かった。
あとは、イタチ系。

梅雨時は、カエル。

ガマガエルって奴は、
なぜだか、
道路の真ん中で、
物思いにふけっているんですよね。



そして、次、通るときは、

ぴょん吉みたいに、

のされて、

ぺったんこになっている。


あとは、ちょっと前は、カメが道路を横切るのを見ました。
どうやら産卵のときに、出歩くようです。


そして、最近、毎日見るのが、
しろくろ子猫。

心やさしい猫好きな人は、よく捨て猫を拾いますよね。

私は生まれてこのかた、子猫が捨てられているのを見つけたことがありませんね。

しかし、帰り道、
サンちゃん(お友達ワンコ)ちの近くで、
しろくろの子猫が道端でうろついてるのを、ここ5日位連続でみてますね。
ときどき、車でひきそうになっちゃうんですけど。


なにしろ、山の中なんで、あさる生ごみもないし、
人がエサくれるわけでもないし、
多分、虫とか、蛇とか食ってる野生子猫です。

動きはなかなか機敏だけど、
でもまだ小さいんですよねえ。

今は、りりり、りりり、とスズムシの声が
両サイドから聞こえ、味わい深いドライブではあります。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/30(火) 00:00:00|
  2. 虫 動物

夫に重大な危機迫る

勝浦に住んで5年位?
大体毎年恒例の季節を感じさせる出来事っていうのはわかってきました。

ブログに何度も書いていますけど、ネズミの襲来、
春にはスズメバチが玄関に巣をつくる、などなど。
(代々の女王蜂のDNAには、
我が家の玄関に巣をつくることが組み込まれている)

そして、梅雨時に巨大ムカデですね。

午前2時、トイレに起きると、いましたね、
トイレの前に。

私、ギャーと叫ぶが、夫は目を覚まさず。


ジョイスは臆病なので尻ごみ。


メリーちゃんだけが私を助けに、とんで来てくれましたね!

メリーちゃん、果敢に巨大ムカデに飛びかかりました。

でも私止めました。
かわいいメリーちゃんが、刺されたら大変!

そして、ムカデは、クローゼットの中へ。

もう2時だし、眠たいし、
私は、見て見ぬふりをしたのでした・・・・・・・・・

どこかへ消えてくれることを願って・・・・・・・・・・

そんな願いは、かなわないとは思いつつ・・・・・・・・


そうして数日後、夫が



うわおっ!!!




ムカデさん、
こともあろうに、

夫のパンツに潜んでたんですね!





よかった、私の服じゃなくて…



と安心する私ではありません。

勝浦生活5年の経験から、もうわかっていますから。

※巨大ムカデは、必ずペアで行動する!!

※1匹いたら、もう1匹いると思え!!




いま、お風呂に入ったら、いました。
あわてふためきながら、排水溝に流されていくムカデの奥さん。

かわいそうだった。

でも、これは真剣勝負なの。

ゆるして奥さん。
  1. 2011/06/29(水) 00:00:00|
  2. 虫 動物

烏合の衆ではない

つい昨日のことです。
「近々、天変地異が。多分、地震くるよ!」と、私、夫に行ったのでした。

そしたら、来た。

なぜ来るとわかったか。



それは、昨日、おとといと、カラスたちが大集会を開き、
おしゃべりしていたのです!!!

「地震くる、」「地震くる、」と。

それが、1か所ではないんです。
あちこちの山々で、カーカーカーカーとやかましい。
カラス達は、わかっていたんですね。

地震のことは、カラスに聞こう。
今日も、カラスたちは騒いでいたので、まだまだ注意が必要です。

  1. 2011/03/11(金) 00:00:00|
  2. 虫 動物

さるよ、さるよぉ!

かれらがくると、ウチの犬達、騒然!

大変なことになります。

どうしても、犬達が、庭に出たいと言い張るので、
出すと、
かぎまわる、かぎまわる、
いつもと違うにおいに。

ジョイス&メリー「きゃああ、なにこのニオイ、サルだわ!サルよぉ!サルよぉ!」

saru
ナナちゃんのおとうさんと、ナナちゃんと、
おさるのゴンタが、
回覧板を届けに来ていたので、匂いがしっかりと残っていたらしい。

koumiete
↑こうみえて、この犬、狩猟本能が、ものすごく強い。
サルに会ったら、興奮して、なにするかわからない。

meri-tyann
↑そして、メリーちゃんのほうは、
威勢が良くて、負けず嫌いに見えるけど、
実はやさしい愛玩犬なので安心なのです。

nanatyann
ナナちゃんのおとうさんは、ナナちゃんのこと、
「バーサン」って呼ぶのよね。
一生懸命、ニワトリ小屋守るお仕事してるのに、
ネー。
ナナちゃん、かわいいわね、サルとも仲良しらしい。
とてもきれいな歯よぅ!
  1. 2011/02/17(木) 00:00:00|
  2. 虫 動物

あたらしい、ダンナ

近所に飼われている、ガチョウのことを書いたことがありますが。

あれ、ほんっとうに、仲良しのつがいだったんですよねえ。



だけど、イタチに喰われちゃって。



旦那さんの方が。

それも、その現場を、近所の方が目撃していた。
それはおそろしい光景だったことでしょう。

かわいそだったな。


クワァ~(旦那さん)

ガッガッ(奥さん、合いの手)

あの、奥さんを守ろうとする、雄々しい姿は忘れないよ。




だけど、今は、別のガチョウがいる。

最初は、もといたガチョウと離していたけど、
今は一緒。

仲良くしてる。

よかったねえ・・・


だけど、その新しくきた、ガチョウ。

それ、


オスだと思って買ってきたら、

メスだったそうな。

oosiimesuinu
雄々しいメス犬達。
アタシタチも、カレがホシイナ。
  1. 2011/02/04(金) 00:00:00|
  2. 虫 動物

野生のアタシが目覚めるとき

今日、犬の散歩中、

出くわしました!



でっかいイノシシに。

犬達の毛も逆立ったが、
私の毛も、逆立った。

私にタテガミがあったら、絶対逆立ってたね。

とっさに、私が何をしたか。




わんわんわんわんっ!

メリーより、先に、オバサン、吠えたのでした。

しかし、ヘナチョコ犬でも、
犬達といると心強いですね。

人気のないすごい山道でも、手さぐり足探りの、街灯ひとつない夜道でも平気。
家の近くなら、ありとあらゆるワキ道を散歩しています。
いきなりかくれ里のような集落をみつけたりして、たのしいです。
  1. 2011/01/19(水) 00:00:00|
  2. 虫 動物

神秘の生き物

先日も2日続きで、鍼灸のセミナー、カウンセリングのセミナーに出かけ、
また今週も2日続きで・・・

片道3時間半かぁ・・・
・・・おっくうだ・・・あぁ、くたびれるなぁ・・・
と、思ってしまう最近。

と、いうのも、それはきっと講習中、
「そのことは、もうわかっている」
「それは前にも習った」
と、思ってしまうことが、あるからなのです。

そう思うと、多分、
ただでさえサボっているアタマが、もっとお休みしてしまうのです。

同じバイオリン弾くにも、
初心者が、「弾き方がわかる」、っていうのと、
一流奏者が、「弾き方がわかる」、っていうのは、全然違うように、
「わかる」にも段階があると思います。
というより、ものごとを深めれば深めるほど、
「そんなことはわかってる」とは言えなくなることでしょう。

わかってると思うのは、全然わかってないことなんだと
思いながら出かけてきたいと思います。

ところで、


ナメクジは瞬間移動する。
ということを、大昔、何かで読んだ気がします。
そのとき、さもありなん。
と、子供心に思ったものでした。

しかし、さらに神秘な生き物に私は出会ったのだった。

それがヒルなのであった。

アレは、羽もついてないのに、どのようにして、
人の体にとりつくのであろうか。

まったく瞬時にとりついたように思える。


ジャンプするのであろうか。


いや、やはり瞬間移動するのであろうか。


私のスネに吸いつく、その瞬間をいまだ見たことがない。



まあ、一生みたくはない。


糸のように細い、

それが、ナメクジ並みのナミダ型の生き物に変身する、
そのおどろおどろしさ。



ありゃあ、
本当にエタイが知れない。



今日も畑で、サンダルばきで、トウガラシを摘んでいて、ヤツに出会い、
私が思わず
ギャァーッ!!
っと絶叫すると、

メリーちゃんも、
ギャンギャンギャン!
(オバサン、ダイジョブ?ダイジョブ!??)と、心配して吠えました。

きょうも、とってもやさしいメリーちゃんなのでした。
  1. 2010/10/01(金) 00:00:00|
  2. 虫 動物

痩身療法

すぐ近所のお宅の庭に仕掛けられたワナに、

先週は、アナグマと、イノシシ。

今週は、シカと、アライグマが捕れました。

よく捕れる。

丸々と太っていたそうです。

シカがよく鳴くようになり、シカの声をきくと、
秋だなあ、と思います。

ふと気づくと、私の足、
左足だけ、ほっそりしているではありませんか。

ヒルのしわざでした。
足がほっそり、っていうか、向こうずねの筋溝がベッコリとへっこむくらい、
心ゆくまで吸ってくれたのです。

勝浦はタンタンメンが名物のようですが、
正直タンタンメンをさほど食べたくはない。
私は、シカ料理を名物にしてもらいたい。
シカはおいしくないと聞きましたが、料理法を工夫すればおいしいと思う。
それくらい天敵のいないシカは増えている。
シカかわいいけど、野山はどうなってしまうのでしょうか。

ヒルは、シカのヒヅメに住んでいるのです。
それで、ヒルに食われた左足は、歩くとなんだか軽い。
ほんとに。
「ヒル療法」と検索したらいろいろ出てきました。

「ヒルの分泌する抗凝固剤は凝血を阻止し、
炎症を起こした体の部位への血の流れを回復させることができます。」

確かにそうだと思います。

それと、ほどほどに出血すること、これはひとつの強力なデトックス効果といえるのです。
現代人は、安全に守られ過ぎ、内側にたまった汚れた血を
出す機会があまりありません。
ちょこっとした擦り傷切り傷なら、考えようにによってはいいことですよ。
ちなみに月経や出産もデトックスと言えばデトックスと言えるんじゃないでしょうか。
うまく「出す」ことですね。
鍼も役に立ちます。

ヒルも、くっつくなら昔打撲して時々うずく、右膝にくっついてみてもらいたかったです。

・・・とは思えず、
あとがかゆいし、
その効果よりも、やっぱりキモチワルサが勝りますね・・・

ところで、植えてもいない冬瓜、こちらも採れ放題なのです。

毎日毎日、食べていたら、本当に、むくみがとれてきました。

朝起きると、たいてい手や顔がむくんでいたのですが、すっきりです。
食療本草という食物の薬効を書いた古典に、
「やせて体を軽くしたい人は長期間冬瓜を食べ続けなさい。
もし太る必要がある場合は食べてはいけません。」とあります。
糖尿病ののどの乾きにも良いようです。

冬瓜はカレーに入れたり、みそ汁に入れたり、何に合わせてもジャマしない野菜。
そして意外ににたくさん食べられます。

以前、黒豆を毎日食べていたら、このようにむくみが取れたことを
書いたことがありましたが、
冬瓜は、黒豆や小豆とともに、水分の停滞しやすい方、水太りの方に、
本当にいいものだなあと思った次第です。
(ただ、体を冷やす作用があります。)
  1. 2010/09/30(木) 00:00:00|
  2. 虫 動物

いいわけ

夫がチャドクガにさされて、大変な目にあいました。
あれは、かいたりこすったりしては、毛が拡がってしまうので、
粘着テープのようなもので取る。
服は高温で選択するか、スチームアイロンをかけないと、毛が残っており、
またそれを着るとかゆくなる。
ガや幼虫がいなくても、それが、いた葉には、毛が残っているので注意。

らしいです。
しかし、チャドクガにそっくりなウジャラウジャラしたので、
毒のない毛虫もいて、シロウトには、どれが毒で毒でないのかわからない。
もしかしたら、希少なチョウかもしれない。

庭の、カサブランカにも、毛虫がついているのですが、
それは、とてもオドロオドロしい、悪趣味なヤツです。

ヒョウ柄!(オレンジと黒)&ゼブラ柄!(白黒)というクドイ模様で、
毛が!、
それも樹木のように枝分かれした毛!が、ついている。

しかも、巨大。

カサブランカの葉を喰い荒らしたオドロオドロしい毛虫、
でも駆除するまえに、
ネットで調べてみたら・・・

ルリタテハでした。
なんかこう、楚々とした、チョウチョではありませんか。

今日見たら、昨日は5.6匹いたのに、1匹だけ。
さなぎが1つ。
残したフンがいっぱい。
あとのは、鳥にでも食べられたのだろうか。
この子らは、このまま観察することにしました。

去年は、ジャコウアゲハというのがたくさん庭をひらひらしていましたが、
今年はいない。

このジャコウアゲハというのは、ウマノスズクサという雑草でしか
育たないそうで。
ウチの庭のウマノスズクサは、たしか引っこ抜いたと思う。

だから、庭をきれいにしすぎるのも、考えものなのだわ。

ということで雑然とした庭となっております。
  1. 2010/09/23(木) 00:00:00|
  2. 虫 動物

スズメバチはバカ

鉢植えで育てていた、グミが、ひしめきあうほどに実をつけて、
「そろそろ食べごろだわ」(渋いけど大好物なのです。)

「でも、ちょっと待て」

「あと1日たったら最高潮に熟すだろう」

と、思って・・・・


次の日・・・・・


グミの実、1個もなくなっていた!!!!!

ツグミの奴も、私と同じことを考えていたらしい・・・



そして、スズメバチは、いつもの場所(玄関の真上!)に、
巣を作り始めました。
スズメバチの女王様の寿命は、ネットで見ると1年らしい。
すると、毎年、同じ場所に巣づくりするのは、
女王様のDNAに
ここんちの玄関は巣づくりに最適!、
ということが組み込まれているのでしょうか。

ここ3年間、
キンチョールや、ハチアブダブルジェットを吹きかけられているのですから、
いいかげん、ここの玄関は危険だと、覚えてもいいのではないでしょうか。

こちらは、3年ともなると、スズメバチが単独でいてもこわくもなんともない。
単独でいるとかわいいもんだ。
特に、女王様が、眠っている姿。
これはとってもかわいいんですよ!
  1. 2010/06/16(水) 00:00:00|
  2. 虫 動物

夫唱婦随古典的ご夫妻

近所に飼われているガチョウがいます。

とても仲睦まじいつがいで、散歩で通ると、

オス:「グワァ~」 (雄々しく)

メス:「くえっくえっ」(ひかえめに)
 


オス:「グワァ~」 (雄々しく)

メス:「くえっくえっ」(ひかえめに)
 


オス:「グワァ~」 (雄々しく)

メス:「くえっくえっ」(ひかえめに)
 


と、警戒し、
オスの雄たけびに、
タイミングよく合いの手をいれるように、メスが鳴くのでした。


犬が近づくと、オスが勇敢に、頭をもたげ羽をひろげて向かってきたものでした。



ところが、なんということか!



患者さんが、目撃してしまったそうです。

いま、まさにハクビシンが、そのガチョウに、襲いかかる姿を。

がーん・・・

残った一羽が小屋の奥のほうにいるようですが
どちらなのか。

すごく仲良し夫婦だったのに・・・
  1. 2010/05/08(土) 00:00:00|
  2. 虫 動物

ドッコイショウグイス

しかし、我が家の庭で鳴いているウグイスの声を
よくよく聞いてみると、その、イントネーションは、
「ホケキョ」、の「ケ」の音がちょっとだけ高めで、
ああ、これは、去年、「アードッコイショウ」と、鳴いていたウグイスなんだわ、
鳴き方が上手になっただけなんだわ、とわかったのでした。
窓にぶつかってきたウグイスは、ドッコイショウグイスなんだろうか。

夜、チロリン村キャンプ場のあたりには、
野ウサギ、シカ、イタチ、タヌキが、かわるがわる現れるので、
治療においでになる方は、夜間の走行は、お気をつけください。

もうしばらくすると、道路はカエルだらけになり、
踏まずに運転するのは不可能になります…

kisasaage
イヤリングみたいなキブシの花

umitoinu
海とイヌ




  1. 2010/04/10(土) 00:00:00|
  2. 虫 動物

うぐいす子ちゃん

そういえば、今年は「あードッコイショウ」と鳴く、ウグイスがウチに来ません。
去年の秋ごろまで、鳴いていたはず。どうしたんでしょう。

ウグイスの鳴き方にもいろいろあって、
近くの橋のたもとをナワバリにしているウグイスは、
「ほ~ホキョキョキョ」と鳴きます。
この子は、去年もおととしも、ここにいるのです。

けさは、風にあおられて飛んできたウグイスが、ウチの窓にぶつかってきて、
気絶しました。

猟犬じょい子は、フリーズ。
めり子は興奮してギャンギャン。

uguisuko
目覚めてぼぉ~っとしてる、ウグイス子。

jyoisumitumeru
凝視するジョイ子。
(この後、そばでギャンギャン吠えるメリーを、
「オメー、ウルセ、ウルセンダヨ。ウザイ!」と言い?絞めた?らしい)

uguisuko2
なにをねぼけたんだか、網戸と窓ガラスの間に入ってしまった、ウグイス子。

よかった、怪我はなかったらしい。その後知らないうちに、ウグイスはいなくなってました。

春のオサンポ道。
harunoposannpo
お隣のキャンプ場は、桜がすばらしくきれいで、泊まるのには今が最高です。

治療室の窓の外は、今、野生のスミレがいーぱい、花盛りを迎えています。

サトイモ植えるかぁ…面倒だな…
ここにきて3年目で、自分は農業には向いていないことがわかりました。
harunoogawa
春の小川と、タンポポと、草食べるめり子。





  1. 2010/04/08(木) 00:00:00|
  2. 虫 動物

もとはといえばニンゲンがわるい

昨日、夫が散歩に行ったら、ワナにシカがかかって暴れていたと…
ワイヤーが締まるワナです。
今日もいたそうです。
昨夜の雨の中、どうしてたんだろうか。

そこは、うちから数百メートルも離れていないところなんです。
とても景色も良く素敵なところ。
以前は、このワナに首をひっかけて、犬が死んでいたこともあった。
このワナおそろしいです。
テッポーで、一発でズドンのほうがいい。
猟師さんはやく連れて行ってください。おねがいです…

ところで、近所の方が、ナナちゃんくらいのハクビシンを見たと言ってました。
ウッソーナナちゃんって…
鶏小屋を守ってる犬のナナちゃんは、
ジョイスくらいの大きさですよ!
ハクビシンって、肉も食べるのでしょうか?
亡きご長寿犬コロちゃんは、ハクビシンに足を噛まれたそうです。

おそろしい、
ハクビシンが肉食だとしたら、
メリーなんてぺロ~りだわ。
以前、アタマだけ残してシカを食べきったケモノは、巨大ハクビシン…あなたなの!?

近くにワラビがたくさん採れるところがあるらしいけど、
ダニ・ヒル・マムシ・ワナ・テッポーがこわくて山には入れない。
自然がい~っぱいなのに、山を散策することができないとは残念なことです。
  1. 2010/03/05(金) 00:00:00|
  2. 虫 動物

そんなこと知りたかぁない。

さて、ドラッグストアやホームセンターに行くと、
さまざまな殺鼠剤があるので、お悩みではないですか?

「アラ、これと、これと、アレ、どうちがうのかしら?みんな同じようなものかしらん?」

悩んでいませんか。そうですか。

ペットを買っているお宅には、「ネズレスブロック」が、私はいいとおもいますの。

これはカレールーのようなブロック状になっていて、真ん中に穴があいています。
もちろん、うちに犬がいるので、室内にまく気はもともとありませんでしたが、
薬のかけらでも家の周りに落ちていて、「拾い食い」が趣味のウチの犬がなめたら困る。
その点、これは穴ヒモを通すなど固定して置いておけるので、
去年は、床の下に入れ、どのくらい齧ったか、毎日観察していました。
(そう、いっぺんでコロリではないのです)

いっぺんでコロリのものもあります。
数十年の研究の結果!というやつで、殺鼠剤界では、革新的なもののようです。
でも、高かった。
ネズミに投資を惜しまない方にはおすすめでしょう。
私は惜しみました。

さて、通常の薬の主成分はなにか。
ワーファリンというやつです。
これは高血圧や心臓病のお薬ではありませんか。

私は、ネズミの出入り口の穴を見つけた後、その穴に薬を大量投入し、
板でふさいだのでした。

その深夜がすごかった。
がりがりがりがりがりがりがりがりがり
がりがりがりがりがりがりがり


ネズミ怒った。


やけっぱち。


絶えざる執念。


すごい勢いで、板を齧っているではありませんか!
ネズミ薬で血行がよくなったか。

もちろん、翌日には、板をもう1枚打ちつけました。

そして・・・・


我が家には再び安眠できる日々が訪れたのでした。


ネズミの執念に、ワレラは勝利した。



ネズミちゃんたちは、もっといいおうちをみつけて、
ひっこしをしたの。



そう、信じたい。


完。



↑と、おもいたい。



  1. 2010/02/04(木) 00:00:00|
  2. 虫 動物

いろいろとあった

ネズミとは、
いろいろあった。

それはもう、いろいろあった。

ここでは書き尽せぬほど…

去年ネズミは、ガスコンロの電気コードを食いちぎり、
修理代に1万円かかった。

超音波を出す機械は2台買い、
ぜんぜん効果がなかった。
(↑もう捨てた)

今年は、ネズミとりを、2つ買い、
プロ用、粘着シートを25枚!購入。
(↑使わずじまい)

本当は、ネズミとりにかかってくれることを望んでいた。

子供のころ、捕れたネズミをバケツにつけて殺すところを
見て、とてもショックを受けたことがある。
あんなことは、私にはとてもできないと思っていたが、
「そうか、どこか、山奥まで持っていってリリースすればいいのよ!」
と、思ったら、気が楽になったのであった。

しかし、あんな、いかにも、さあ、つかまえてあげますよ~♪どうぞどうぞ!
と、わかりやすい、カゴにかかるネズミは、よっぽどバカな子であり、
うちのネズミはバカではなかった。

そこで登場するのは殺鼠剤だが、
殺鼠剤というと食べたらコロリ!というイメージあるでしょう?


そうじゃないんですね。


死なないの。


クスリに強いネズミになる。


そうやって無敵のネズミになっていく。


無敵のネズミ、万歳!


書いたら、ばかばかしくなってきたので、きょうはここまでにしまーす。
nezumihusinn
これは、フンをしているのではなく、
壁からの不審な物音に、全神経を集中しているジョイス。
  1. 2010/02/03(水) 00:00:00|
  2. 虫 動物

トムじゃなかったのつづき

あたしら、
親友~♪


atasira


モーとにかく、ジョイスも私も、旅行から帰ってきてから、ほとんど寝た気がしてない。
パきっとか、カサ、という音で目が覚めてしまう。
メリーはよくねてるけど。
そんな憔悴したおばさんが、イワシ揚げてた、
そのときだった。
ちゅーちゅーちゅーちゅ~~~っ
どどどどどどどどど

と、いう、それはそれは騒々しい、かわいい声!

犬たちも騒然。

ちゅうちゅちゅちゅう~ちゅーちゅー!!!
どどどどどどどどどどど
からんからん


ギャーーー
トムじゃなかったんですよ、出没していたのは。
多分トムの奥様。
そして、恐れていたことが・・・

お子様たちが、生まれていたんだよぅ。

からんからん、というのは何の音だかわからない、
なにが起きてたんだか、わからない、ケド壁の中で、
一大事が起きていたらしい。

nenntyaku
ジョイスは、粘着気質っていうのか、音のする壁から離れない。

でも、その声をたどって、やっとやっと、
手さぐりでしかみつからない、出入り口の穴を見つけた!

応急処置で、ガムテープでふさいだ!
gamute-pu
ア、絵がさかさま、でもそれどこじゃなかった。

揚げ物、中断。

煮物は、こげた。

次の朝、
ガムテープは、
食い破られていた・・・
  1. 2010/01/13(水) 20:00:00|
  2. 虫 動物

トムじゃなかったんだよ

kyanndexi
おばさんのハモニカにあわせて「キャンディキャンディ」をうたっているところ。

夕食の支度をしていました。

あした、オリブ(スーパー)が、休みらしくて、
魚が半額だったのよ。
新鮮な背黒イワシを、大量に買い(なにしろ、100尾近く入ってたのでは?)、
犬たちには煮て、
あとはマリネにしようと、せっせと揚げていました。
せっせせっせ、せっせせっせ、

そのときであった!

だめだぁ~、もうくたびれた、モーだめだ…つづきはまたこんど。
  1. 2010/01/12(火) 00:00:00|
  2. 虫 動物

トムの奴

夜も更けようというのに、
「犬のおまわりさん」を、ハーモニカで吹く、
おばさんの姿があった……

犬のメリーちゃんは、おりこうになりすぎて、
あまり吠えない犬になり下がっており、役にたたない。

犬たち鳴いてくれ、
それがお前たちの仕事なのだ。

鳴かないんで、おばさんハーモニカを取りだしたのだった。
犬たち歌う。
ガオォォーーーーン、ガオォォーーーーン、
おお、ジョイス、迫力があっていいぞ。
ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん
いいぞいいぞ、メリーも遠吠えはできないけど、勢いがあってよろしい。

この家には、猛獣がいるんだ。
すごい猛獣たちがいるんだぞ。

それを、ネズ公トムに知らしめるために、おばさんは、ハーモニカを取りだしたのであった。

そうしたら、昨夜は、出なかった。

夫は、こういうときこそ「シータなんたら」で追っ払ったら?というけど、
もうおばさんの憤りおさまらない。
カワイイ、カワイソウ言ってらんない。おばさん容赦しない。
nezumitori
(ゴキブリホイホイみたいな粘着式のも、チーズを入れて仕掛けたけど、
当然と言えば当然、最初にかかったのはメリーだった…)

husiana
コレ怪しい、とガムテープでふさいだ節穴。
これをふさぐだけで、一件落着してほしいよ・・・
  1. 2010/01/09(土) 00:00:00|
  2. 虫 動物

野生王国

冬期休暇から帰ると、我が家に、なにかしら、異変が起きているのを感じた。


あるはずのものが、なく、



あってはならないものが、ある。



そんな、状況。

ナイナイ、ナイ!
畑のブロッコリーの葉も、芽キャベツの葉も、カブの葉も。
nai
そして、そろそろ収穫しようと楽しみにしていた・・・・
たわわに実った、こうじミカンも、
キレーサッパリなくなってる!
あるのは投げ捨てられた、皮だけ。

そして、決してあってはならぬもの、


おびただしいネズミのおみやげが、室内には残されており、
それの掃除で、新年は、始まったのであった。

ネズミシカサル天国より、謹賀新年。

tomodati
メリー、ふゆやすみに、おともだちデキタノー!
チョーなかよしなノー!
メリーシアワセ~。
  1. 2010/01/06(水) 00:00:00|
  2. 虫 動物
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。